今日の迷言・余言・禁言

お盆で「菩薩像」&「1500体人骨」が出現

全国各地で「再開発地域」の土地整備が行われている。それが、時として、その地下に眠っていた墓を掘り起こしたりする。昨日、JR貨物梅田駅付近の“再開発地域”の地下から、1500体以上の人骨が発見されとの報道があった。この地域は江戸時代に「大阪七墓」と呼ばれる“墓巡り”のコースの一つで「梅田墓」と呼ばれた地域であるらしい。したがって、人骨が整然と並べられていたのは当然と言えば当然なのだ。本来、その「七墓巡り」は“お盆行事”の一つなので、それにふさわしい時期に“人骨が発見された”のは何となく啓示的である。しかも、この墓には“若い人骨”が多く、当時のおもちゃなども一緒に葬られている。研究者によると、当時の疫病によって若死にしたケースが多く、その徴ある人骨もあると言う。いま、日本は“疫病”と言っても良い“新型コロナ”に汚染されている。さまざまな符合が“人骨”の発見につながったような気がする。そこから少し離れて、滋賀県では龍應山の西明寺の国宝である本堂の柱から「菩薩像」八体が発見された。どうやって発見されたのかというと、赤外線撮影によって発見されたのだ。実は、このお寺、織田信長の命令で“焼き討ち”に遭っている。それでも、何とか逃れたのが真っ黒に煤で汚れた二本の木柱なのだ。もちろん、ここに「菩薩像」が描かれていることは誰も知らなかった。今回、たまたま広島大学と大阪教育大学とが共同で調査に当たって偶然に発見したのだ。その「菩薩像」の図像姿から、これまで九世紀の建立と観られていた本堂が、実は七世紀半ばではなかったのか、という議論まで起きている。これも、お盆に出て来た「菩薩像」なのだから、何とか修復して表出できないものか、さすが今年の「お盆」は、いつになく“あの世”の方にも動きが起こっているような…そんな出来事が続いている。


最近の記事はこちら

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

占星学による「死」の予兆

人間にはさまざまな“生き方”がある。それらを批判することは簡単だが、それらから“学ぶ”ことの方が人生には役立つ。昨日、タレントの岸部四郎氏(71歳)が今年8月28日に心不全で亡くなっていたことが公表さ…続きを読む

現存する世界最古(⁉)「金箔天文図」公開

何となく「金箔天文図」などと言うと“妖しく”聴こえて良い。実際に金箔を貼り付けた天文図なのだから「金箔天文図」であるのは間違いがない。そして、現存する天文図としては一応“世界最古”であることも事実だ。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.