今日の迷言・余言・禁言

さびしい「中国」の男性たち

私が初めて訪れた頃の中国には、まだ自転車と人民服が行き交い、まだまだ後進国であるかのような印象があった。あれからもう20年近くが経って、今の中国は“別人”ならぬ“別国”で、日本と対等か、或る意味では日本よりも“先進の国”へと変化してしまった。それ自体は“追いつけ・追い越せ”の中国にとっては、一つの“勝利”であるのかもしれない。ただ中国は、あまりにも“自国の近代化”を急ぎすぎたような気がする。その発展の形は、日本のように全土が“一体化して発展”したのではなく、かなり“いびつな形”で発展してしまったために、あらゆる部分に弊害があって、格差が大きく、とても世界第2位の経済大国として、他国からうらやましがられるような発展の仕方をしていない。その象徴ともいうべきものがスマホによる“自らの私生活の動画中継”だけで、月に200万も稼ぎだす女性達が増えてしまっている現実だ。彼女らは女優でもタレントでもなく“美しい一般女性”だ。その“私生活の動画”を見て、ファンになった男性たちが、動画アプリを使ってプレゼントを渡す。現金に換金できる“プレゼント用”アプリらしい。実際に逢うこともなく、メール以外で会話することもなく、“応援の気持ち”“ファンとしての贈り物”だけで、月に200万とか300万になるというのだから、6億人以上がSNSを使っている国らしい。かつての“一人っ子政策”のために、中国では男性の数が女性の数よりはるかに多く、アンバランスなため、実際に恋人を得られる男性、結婚できる男性の比率が少ないことが背景としてあるらしい。それにしても、なんと“寂しい男性”と、なんと“したたかな女性”の多い国になってしまったことか。


最近の記事はこちら

「聖なる殺人もする」思想教育の恐ろしさ

最近、日本ではあまり「IS(イスラム国)」のことがニュースで取り上げられなくなった。けれども、刻々と情勢は変化し、5月28日早朝のロシア爆撃機スホイ34、戦闘機スホイ35の空襲で「IS(イスラム国)」…続きを読む

「神様」と「運命」

時々「神様」や「運命」は平等だろうか…と考える。正直、どちらも平等だとは思わない。私は大昔、ラジオの深夜放送をよく聴いていて、時々その番組のパーソナリティー宛に、ちょっとした詩やエッセイや物語の混ぜこ…続きを読む

「地球は生きてるんだ!」と、噴火は続く

今年4月、またまた「西之島」が再噴火した。2013年11月に噴火を始めて、2015年11月にいったん沈静化、これで収まるのかと思いきや、2017年4月に再噴火、現在も噴火継続中であり、島は少しづつ大き…続きを読む

「宝石」には“念”が宿っている

大昔、王侯貴族は好んで宝石を身に付けた。その典型がツタンカーメン像だ。彼らは、もちろん、宝石に光り輝く財宝としての価値を見出していたからだが、それだけで常に身に付けていたわけではない。古代において、宝…続きを読む

子供たちが“女性となった”「父」を祝福する?

世の中、最近、面倒になってきている。「父の日」は、性転換して女性となった父親にも“その権利?”があるらしい。海外の話題だが、性転換して女性となった父親が、二人の娘たちから「父の日」を祝福されている写真…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.