今日の迷言・余言・禁言

『五体不満足』乙武氏の「仮面」

週刊新潮の取材に、自民党から参院選に出馬予定とされていた『五体不満足』の乙武氏が不倫を認めたという。それも何年間にもわたって、5人の女性と…ということらしい。彼の「五体」は“不満足ではなかった”ということだ。最近「人は見かけによらない」というようなスキャンダル報道が多い。乙武氏の「不倫」そのものは私生活上のことなので、どうこう言うつもりはないが、ここにきて実は自民党からではなく、昔からの友人・松田氏の政党「日本を元気にする会」から出馬する“誓約書”が存在していた、ということが明るみになっている。つまり、奥様だけでなく友人をも裏切った、ということである。元々この人は自らの障害を“売り”にしているような部分があって、私はあまり好感を持っていなかった。スポーツライターは身体的に無理があるし、小学校教師も介助を必要とする。なぜ「無理な仕事を択ぼうとするのか」それが解らなかった。やや感情に走りやすいところもあり、入店に難色を示したレストランを激しく批難したりしている。努力家なのは認めるし、頭脳も優れているが、人間としての“根本的な優しさや思いやり”には欠けている人のような気がしていた。さわやかに見えた「仮面」は“裏切り”によってあっけなく剥がれた。


最近の記事はこちら

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.