今日の迷言・余言・禁言

お腹の上に「青い球」が浮いている

東日本大震災から5年たって、さまざまな心霊体験が語られるようになりましたが、それらの体験記録の中で私がもっとも注目したのは、震災で母親を亡くされた少女の奇妙な目撃談です。その少女は行方不明の母親を探すため連日、公民館に出向いていたそうですが、そこに並べられた遺体のほとんどが、お腹の上に「青い球」が浮いていて、それが共通していたので、なんとなく「みんな一緒だから寂しくないんだ」と理解した、というのです。もちろん、これは古くから「火の玉=霊魂」と言われ、私の幼少期くらいまでは一般家庭でも近所の方が亡くなった時などに「あの家から火の玉が飛んだ」とか、逆に夕刻時など火の玉を見たことで「寝たきりだったおじいちゃん、大丈夫かしら…」などと噂したものです。つまり、人が亡くなると同時に、肉体から“霊魂が幽体離脱”し、それが遺体処理するまで“肉体付近に留まる”ケースと、すぐ天空へと“飛翔してしまう”ケースがあるとされています。公民館の遺体の多くは、近親者に特定されていない状態だったので、お腹の上に「青白く燃える球」として浮いて見えたのでしょう。


最近の記事はこちら

「果実」として生きていく姓名

人間の「姓名」というのは、時としてその人の人生を決める。その代表的な人物の一人が「フルーツしか食べない男」として知られる中野瑞樹氏だ。彼は自分の身体を“実験台”として、果物と人間との関係を研究している…続きを読む

「19,000人減」発表で1位→17位転落

2019年卒業予定の学生たちによる就職希望企業ランキングが発表された。そこには“常連”の顔がない。昨年度1位だったはずの「みずほ銀行」が消えているのだ。何んと今年は17位。別に大きな不祥事があったから…続きを読む

「宝くじ」当選で人生が変わる⁈

昨日、たまたま「宝くじ」売り場の前を通った。そうしたら、珍しいことに誰も人が並んでいなかった。それで久しぶりで購入する気になった。そういう日、宝くじが当たるのは何かしらの偶然が作用しているケースが多い…続きを読む

大仁田「フォール負け」からの出発

当然と言えば当然のことなのであるが、昨日開票となった佐賀県神埼市の市長選で現職の松本茂幸氏の四選を阻もうと出馬した元プロレスラー・参議院議員の大仁田厚氏が大敗をした。何んと十倍近い得票数の差があった。…続きを読む

過酷過ぎる減量で王者は作れない

極めて珍しい形の“王者剥奪”が起こった。ボクシングのWBC世界フライ級王者・比嘉大吾選手が、対戦前の“前日軽量”で体重が900gオーバーし“不戦負け”となってしまったのだ。ボクシングは各階級の体重制限…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.