今日の迷言・余言・禁言

“いのち”を注がれた音楽

時代が進んでも人々が求める「心の安らぎとしての音楽」は共通している。そのことを痛感させるニュースが二つあった。その一つはイギリスからのもので、今や“レコード売り上げ”の方が、デジタルの“ダウンロード売り上げ”よりも上回っているのだそうだ。一時期、姿を消したかに見えた“レコード”だが、十年ほど前から再び世界的に需要が増えていて日本でも“懐かしいレコード”を買い求める人たちが多くなっている。マニアックな人たちによると、レコードがもっとも音質が良いらしい。そのせいなのかCDの売り上げの方は年々下降している。そういう中で、今年のアメリカのCD売り上げでは何んとクラッシックの『モーツアルト225』というボックスセットが合計125万枚でトップとなった。現代のアーティストは、誰一人敵わなかったのだ。このアメリカとイギリスの“二つのニュース”は、われわれが本当に求めている「音楽」とは何なのかを世界に問いかけている。少なくとも、心の安らぎとして求められる音楽は、心地よい音源を持った“古典的な楽曲”であるということだ。決してスピーディーな音楽でも、IT的な楽器でもない。あっという間に“生れて去っていく”音楽ではなく、“重厚な命”を注ぎ込まれた音楽が奏でる、どこか懐かしい音色を持った“癒される曲”なのだ。しかも、それは“世界中の人々が”求めている。或る意味で音楽の世界には“古典回帰”ともいうべき波が押し寄せてきているのかもしれない。私は十代半ばの一時期“ひきこもり”となったが、その時に毎日聴いていたのは“クラッシックの名曲”と“映画音楽”だった。今でも、あの時に好きになったラフマニノフ“ピアノ協奏曲”や“いそしぎ”が大好きだが、日頃あまり音楽など聴かない人であっても、心の隙間に心地よく流れ込んでくる曲というのはある。創られた音楽ではなく、いのちを注がれた音楽だ。


最近の記事はこちら

“占い界”における藤井聡太はどこに?

最近、プロスポーツの世界では次代を担う“若き天才”たちが続々と誕生している。ここで取り上げる将棋世界の藤井聡太君など、その典型だ。まだ14歳の中学生だが、既に昨年10月からプロ棋士四段に昇格した。そし…続きを読む

「EU」が揺れている

11人が立候補したフランスの大統領選で、予想されていた通り過半数を得たものがなく、改めて5月7日に「国民戦線」のルペン氏と、「前進!」のマクロン氏との間で“決選投票”が行われることが決まった。ルペン氏…続きを読む

北朝鮮にも“隠れキリシタン”がいた!

“隠れキリシタン”と言えば、江戸時代の長崎を思い浮かべる。現在でも、その子孫の方々が存在していて“隠れキリシタンの信仰”が維持されている。もう、日本では堂々と“キリスト教徒”を名乗って良いのに、子孫の…続きを読む

“究極の美”は、“マゾ体質”の証明

確かに、その人は美しい。とても50歳には見えない。「美のカリスマ」と呼ばれる。本人も「肌の美しい人を見ると、つい傍に行って話しかけてしまう」とおっしゃる。確かに“美”へのこだわりが強いようだ。君島十和…続きを読む

寄付によって財産を使い果たす

日本電産の創業者・永守重信氏は最近、あちこちの教育機関に寄付金を与えている。寄付金と言っても一千万とか二千万とかのけちな金額ではない。70億とか100億とかいうとてつもない金額である。彼は「日本電産」…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.