今日の迷言・余言・禁言

お墓に呼ばれた子供達

倒れてきたお墓の下敷きとなって意識不明の重体に陥っていた4歳の男の子が昨日息を引き取った。園外保育の一環として46名の児童を4人の保育士が引率して広場へと連れて行っての事故だったようだ。広場に隣接して墓地があったらしい。その墓地の中に何人かの児童たちが入っていって事故に巻き込まれた。広場の隣が墓地というのもなんとなく不吉であるが、数人の子供たちが公園から墓地に向かったのを保育士たちは気付かなかったらしい。4人の保育士が46名の児童たちを見守る。そう難しい作業とは思えない。多分、保育士たちは公園からは出て行かないものと眼を離していたのではないかと思われる。近隣の人達によれば墓地の方は竹やぶで通常は入り込まないところだという。そのためか墓石は日頃きちんと整備されておらず、倒れてきた竿石は土台石に嵌まった状態ではなかった。小石によって支えられ、ちょっと力を加えれば倒れてしまう危うさがあった。おそらく、子供たちは“かくれんぼ”か何かをしていたのであろう。ただ保育士の人達が気付かない中で、子供たちがそこに引き寄せられたのは、やはり何かが“手招いたから”に違いない。相当に古い墓で、手入れがされないまま放置されていた墓は、誰かに“縋りたい者達”でいっぱいになっていたのかもしれない。せめて近所の人達が、清掃してあげていれば、危険な墓の石組になっていたことに気付いたであろうし、呼び込まれることもなかったであろう。広場の横に墓地があって、それを放置しておいた結果、おそらく優しかった4歳の男児は犠牲にならざるを得なかったようである。


最近の記事はこちら

共感できても支持できない表現

近年はすぐ誰がどう発言したかが拡散する。特に芸能人、政治家、文化人などの場合がそうである。ある意味で、それは“有名度”を測るバロメーター的な部分もある。そういう意味で影響力の強いホリエモンこと堀江貴文…続きを読む

「国産ウナギ」が“輸入物”に負ける?

今年は“暑い”らしい。他人事のようなことを言うのは、北海道に暮らしているからだが、それでもやっぱり真夏は暑い。そこで多くの食卓には「うなぎ」が登場する。今週7月20日は「土用の丑の日」。ところが、実際…続きを読む

「歴史」は創るものではなく、出来上がるもの

「貿易戦争」という言葉が一般化してきた。昨日、中国では“世界フォーラム”が開かれたが、その中で楊潔氏は「中国は貿易戦争を望まないが、恐れもしない」という表現で、アメリカとの対決姿勢を前面に打ち出した。…続きを読む

セブン&ローソン「居酒屋」を兼ねる⁉

7月17日から「セブン―イレブン」では店頭で“生ビール”を発売するそうだ。レジ横にビアサーバーが設置され、Sサイズ100円、Mサイズ190円也の“生ビール”を販売するらしい。もちろん、会社帰りのサラリ…続きを読む

「命のロウソク」は売っていないのに…

東京江戸川区の住宅で13日の夜、練炭による“集団自殺”の可能性が高い5人の死体が発見された。おそらく、この家の持ち主が“自殺志願者”たちを道連れにして集団自殺を図ったと思われる。今のところ、男性一人、…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.