今日の迷言・余言・禁言

その居酒屋には「ヤバイメッセージ」がある

確かに“奇妙な貼り紙”だと誰もが思う。だから、その手書き「メッセージ」の写真投稿は反響を呼び、リツイートが3万2000にもなったのだ。問題の投稿写真は、たまたまその居酒屋の前を通りかかった人物が不思議に思って写真に撮り、どういう意味なのだろうと投稿したもので、みんなが不思議がっていたら、翌日には貼り紙が無くなって通常通り営業を行っていたというのだ。問題の手書きメッセージには「本日は離婚した嫁から謎のメッセージが送られてきた為、一時避難します。みなさんも早く逃げてください。店主」というもので、それが居酒屋「月のあかり」の扉前に張られていたのだ。もちろん、店の扉には鍵が掛かっていて誰もいない。誰だって、こんなメッセージを昨日まで営業していた店の前に見れば興味を持ち、写真に残して投稿したくなるだろう。この“謎”を解くため、わざわざこの店を探し出して、取材していたマスコミがある。その報告によれば、貼り紙の内容は、単なる“関西ジョーク”だというのだ。店主が休みたくなった時、毎回、貼っている「ジョークとしてのお休み理由」なのだそうだ。どうして、そんなメッセージを貼るのかといえば、近所の人達に関西人がやっている「オモロイ店」だと知ってほしいからだという。もちろん、居酒屋としての味には自信を持っている。一番最初に「離婚した嫁と初めての裁判の日なので休みます」と書いたら、客に「あれ、面白かったから、またあんな感じでやってくれ」と頼まれ、それでだんだんいろんなパターンをやりだすようになったのだという。そういう風に聞いてみると、確かに「みなさんも早く逃げてください」という部分は、通常はひっ迫した状況では記さない。本人は別に日本中で注目されたくてやったわけではない。近所の人達に楽しんでもらいたくて、いつの間にかちょっとエスカレートしてきただけらしい。でも“関西ジョーク”は関東では難しい場所もあるから、ほどほどに。


最近の記事はこちら

柔軟な交渉能力こそ「平和」を作る力

人は誰も“争い”の中で暮らしたいとは思わない。それなのに世界のどこかで常に戦闘がある。争いごとの多くは互いの“主張”と“利害”に基づく。双方の主張がぶつかり、利害が交錯するから争いごとに発展する。どこ…続きを読む

町が地図上から消える炎

既に25万人が“避難生活”を強いられている。竜巻でもなく、豪雨でもなく、地震でもなく、津波でもなく、火山噴火でもない。とにかく、もう44人が亡くなったことだけはハッキリとしている。そして6500棟の住…続きを読む

UFOと北朝鮮の漂流船

「判読不明の数字が書かれていた」「なぜ北海道沿岸で多数が目撃されるか解からない」「誰も乗っていないことが多い」「漂着した遺体からは国籍も性別も解からない」このようにニュースの一部だけ書くと、何となく“…続きを読む

自身を観る「眼」を信じろ!

近年、海外で活躍している日本人は多い。特に芸術やスポーツの分野でそれが著しい。たまたま海外からのニュースの中で二人の人物が登場した。その一人は永久メイさん。まだ18歳の少女だが、中学1年で親元を離れて…続きを読む

「雪が降る」という“名曲”のごとく

北国の「雪」には、どこか“もの悲しい雰囲気”が漂っている。だから“冬”など無くなってしまうのが本当は良い。完全になくなってしまうのも少し寂しい気がするので、2週間くらいだけ“冬”がやって来て、足早に去…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.