今日の迷言・余言・禁言

かつて“恐竜”が支配していた地球

決してSF映画なのではない。実際に、この地球で“恐竜全盛期の時代”が存在したのだ。その証拠ともいうべきものがオーストラリア西部で発見された。何んと21種類もの恐竜の足跡が一度に発見されたのだ。つまり、多数の異なる外貌を持つ恐竜たちが、同時期その地域を闊歩していたということになる。しかも、その恐竜たちの闊歩していた期間は“1億年以上もの長期間”なのだ。われわれ人類の生息機関というのは、たかだか数百万年である。現代人のような人類に絞ると数万年に留まるだろう。いかに“恐竜時代”というのが長期間にわたって続いていたか、あらためて驚く。そういう点から考えると「地球」という生命体の歴史の中では、長期に及ぶ“恐竜支配期間”というものがあって、それが地球そのものを襲った“何らかの自然災害”(一般には巨大隕石の衝突?)によって一瞬にして絶滅した。奇妙なのは、1億年以上も生息していた恐竜は、その後における新たな地球環境の中では進化してこなかったということだ。その変わりのように“人類”が出現した。言ってみれば、“人類”は“恐竜”の代わりなのだ。そう考えると、一時期言われていた“宇宙人の容貌”の中に、“恐竜的な容貌”が語られていたことは奇妙ではないのかもしれない。つまり、もし地球に“恐竜絶滅”の歴史が無ければ、恐竜そのものが進化して、当時における“人類的役割”を果たしていた可能性もある。二足歩行をしていた恐竜には、その可能性が全くないとは言えない。そして、もしかしたら古来“龍神”として恐れられてきたものは、実は“恐竜の生き残り”なのではないだろうか。実は、われわれが“古代文明”として引き継いできたものの中には、“恐竜の知恵や教え”が含まれているのではないだろうか。


最近の記事はこちら

「勤労感謝の日」84歳、深夜7時間の激務

「勤労感謝の日」というのは、日頃働いている労働者が“骨休め”をして良い日だと多くの人が思っている。ところが、そうではないのだ。この日は元々「新嘗祭(にいなめさい)」という“大祭の日”であった。それが戦…続きを読む

若者より老人の方が“外出好き”だった⁉

国土交通省の調査だから多分、本当なのだろう。日本の場合、20代の若者よりも、70代の老人の方が“多く外出している”という驚くべき結果が公表された。この若者の外出が減ってきていること自体は世界的な現象ら…続きを読む

日馬富士は「流行語大賞」を狙っていたのか?

予想外の方向へと動き出した感のある「日馬富士の暴行事件」。どうも雲行きが怪しくなってきた。人は誰でも酒が入ると、ついつい口が滑る。気持ちもふらつく。だから、時には“タブーな言葉”なんかもぶつけてしまう…続きを読む

21世紀は「海底遺跡」の時代

時代が進むことで、過去が解かって来る。近年、水中考古学というものが脚光を浴び始めている。これまでは、海の底の探索はいろいろな意味で難しかった。それが、ここに来て徐々に可能となった。その結果、まだまだ知…続きを読む

人間の身体は「機械」なのかもしれない

これを読まれる99%の人が「何をバカな…」と思うことだろう。けれども、私は“人間の身体は機械かもしれない”と本気で思っている。だからこそ時々信じられないようなミスが生じる。機械として埋め込まれている部…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.