今日の迷言・余言・禁言

さまざまな欲望と“ボタンの替え違い”

世の中には変わった趣味・嗜好の人物がたくさんいる。特に“性的な嗜好”に関してはそうだ。介護老人保健施設で、70代の女性が25歳の介護職員にしばしば身体を触られ、親族からの告発で逮捕された。若い男性介護職員と高齢の入所女性との間で“そういうこと”が起こるというのは、小説やドラマとしてもなかなか設定しにくい。50代女性というのが“限界”ではないか、と思うからだ。いや、現実はもっと上を行く。愛知では路上で、90歳の女性の下半身を触ったとして、46歳の男性が逮捕されている。この男性の場合、過去にも逮捕歴があり、70~90代の超熟女でないと“欲望の対象”とはならないらしい。すごい。すごすぎる。そうかと思うと、7歳の女児に「おっぱい触らせて」と迫った43歳の男性が逮捕されている。7歳の女児に「おっぱい」は存在するのだろうか。この年齢だと男児も女児も、あまり変わらぬ“胸”のような気もするのだが…。10歳前後の男児ばかりを欲望対象として触っていた男性校医69歳も逮捕されている。彼は女児も担当していたらしいが、そっちには手出しをしていない。一筋なのかもしれない。それぞれがみな自分の“欲望”に正直である。確かに、それは紛れもない“犯罪”だが、変わった趣味・嗜好でもある。通常は、犯罪でなくても“尻込みしてしまう行為”ばかりだからだ。極端な話、お金を積まれても“ためらってしまう行為”だ。その一方で「事実は小説よりも奇なり」だとすれば、70代~90代女性でも、若い男性から“触られたい女性”は存在することだろう。また7歳くらいでもおませで“触らせたい女児”や、10歳の男児でも“男に触られたい”男児がいるかもしれない。問題は“双方が合致していない”という点にある。もし、それらが上手く“結び合う”関係が作られるなら、犯罪が“微笑ましい事実”に変わり得る可能性も…。


最近の記事はこちら

「大富豪」と「ホームレス」だけ居住する街になる

世界で一番“お金持ち”が沢山暮らしている街はどこだろう? そう、ニューヨークだ。もちろん、東京ではない。それでは世界で一番“ホームレス”が多い街はどこだろう? 実は、これもニューヨークなのだ。つまり、…続きを読む

「病は気から」は本当だったが…

北大の村上教授を中心とする免疫学チームが「病は気から」のことわざを実証するデータを15日オンライン科学誌上で発表した。つまり、マウス実験により睡眠不足などの慢性的なストレスを与えて、それに神経細胞を攻…続きを読む

「心霊スポット」は避けたがるのが霊視者

人には“霊的存在”を見たり感じたりできる体質と、そうでない体質の人達がいる。そして実際には“そうでない体質”の人達が圧倒的に多い。したがって“見たり感じたりできる体質”を否定したり、逆に、羨ましがった…続きを読む

「三つの国」へのメッセージ

昨日、北朝鮮で拘束されていたカナダ人の牧師が解放された。なぜ解放されたのか、答えは簡単である。カナダが水面下で北朝鮮との交渉に応じて何かの交換条件を呑んだか、いくばくかの金銭を支払ったか、いずれかであ…続きを読む

超アウトな「わいせつ罪」の施行

世の中にはいろいろな趣味・嗜好の人がいて、最近はいろいろな“わいせつ犯罪”が報道されるので、滅多なことでは驚かなくなった。そういう私でも“超アウト”に感じたのが今回の逮捕劇だった。静岡県で起きた父親が…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.