今日の迷言・余言・禁言

お盆で「菩薩像」&「1500体人骨」が出現

全国各地で「再開発地域」の土地整備が行われている。それが、時として、その地下に眠っていた墓を掘り起こしたりする。昨日、JR貨物梅田駅付近の“再開発地域”の地下から、1500体以上の人骨が発見されとの報道があった。この地域は江戸時代に「大阪七墓」と呼ばれる“墓巡り”のコースの一つで「梅田墓」と呼ばれた地域であるらしい。したがって、人骨が整然と並べられていたのは当然と言えば当然なのだ。本来、その「七墓巡り」は“お盆行事”の一つなので、それにふさわしい時期に“人骨が発見された”のは何となく啓示的である。しかも、この墓には“若い人骨”が多く、当時のおもちゃなども一緒に葬られている。研究者によると、当時の疫病によって若死にしたケースが多く、その徴ある人骨もあると言う。いま、日本は“疫病”と言っても良い“新型コロナ”に汚染されている。さまざまな符合が“人骨”の発見につながったような気がする。そこから少し離れて、滋賀県では龍應山の西明寺の国宝である本堂の柱から「菩薩像」八体が発見された。どうやって発見されたのかというと、赤外線撮影によって発見されたのだ。実は、このお寺、織田信長の命令で“焼き討ち”に遭っている。それでも、何とか逃れたのが真っ黒に煤で汚れた二本の木柱なのだ。もちろん、ここに「菩薩像」が描かれていることは誰も知らなかった。今回、たまたま広島大学と大阪教育大学とが共同で調査に当たって偶然に発見したのだ。その「菩薩像」の図像姿から、これまで九世紀の建立と観られていた本堂が、実は七世紀半ばではなかったのか、という議論まで起きている。これも、お盆に出て来た「菩薩像」なのだから、何とか修復して表出できないものか、さすが今年の「お盆」は、いつになく“あの世”の方にも動きが起こっているような…そんな出来事が続いている。


最近の記事はこちら

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

「仮想通貨」と「デジタル通貨」の境界線

最近、世界的に株価が上昇していて、その方にマスコミなどは注目しがちだが、もう一つ忘れてならないのは、かつて「仮想通貨」と呼ばれた「ビットコイン」が再び急上昇していることだ。ビットコインは一時的に急騰し…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.