今日の迷言・余言・禁言

さまざまな欲望と“ボタンの替え違い”

世の中には変わった趣味・嗜好の人物がたくさんいる。特に“性的な嗜好”に関してはそうだ。介護老人保健施設で、70代の女性が25歳の介護職員にしばしば身体を触られ、親族からの告発で逮捕された。若い男性介護職員と高齢の入所女性との間で“そういうこと”が起こるというのは、小説やドラマとしてもなかなか設定しにくい。50代女性というのが“限界”ではないか、と思うからだ。いや、現実はもっと上を行く。愛知では路上で、90歳の女性の下半身を触ったとして、46歳の男性が逮捕されている。この男性の場合、過去にも逮捕歴があり、70~90代の超熟女でないと“欲望の対象”とはならないらしい。すごい。すごすぎる。そうかと思うと、7歳の女児に「おっぱい触らせて」と迫った43歳の男性が逮捕されている。7歳の女児に「おっぱい」は存在するのだろうか。この年齢だと男児も女児も、あまり変わらぬ“胸”のような気もするのだが…。10歳前後の男児ばかりを欲望対象として触っていた男性校医69歳も逮捕されている。彼は女児も担当していたらしいが、そっちには手出しをしていない。一筋なのかもしれない。それぞれがみな自分の“欲望”に正直である。確かに、それは紛れもない“犯罪”だが、変わった趣味・嗜好でもある。通常は、犯罪でなくても“尻込みしてしまう行為”ばかりだからだ。極端な話、お金を積まれても“ためらってしまう行為”だ。その一方で「事実は小説よりも奇なり」だとすれば、70代~90代女性でも、若い男性から“触られたい女性”は存在することだろう。また7歳くらいでもおませで“触らせたい女児”や、10歳の男児でも“男に触られたい”男児がいるかもしれない。問題は“双方が合致していない”という点にある。もし、それらが上手く“結び合う”関係が作られるなら、犯罪が“微笑ましい事実”に変わり得る可能性も…。


最近の記事はこちら

“占い界”における藤井聡太はどこに?

最近、プロスポーツの世界では次代を担う“若き天才”たちが続々と誕生している。ここで取り上げる将棋世界の藤井聡太君など、その典型だ。まだ14歳の中学生だが、既に昨年10月からプロ棋士四段に昇格した。そし…続きを読む

「EU」が揺れている

11人が立候補したフランスの大統領選で、予想されていた通り過半数を得たものがなく、改めて5月7日に「国民戦線」のルペン氏と、「前進!」のマクロン氏との間で“決選投票”が行われることが決まった。ルペン氏…続きを読む

北朝鮮にも“隠れキリシタン”がいた!

“隠れキリシタン”と言えば、江戸時代の長崎を思い浮かべる。現在でも、その子孫の方々が存在していて“隠れキリシタンの信仰”が維持されている。もう、日本では堂々と“キリスト教徒”を名乗って良いのに、子孫の…続きを読む

“究極の美”は、“マゾ体質”の証明

確かに、その人は美しい。とても50歳には見えない。「美のカリスマ」と呼ばれる。本人も「肌の美しい人を見ると、つい傍に行って話しかけてしまう」とおっしゃる。確かに“美”へのこだわりが強いようだ。君島十和…続きを読む

寄付によって財産を使い果たす

日本電産の創業者・永守重信氏は最近、あちこちの教育機関に寄付金を与えている。寄付金と言っても一千万とか二千万とかのけちな金額ではない。70億とか100億とかいうとてつもない金額である。彼は「日本電産」…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.