今日の迷言・余言・禁言

お祖母ちゃんが「エコー写真」に出現!

時々思うのだ。「祈り」というのは本当に通じているのだろうかと…。いやいや疑ってはいけない。それを証明するような写真が出現したのだ。写真と言っても、妊婦の胎内を写した「エコー写真」だ。イギリスのステファニー・ジャクソンさんは32歳。現在妊娠18週目で7月に出産予定である。4月26日、いつものように病院で超短波検査を受けた時に「エコー写真」を貰った。そして、それを持ち帰り母親に見せた。ごくありふれた情景である。ところが、その写真を見た瞬間、彼女の母親は素っ頓狂な声を上げたのだ。「お母さんが写っている」「どういうこと?」母親が指さした部分には確かに“笑顔のお祖母ちゃん”がいる。生まれて来る児にへばりつくような感じで、お祖母ちゃんの笑顔が見えるのだ。実は、この児の父親となるマイケル・デイビス氏は前の女性との間に“二人の子”を持っていた。そこで、もう子供はいらないとパイプカットの手術を受けていたのだ。ところが、その後トラブルが起きて二人は離別。新たに巡り合ったのがステファニーさんだった。彼女は亡くなったお祖母ちゃん、メアリー・ジャクソンさんからことのほか愛されて育った。信仰深かったメアリーの血を引いているステファニーさんは、神様というよりも“亡くなったお祖母ちゃん”に向けて、赤ちゃんを授けてくれるよう祈った。その願いにこたえるべく、デイビス氏も精管の修復手術を受けていた。けれども妊娠できるか自信が持てなかったので、彼女と共に、いつも二人で、お祖母ちゃんに祈ったのだ。そういう事情を抱えての“妊娠”だった。まさに、お祖母ちゃんは“笑顔”でそれに応えてくれた。お祈りをバカにしちゃいけない。よく「先祖には願い事などしてはいけない」という人がいるが、そういう人たちに「霊界に行っても孫は可愛いのさ」と教えてくれるような写真なのだ。


最近の記事はこちら

「聖職者」が「性食者」に変わる時

アメリカのペンシルバニア州の教会で70年間にわたり、カトリックの高位聖職者たちが、そこに通う子供たちに対して“性的虐待を行っていた”という驚くべき報告書が8月14日に公表された。この報告書は専門の調査…続きを読む

“富士子容疑者”は「殺人のプロ」なのか

昨日、今年5月に三重県鈴鹿市で起きた“夫殺人”の容疑者・横山富士子(46歳)が再逮捕された。同時に、これまで除外されていた富士子の実母・愛子(69歳)も“新たに逮捕”された。つまり、21歳年下の夫を不…続きを読む

新ジャンボ1等賞金20億円、6等賞金10万円⁉

総務省から昨日2017年度“宝くじ”の売上額が20年ぶりに8000億円を割り込んだことが報告された。近年の“宝くじ”は不振が続いていて、2005年度の1兆1047億円をピークに毎年減少している。昨年は…続きを読む

“アナリスト予想”が一致する時は要注意⁉

ケンカ好きなトランプ大統領が今、相手をしているのはトルコのエルドアン大統領だ。それにしてもトランプ大統領は常に誰かとやり合っていないと気が済まないらしい。そのたび市場は混乱し、通貨や株価が変動し、大迷…続きを読む

「正直」「公正」が通用しない人達と…

事実上、自民党の総裁選がスタートしているが、今一つ盛り上がらない。もう大勢が判明していることもあるが、現首相への対抗馬が石破氏ただ一人でちょっと寂しいこともある。野田聖子氏も未だ“出馬への意欲”は捨て…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.