今日の迷言・余言・禁言

お祖母ちゃんが「エコー写真」に出現!

時々思うのだ。「祈り」というのは本当に通じているのだろうかと…。いやいや疑ってはいけない。それを証明するような写真が出現したのだ。写真と言っても、妊婦の胎内を写した「エコー写真」だ。イギリスのステファニー・ジャクソンさんは32歳。現在妊娠18週目で7月に出産予定である。4月26日、いつものように病院で超短波検査を受けた時に「エコー写真」を貰った。そして、それを持ち帰り母親に見せた。ごくありふれた情景である。ところが、その写真を見た瞬間、彼女の母親は素っ頓狂な声を上げたのだ。「お母さんが写っている」「どういうこと?」母親が指さした部分には確かに“笑顔のお祖母ちゃん”がいる。生まれて来る児にへばりつくような感じで、お祖母ちゃんの笑顔が見えるのだ。実は、この児の父親となるマイケル・デイビス氏は前の女性との間に“二人の子”を持っていた。そこで、もう子供はいらないとパイプカットの手術を受けていたのだ。ところが、その後トラブルが起きて二人は離別。新たに巡り合ったのがステファニーさんだった。彼女は亡くなったお祖母ちゃん、メアリー・ジャクソンさんからことのほか愛されて育った。信仰深かったメアリーの血を引いているステファニーさんは、神様というよりも“亡くなったお祖母ちゃん”に向けて、赤ちゃんを授けてくれるよう祈った。その願いにこたえるべく、デイビス氏も精管の修復手術を受けていた。けれども妊娠できるか自信が持てなかったので、彼女と共に、いつも二人で、お祖母ちゃんに祈ったのだ。そういう事情を抱えての“妊娠”だった。まさに、お祖母ちゃんは“笑顔”でそれに応えてくれた。お祈りをバカにしちゃいけない。よく「先祖には願い事などしてはいけない」という人がいるが、そういう人たちに「霊界に行っても孫は可愛いのさ」と教えてくれるような写真なのだ。


最近の記事はこちら

「豊かさ」が産んだ「いびつな思想」

日本人に比べて、欧米人の考え方は良くも悪くも“極端”な場合が多い。今回、或る写真に対して二つの考え方が“ガチンコ対決”しているのだが、正直、私はそのどちらにも賛同しかねるのだ。SNS上で論議の的となっ…続きを読む

「ガイロク」は“人生とは何か”を教えてくれる

人には誰でも「人生最大のピンチ」と言えるような時期がある。それを街角インタビューの中から“抜粋していく”のが、あまり目立たないTV番組「ガイロク(街録)」だ。近年は、普通の人達に街角でインタビューする…続きを読む

技術・研究者なら飛躍できる水星&土星《0度》の危険

誰でも疲れている時とか、あまりにも神経過敏となっている時に「幻影」を見るとか「幻聴」を聴くとかすることは稀にある。けれども、それが日常生活となったら、もはやそれは“病気”一歩手前か、本格的な“心霊現象…続きを読む

「007」が“黒人女優”に変わる時代

映画「007」シリーズと言えば、私が「男はつらいよ」と同じくらい十代の頃から好んで見た映画だ。それにしても長い、もう「寅さん」は終わったというのに「007」の方は主人公ジェームズボンド役をさまざまな男…続きを読む

なぜ今頃「人肉事件」の映画なのか

「おいしそうだったから食べたかった」という言葉はよく聞く。けれども、それが「人肉」に向けられたものだったとしたら、思わず絶句する。それが通常の感覚だろう。けれども、世の中には“そうではない人達”がいる…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.