今日の迷言・余言・禁言

“いのち”を注がれた音楽

時代が進んでも人々が求める「心の安らぎとしての音楽」は共通している。そのことを痛感させるニュースが二つあった。その一つはイギリスからのもので、今や“レコード売り上げ”の方が、デジタルの“ダウンロード売り上げ”よりも上回っているのだそうだ。一時期、姿を消したかに見えた“レコード”だが、十年ほど前から再び世界的に需要が増えていて日本でも“懐かしいレコード”を買い求める人たちが多くなっている。マニアックな人たちによると、レコードがもっとも音質が良いらしい。そのせいなのかCDの売り上げの方は年々下降している。そういう中で、今年のアメリカのCD売り上げでは何んとクラッシックの『モーツアルト225』というボックスセットが合計125万枚でトップとなった。現代のアーティストは、誰一人敵わなかったのだ。このアメリカとイギリスの“二つのニュース”は、われわれが本当に求めている「音楽」とは何なのかを世界に問いかけている。少なくとも、心の安らぎとして求められる音楽は、心地よい音源を持った“古典的な楽曲”であるということだ。決してスピーディーな音楽でも、IT的な楽器でもない。あっという間に“生れて去っていく”音楽ではなく、“重厚な命”を注ぎ込まれた音楽が奏でる、どこか懐かしい音色を持った“癒される曲”なのだ。しかも、それは“世界中の人々が”求めている。或る意味で音楽の世界には“古典回帰”ともいうべき波が押し寄せてきているのかもしれない。私は十代半ばの一時期“ひきこもり”となったが、その時に毎日聴いていたのは“クラッシックの名曲”と“映画音楽”だった。今でも、あの時に好きになったラフマニノフ“ピアノ協奏曲”や“いそしぎ”が大好きだが、日頃あまり音楽など聴かない人であっても、心の隙間に心地よく流れ込んでくる曲というのはある。創られた音楽ではなく、いのちを注がれた音楽だ。


最近の記事はこちら

神の館で「心の衣裳」は剥ぎ取られていく

近代に入って世界的にじわじわと勢力を拡大しつつあるのが「イスラム教」という宗教である。一日5回の厳格な礼拝義務を課すこの宗教が、ITが普及した現代でも受け入れられているのは奇妙な気もするが、一つだけ“…続きを読む

「くじ」で決まった“落選”が覆される⁉

人には“運不運”というものが有る。その象徴ともいえるものが「くじ運」だ。もし「くじ」で“その職業”を失ったとしたら、あなたは黙っているだろうか。松浦千鶴子氏は黙っていなかった。昨日、選挙管理委員会に対…続きを読む

「悪い予感」が的中した話

書こうか書くまいか、私には珍しく迷った。けれども、もう20年も前のことなので“懺悔”的な意味も含めて書くことにした。先日、パリのノートルダム寺院が焼けたが、あの映像を見ていて、私には何故か20年前の“…続きを読む

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

ジェドカラー「貴族の墓」は“大発見”の予兆か⁉

4月13日エジプトのサッカラで、今から4400年前のものとみられる「貴族の墓」が報道陣に公開された。古代エジプト王朝で言えば第5王朝の時代のもので、ギザの大ピラミッドで有名な「クフ王のピラミッド」から…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.