今日の迷言・余言・禁言

「ZOZO」は“世界”へ飛翔できるか

ファッション通販のショッピングサイトとして絶大な人気を誇る「ZOZOTOWN」を運営している株式会社スタートトゥディが6月26日の株主総会で社名変更を決議する。社名も「ZOZO」に変更・統一するという。この変更は、明らかに“世界に打って出る”ための布石である。そして、この社名変更は間違いなく成功するだろう。世界に打って出るためには、単純で判りやすく憶えやすい方が成功しやすい。そういう意味で「ZOZO」は大変にわかりやすく憶えやすい。文字象形の見た目としても“印象的”である。世界は広いので、あらゆる国や言語の人達にも馴染んでもらうためには一度見ただけで記憶に残る名称が良い。サイト名としても、実店舗としても、社名としても「ZOZO」は判りやすい。企業名というのは「看板」である。看板は、判りやすく目立ちやすい方が良い。「ユニクロ」も「ニトリ」も、単純だが判りやすく目立ちやすい。「ユニクロ」等はファッションブランド名としては、お世辞にも“センスが良い”とは言えないが、判りやすさ、憶えやすさという点で言えば、間違いなく優秀な名称なのだ。この場合の「世界」とは欧米だけを指すのではない。未来を見据えた場合、人口の面から言っても、アジアやアフリカまで含めて考えていかなければならない。ソフトバンクの孫氏は“300年後を見据えた企業”といったが、そこまで行かなくても“100年後”を見据えたうえでの企業名とか、ビル名とか、店舗名とか、サイト名が、理想かも知れない。ただ奇妙なことには、実際に何百年も続いている企業などを調べると、そんなに長続きするような意識で命名したのではなく、実に“安易な名称”でスタートしている場合が多い。ただ、そのような場合でも“わかりやすく”“おぼえやすく”“イメージが鮮明”という点では、偶然なのだろうが共通している。


最近の記事はこちら

「ジュリー」は、もういない

世の中には“美形”に生まれて来る人もいれば、そうでない人もいる。先ごろ亡くなった樹木希林さんは“美形”ではなかったことが、後年になって“重宝”された。CMでも「美しい方はより美しく、そうでない方はそれ…続きを読む

イスラム教は、やっぱり怖い!

イギリスの中東専門ニュースサイト「ミドル・イースト・アイ」は16日、サウジ人記者カショギ氏がサウジ総領事館内で生きたままテーブルの上で身体を切断され7分で死亡した、と伝えている。切断したのは“暗殺集団…続きを読む

インドが「CoCo」で埋め尽くされる日

今から30年以上前、私はビルの中にあった“占いハウス”に出勤する形の占い師だった。或る日、30代半ばくらいのちょっとハーフっぽい男性がやって来た。彼は口数の少ない日本人だったが、ドイツで寿司職人をして…続きを読む

「インド占星術師」に転身の上祐史浩氏⁉

ちょっと驚かされるニュースが入ってきた。元オウム真理教徒で現在「ひかりの輪」を主宰している上祐史浩氏が“インド占星術師”に転身するというのだ。今回のセミナーで初めてそれを公言したらしい。元々上祐氏は古…続きを読む

「情報」や「比較」が倒産・廃業を増やす

あまり大きなニュースにはなっていないが、企業倒産の件数・負債総額とも過去最多ペースで増え続けている。おそらく今のままで進めば、今年の企業倒産は年間400件550億円に達するものと予想されている。この倒…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.