今日の迷言・余言・禁言

その居酒屋には「ヤバイメッセージ」がある

確かに“奇妙な貼り紙”だと誰もが思う。だから、その手書き「メッセージ」の写真投稿は反響を呼び、リツイートが3万2000にもなったのだ。問題の投稿写真は、たまたまその居酒屋の前を通りかかった人物が不思議に思って写真に撮り、どういう意味なのだろうと投稿したもので、みんなが不思議がっていたら、翌日には貼り紙が無くなって通常通り営業を行っていたというのだ。問題の手書きメッセージには「本日は離婚した嫁から謎のメッセージが送られてきた為、一時避難します。みなさんも早く逃げてください。店主」というもので、それが居酒屋「月のあかり」の扉前に張られていたのだ。もちろん、店の扉には鍵が掛かっていて誰もいない。誰だって、こんなメッセージを昨日まで営業していた店の前に見れば興味を持ち、写真に残して投稿したくなるだろう。この“謎”を解くため、わざわざこの店を探し出して、取材していたマスコミがある。その報告によれば、貼り紙の内容は、単なる“関西ジョーク”だというのだ。店主が休みたくなった時、毎回、貼っている「ジョークとしてのお休み理由」なのだそうだ。どうして、そんなメッセージを貼るのかといえば、近所の人達に関西人がやっている「オモロイ店」だと知ってほしいからだという。もちろん、居酒屋としての味には自信を持っている。一番最初に「離婚した嫁と初めての裁判の日なので休みます」と書いたら、客に「あれ、面白かったから、またあんな感じでやってくれ」と頼まれ、それでだんだんいろんなパターンをやりだすようになったのだという。そういう風に聞いてみると、確かに「みなさんも早く逃げてください」という部分は、通常はひっ迫した状況では記さない。本人は別に日本中で注目されたくてやったわけではない。近所の人達に楽しんでもらいたくて、いつの間にかちょっとエスカレートしてきただけらしい。でも“関西ジョーク”は関東では難しい場所もあるから、ほどほどに。


最近の記事はこちら

まじめな“親子”は一緒に“穴掘り”

周辺の人達や仕事関係者たちから一様に「まじめで親切」と評価されていた“親子”が殺人遺棄をした。おそらく息子が妻を殺して母親に打ち明け、母親がそれを隠そうとして自宅の庭に、二人で“死体を入れるための穴”…続きを読む

「カジノ」を“悪魔”という前に…

日本人の中には「カジノ」を“悪魔”呼ばわりする人たちがいる。ところが、そういう人たちでも「宝くじ」には何故か寛容で“夢を買う”などと言って、購入したりする。そこで、こういう話はどうだろう。中国では、基…続きを読む

共感できても支持できない表現

近年はすぐ誰がどう発言したかが拡散する。特に芸能人、政治家、文化人などの場合がそうである。ある意味で、それは“有名度”を測るバロメーター的な部分もある。そういう意味で影響力の強いホリエモンこと堀江貴文…続きを読む

「国産ウナギ」が“輸入物”に負ける?

今年は“暑い”らしい。他人事のようなことを言うのは、北海道に暮らしているからだが、それでもやっぱり真夏は暑い。そこで多くの食卓には「うなぎ」が登場する。今週7月20日は「土用の丑の日」。ところが、実際…続きを読む

「歴史」は創るものではなく、出来上がるもの

「貿易戦争」という言葉が一般化してきた。昨日、中国では“世界フォーラム”が開かれたが、その中で楊潔氏は「中国は貿易戦争を望まないが、恐れもしない」という表現で、アメリカとの対決姿勢を前面に打ち出した。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.