今日の迷言・余言・禁言

いっせいに飛びつき、いっせいに引く

いつだってそうなのだ。日本のマスコミ報道というのは“横並び”でしか動かない。10月1日、日本のマスコミはノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑氏をいっせいに報道した。もちろん、ノーベル賞の受賞なのだから、いっせいに報道するのは当たり前である。ただ加熱したマスコミは本人がそのようには言っていないのに、彼の発見はがん患者に対する“究極の治療法”の新薬として結実したかのように報道した。特にワイドショーなどでは、その新薬「オプジーボ」が“がん患者の命を救う”かのような形で紹介されたりもした。もちろん、全国のがん患者がこれらの報道に反応したのは言うまでもない。それを用いれば、自分のがんも治るのではないか、そう単純に考えたとしても無理はないのだ。ところが、この“免疫療法”はそれほど単純なものではなかった。患者たちからの反響の大きさに戸惑ったのは医療関係者たちだ。誰にでも投与できる薬ではない。どのがんにも効く薬でもない。副作用も懸念される薬だった。つまり“がんの万能薬”などではない。マスコミ全般に対して種々な方面から“誤解を生じやすい報道”もあることが指摘された。それまで“夢のがん治療薬”のように報道してきたマスコミはいっせいに押し黙った。もちろん、免疫細胞にブレーキをかける「PD-1」の発見と、そのブレーキを外す研究はノーベル賞に値するものである。けれども、マスコミはもう本庶氏報道には過熱しないような気がする。実際、それ以降のノーベル賞に関しては簡素に紹介するだけだ。私は9月22日に《15人のうち7人のがん細胞が消えた》というタイトルで、本庶氏とは異なる「光免疫療法」というものがあることを述べた。詳しくはそちらの内容を見て欲しいが、副作用というものがなく、短時間で済み、高額な医療費ともならない。おそらく、こちらの方が“夢のがん治療法”なのだ。しかも、この方法のもっとも良い点は本人の免疫力が戻るので、再発しにくいことである。がんで亡くなる人が相次いでいる昨今、一日も早く正式認可され実用段階に辿り着くことが望まれる。


最近の記事はこちら

「死刑囚」が“自ら告白”の殺人事件は「無罪」

ややこしい事件というのがある。昨日「無罪判決」が下されたのは“二件の殺人事件”に対してである。それも、自らが手紙の中で“告白”してきた殺人なのだ。つまり自分が20年以上前に殺していたと“懺悔的に告白”…続きを読む

「福袋」じゃない「福袋」が売られている

時の流れは、嫌でも物事を“変遷”させていく。正月特有の風物も徐々に姿を変えていく。ビッグカメラは、早くも「2019年福袋」を売り出し始めた。正月より20日も前から「福袋」を売り出すということ自体にも、…続きを読む

入場料“1500円の書店”は成功するか

東京・六本木の青山ブックセンターの跡地に、昨日、新たな書店「文喫(ぶんきつ)」がオープンした。書店としては中型規模の売り場面積だが、入場する時に“入場料1500円”を支払わなければならない。新たなビジ…続きを読む

「千尋」から「弌大」への改名は最悪⁉

私はこれまでにも何度か「読めない文字を使った命名はすべきでない」と記してきた。今回は正にその典型である。昨日、プロ野球の日ハムに新規加入した元オリックス・金子千尋(かねこちひろ)選手の入団発表があった…続きを読む

両肢の間に「跪かせる治療法」は危ない⁉

世の中には「どう見たって…妖しい」と思うような治療法が山ほど存在する。けれども、それで実際に効果があるのであれば、誰も口をはさめない。ブラジルでは時折、その手の治療法が流行する。私がまだ20代の頃だっ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.