今日の迷言・余言・禁言

それぞれの立場からの「愛」

「愛」の判定というのは中々に難しい。今井絵理子議員の“不倫スキャンダル”は、彼女の精いっぱいの言い訳「一線は超えていません」という名言を生み出した。それは「愛し合ってはいますが…」という“隠し言葉”を添えた表現であった。一方の橋下健市議の方は、最初、週刊誌の突撃に「恋愛対象ではありません」と突っぱねておきながら、やがて今井氏と口裏を合わせたかのように、実は自分の方から“交際を求めた”ことを告白している。但し、それだとおかしいので「4~5年前からすでに家庭は崩壊していた」と付け加えた。ところがここに来て、橋本氏の妻側弁護士から「夫は一方的に離婚を要求し、自分から妻子を残して家を出ていった」と反論されている。実は有名人でなくても、このような形の“不倫問題”が、占い師の元へと持ち込まれて来るケースは少なくない。つまり、妻子ある男性が不倫し、それが妻に発覚した場合、それぞれの「愛」に対する捉え方が微妙に異なっているケースが多いのだ。これは夫が不倫する側ではなく、妻の方が不倫する場合でもほぼ同様である。必ずと言って良いほど、不倫する側は「家庭はすでに崩壊している」「夫婦としては終わっている」「いずれ離婚するのは決まっている」などと夫婦間を否定的に認識している。一方、不倫された側は「私たちはやり直せる」「いずれ昔のように戻れる」「愛の絆は残されている」などと夫婦間を肯定的に認識している。また、不倫の対象となる独身者の方は「いつか一緒に暮らせる」「いずれ正式に別れてくれる」「二人の間にしか本当の愛はない」などと自らの不倫を肯定的に認識している。これらの思惑が絡み合うのだから、スムーズに解決できるはずがない。不倫が発覚したことで、離婚に至るケースもあるが、それによってすぐに不倫相手と入籍するケースはそれほど多くはない。また不倫が発覚しても“絶対に離婚しない”と防戦する妻達もいる。また若い女性の中には、不倫はしても、だからと言って、その男性と結婚はしたくない、とうそぶく女性もいる。それぞれの「愛」は、微妙にきしみあいながらも“夜の海”へと漕ぎ出していく…。


最近の記事はこちら

バブル期88年の「13連騰」に並んだが…

私は9月13日に「日本株反転の兆し」を予言し、9月28日に「日本株“長期上昇の形”は整った」と予言した。それらは不思議なほどに的中し、日経平均はバブル期真っただ中1998年2月の記録「13連騰」に並ん…続きを読む

聖心女子大卒同士の対決‼

世の中にはいろいろな対決がある。この二人は共に「夫の身代わり」である。そして共に「聖心女子大」という“お嬢様学校”を卒業している。そして「母親」でもある。そして一応「美人」に属する。そしてここからは私…続きを読む

「イスラム国」は滅んでも…

シリア民主軍が昨日、過激派組織IS(イスラム国)が「首都」と位置付けるシリア北部ラッカ全域の制圧に成功した。このところISには以前の勢いがなく、主要モスクも奪われ、首都も失ったことで、事実上の崩壊とな…続きを読む

セレブは“告発“より“パーティー”がお似合い

モデルで社長の鈴木亜子氏公式ブログに、笑顔でドレス姿の松居一代氏の姿が掲載された。NPO主催のパーティに出席した控室で鈴木氏とのツーショット写真だ。ちゃんと化粧して、ちゃんとドレスを着たタレントで投資…続きを読む

アメリカを襲う「ドクロ」の数々

米カリフォルニア州の山火事が強風にあおられ拡大している。既に40人以上が死亡し、200名以上が行方不明となっている。1万人以上の消防隊員が招集され、16か所から消火や鎮火の活動を行っているが、今のとこ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.