今日の迷言・余言・禁言

“それなりの幸せ”が保障された名前

人間、何が“幸せなのか”一概には言い切れない。けれども、そこに多くの人がいて、そのそれぞれが“それなりの幸せ”を得ているとしたなら、一応、それは“幸せが保障された集団”だということになる。あなたは「田中宏和」という名の著名人を知っているだろうか。多分、すぐには思い浮かばないはずだ。これは、この姓名が社会的に“傑出した人物”を輩出していない証拠だ。しかし、一方、この姓名の“犯罪者”や“極悪人”や“不幸続きの人”に思い当たることもないはずだ。奇妙なことに、われわれは世の中で多くの人に出逢っているが、そのほとんどの人の姓名を実際には忘れてしまう。印象に残っているのは、自分にとって“身近な人”、何度も接している人、極端に変わっている名前の人、マスコミなどを通じて“顔と名前が一致する人”、少しだけその人柄や業績や特徴を知っている人に限られる。ところが、一度接しただけで、絶対に“忘れない姓名”というものがある。それは“同姓同名の人”だ。これは忘れようがない。思わず見直してしまうから、顔も憶える。さて、その“同姓同名の人”は、どんな人生を歩んでいるのだろうか。もし「姓名判断」の画数と呼ばれるものが真実であるなら、同じ姓名は同じ字画数となるから、“同じような人生”を歩んでいなければならない。ところが、実際にはどうなのか、本当のところはよく解からない。そこで“同姓同名の人”を集めてみる。そうすると何となく分かるではないか。このような発想とは全く異なり、大手広告代理店に勤めていた田中宏和氏が志したのは“ギネスブックへの挑戦”であった。つまり「田中宏和」を集めて“ギネス記録”をつくろうとしたのだ。ところが、この試みは既に行われていて、なんとアメリカの「マーサ・スチュワート」さんが164人を集めて掲載されている。広告代理店の田中氏がこれまで出会うことが出来たのは114人である。だた、この名前、全体に画数が良い。したがって多くの田中家では新生児に「宏和」と命名する。広告代理店の田中氏は、2003年から“同姓同名と関わる”ことがライフワークとなった。彼の“ギネスブックへの挑戦”は「田中宏和」のみんなが“それなりの幸せ”を保証する名前かどうか、姓名学にとっても注目すべき材料となる。


最近の記事はこちら

「憲法9条」にしがみつく時代ではない

日本の“事前調査”というのは、どこかのお国と違って“きわめて正確”である。したがって、終盤になって“番狂わせ”が起こるということもなく、報道各社の事前予想通りの選挙結果になった。これでどうやら「憲法改…続きを読む

「赤い球」ではなく「蒼白い球」

人間は齢を取って来ると“自分の死”というものを考えるようになる。どういう“死に方”をするのだろうか。“いつ”死ぬのだろうか。それまでに“何”をしておけば良いのだろうか。…ということで、アントニオ猪木氏…続きを読む

前大統領へ離党勧告を下す国民

私にはどうしても解からないことがある。韓国民の心情だ。前大統領であった朴槿恵被告に対し、旧与党である自由韓国党は事実上の“除名処分”である離党勧告を下す決定をしたという。かつて日本でも、収賄罪で田中角…続きを読む

バブル期88年の「13連騰」に並んだが…

私は9月13日に「日本株反転の兆し」を予言し、9月28日に「日本株“長期上昇の形”は整った」と予言した。それらは不思議なほどに的中し、日経平均はバブル期真っただ中1998年2月の記録「13連騰」に並ん…続きを読む

聖心女子大卒同士の対決‼

世の中にはいろいろな対決がある。この二人は共に「夫の身代わり」である。そして共に「聖心女子大」という“お嬢様学校”を卒業している。そして「母親」でもある。そして一応「美人」に属する。そしてここからは私…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.