今日の迷言・余言・禁言

お墓に呼ばれた子供達

倒れてきたお墓の下敷きとなって意識不明の重体に陥っていた4歳の男の子が昨日息を引き取った。園外保育の一環として46名の児童を4人の保育士が引率して広場へと連れて行っての事故だったようだ。広場に隣接して墓地があったらしい。その墓地の中に何人かの児童たちが入っていって事故に巻き込まれた。広場の隣が墓地というのもなんとなく不吉であるが、数人の子供たちが公園から墓地に向かったのを保育士たちは気付かなかったらしい。4人の保育士が46名の児童たちを見守る。そう難しい作業とは思えない。多分、保育士たちは公園からは出て行かないものと眼を離していたのではないかと思われる。近隣の人達によれば墓地の方は竹やぶで通常は入り込まないところだという。そのためか墓石は日頃きちんと整備されておらず、倒れてきた竿石は土台石に嵌まった状態ではなかった。小石によって支えられ、ちょっと力を加えれば倒れてしまう危うさがあった。おそらく、子供たちは“かくれんぼ”か何かをしていたのであろう。ただ保育士の人達が気付かない中で、子供たちがそこに引き寄せられたのは、やはり何かが“手招いたから”に違いない。相当に古い墓で、手入れがされないまま放置されていた墓は、誰かに“縋りたい者達”でいっぱいになっていたのかもしれない。せめて近所の人達が、清掃してあげていれば、危険な墓の石組になっていたことに気付いたであろうし、呼び込まれることもなかったであろう。広場の横に墓地があって、それを放置しておいた結果、おそらく優しかった4歳の男児は犠牲にならざるを得なかったようである。


最近の記事はこちら

「恋」は「世間に謝罪」すべきものなのか

文春報道で俳優の東出昌大氏と女優の杏氏とが別居していることが明らかになった。そして同時に、東出氏が共演女優・唐田えりか氏と“不倫”したことがその決定的原因であるとも報道された。それらの報道を受けて、不…続きを読む

中国の「春節」は「日本」が1位

それが何であっても、1位に選ばれるのは気持ちが良い。ましてや“おめでたいこと”ならなおさらである。このほど中国の旅行予約サイトで、興味深いランキングが発表された。今年の春節期間中、どこに出掛けるか、そ…続きを読む

「日本刀」で、妻と弁護士の魂を分つ⁉

アメリカ人には時々、ユニークな行動を真顔でとる人がいる。カンザス州に暮らすデビット・オストロム氏もそういう一人だ。彼は今、妻から“離婚訴訟”を起こされ、その内容にひどく憤慨していた。そこで彼は真摯に裁…続きを読む

1日16時間で「歌う弁護士」になる⁉

或る雑誌に、12歳から芸能活動を始め、17歳で歌手になってTV番組エンディングでも使われ、その後大学に入って大学院まで出て外資系製薬会社で働き、33歳から別な大学で法律を学び、5年後に司法試験を突破し…続きを読む

「チーム風土」なのか「小松美羽」なのか

現代の芸術・芸能の世界は、その舞台を“片田舎”から…あっという間に“世界”に変える。けれども、そこには“影の仕掛人”が存在しているケースも多い。今や日本を飛び出し、そういう形で世界に羽ばたきつつある人…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.