今日の迷言・余言・禁言

それぞれの立場からの「愛」

「愛」の判定というのは中々に難しい。今井絵理子議員の“不倫スキャンダル”は、彼女の精いっぱいの言い訳「一線は超えていません」という名言を生み出した。それは「愛し合ってはいますが…」という“隠し言葉”を添えた表現であった。一方の橋下健市議の方は、最初、週刊誌の突撃に「恋愛対象ではありません」と突っぱねておきながら、やがて今井氏と口裏を合わせたかのように、実は自分の方から“交際を求めた”ことを告白している。但し、それだとおかしいので「4~5年前からすでに家庭は崩壊していた」と付け加えた。ところがここに来て、橋本氏の妻側弁護士から「夫は一方的に離婚を要求し、自分から妻子を残して家を出ていった」と反論されている。実は有名人でなくても、このような形の“不倫問題”が、占い師の元へと持ち込まれて来るケースは少なくない。つまり、妻子ある男性が不倫し、それが妻に発覚した場合、それぞれの「愛」に対する捉え方が微妙に異なっているケースが多いのだ。これは夫が不倫する側ではなく、妻の方が不倫する場合でもほぼ同様である。必ずと言って良いほど、不倫する側は「家庭はすでに崩壊している」「夫婦としては終わっている」「いずれ離婚するのは決まっている」などと夫婦間を否定的に認識している。一方、不倫された側は「私たちはやり直せる」「いずれ昔のように戻れる」「愛の絆は残されている」などと夫婦間を肯定的に認識している。また、不倫の対象となる独身者の方は「いつか一緒に暮らせる」「いずれ正式に別れてくれる」「二人の間にしか本当の愛はない」などと自らの不倫を肯定的に認識している。これらの思惑が絡み合うのだから、スムーズに解決できるはずがない。不倫が発覚したことで、離婚に至るケースもあるが、それによってすぐに不倫相手と入籍するケースはそれほど多くはない。また不倫が発覚しても“絶対に離婚しない”と防戦する妻達もいる。また若い女性の中には、不倫はしても、だからと言って、その男性と結婚はしたくない、とうそぶく女性もいる。それぞれの「愛」は、微妙にきしみあいながらも“夜の海”へと漕ぎ出していく…。


最近の記事はこちら

「得体のしれない国」が周りを取り囲む

中国の広東省で大規模な“偽札づくり”が摘発された。何んとその金額が214,000,000元(日本円にして37億円)に達するらしい。これはどう考えても本格的な“紙幣づくり”であり、組織的な作業に違いない…続きを読む

「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」

アラビアの格言「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」ほど、真実をついた言葉はない。誰もが悩みながら生きている。文春報道を受けて、小室哲哉氏が引退を表明した。その会見は“苦悩”に満ちていた。私も、妻…続きを読む

「ユーチューバー」が消えていく

グーグルは16日、傘下に抱える動画投稿サイト「ユーチューブ」に対し“新規約”を設けると発表した。これまでは動画の“再生回数”を基準として評価していたのだが、今後は“チャンネル登録者数”と“年間視聴時間…続きを読む

「孤独担当相」は、日本にこそ必要

英国のテリーザ・メイ首相が18日「孤独担当相」という新たな“任務”を新設、政務次官だったトレイシー・クラウチ氏にそれを要請した。メイ首相は「高齢者や介護者、愛する人を喪った人、話し相手のいない人々が直…続きを読む

窓のマークが「謎」を解く鍵?

アメリカのカリフォルニア州で17歳の少女が警察に助けを求めて発覚した事件。自宅に13人の子供たちを“監禁・虐待した容疑”で、1月14日、その家の父親と母親とが逮捕された。自宅に2歳~29歳までの自分の…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.