今日の迷言・余言・禁言

『五体不満足』乙武氏の「仮面」

週刊新潮の取材に、自民党から参院選に出馬予定とされていた『五体不満足』の乙武氏が不倫を認めたという。それも何年間にもわたって、5人の女性と…ということらしい。彼の「五体」は“不満足ではなかった”ということだ。最近「人は見かけによらない」というようなスキャンダル報道が多い。乙武氏の「不倫」そのものは私生活上のことなので、どうこう言うつもりはないが、ここにきて実は自民党からではなく、昔からの友人・松田氏の政党「日本を元気にする会」から出馬する“誓約書”が存在していた、ということが明るみになっている。つまり、奥様だけでなく友人をも裏切った、ということである。元々この人は自らの障害を“売り”にしているような部分があって、私はあまり好感を持っていなかった。スポーツライターは身体的に無理があるし、小学校教師も介助を必要とする。なぜ「無理な仕事を択ぼうとするのか」それが解らなかった。やや感情に走りやすいところもあり、入店に難色を示したレストランを激しく批難したりしている。努力家なのは認めるし、頭脳も優れているが、人間としての“根本的な優しさや思いやり”には欠けている人のような気がしていた。さわやかに見えた「仮面」は“裏切り”によってあっけなく剥がれた。


最近の記事はこちら

入場料“1500円の書店”は成功するか

東京・六本木の青山ブックセンターの跡地に、昨日、新たな書店「文喫(ぶんきつ)」がオープンした。書店としては中型規模の売り場面積だが、入場する時に“入場料1500円”を支払わなければならない。新たなビジ…続きを読む

「千尋」から「弌大」への改名は最悪⁉

私はこれまでにも何度か「読めない文字を使った命名はすべきでない」と記してきた。今回は正にその典型である。昨日、プロ野球の日ハムに新規加入した元オリックス・金子千尋(かねこちひろ)選手の入団発表があった…続きを読む

両肢の間に「跪かせる治療法」は危ない⁉

世の中には「どう見たって…妖しい」と思うような治療法が山ほど存在する。けれども、それで実際に効果があるのであれば、誰も口をはさめない。ブラジルでは時折、その手の治療法が流行する。私がまだ20代の頃だっ…続きを読む

「転落死」しなかったことが奇跡⁉

欧米人の中には時々とんでもないことを思いつき、そして実行してしまう“危ない冒険野郎”がいる。12月5日に「動画サイト」に投稿され、現在は削除された「ピラミッド頂上で全裸になってSEX」動画がある。映像…続きを読む

ミャンマーの「赤い靴」

「赤い靴」という童謡を知っているだろうか。「♪赤い靴はいてた女の子…異人さんに連れられ行っちゃった」で始まる“もの哀しい曲”だ。私は幼い頃、この歌をなぜか“とても美しい歌”のように思っていた。それは多…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.