今日の迷言・余言・禁言

“それなりの幸せ”が保障された名前

人間、何が“幸せなのか”一概には言い切れない。けれども、そこに多くの人がいて、そのそれぞれが“それなりの幸せ”を得ているとしたなら、一応、それは“幸せが保障された集団”だということになる。あなたは「田中宏和」という名の著名人を知っているだろうか。多分、すぐには思い浮かばないはずだ。これは、この姓名が社会的に“傑出した人物”を輩出していない証拠だ。しかし、一方、この姓名の“犯罪者”や“極悪人”や“不幸続きの人”に思い当たることもないはずだ。奇妙なことに、われわれは世の中で多くの人に出逢っているが、そのほとんどの人の姓名を実際には忘れてしまう。印象に残っているのは、自分にとって“身近な人”、何度も接している人、極端に変わっている名前の人、マスコミなどを通じて“顔と名前が一致する人”、少しだけその人柄や業績や特徴を知っている人に限られる。ところが、一度接しただけで、絶対に“忘れない姓名”というものがある。それは“同姓同名の人”だ。これは忘れようがない。思わず見直してしまうから、顔も憶える。さて、その“同姓同名の人”は、どんな人生を歩んでいるのだろうか。もし「姓名判断」の画数と呼ばれるものが真実であるなら、同じ姓名は同じ字画数となるから、“同じような人生”を歩んでいなければならない。ところが、実際にはどうなのか、本当のところはよく解からない。そこで“同姓同名の人”を集めてみる。そうすると何となく分かるではないか。このような発想とは全く異なり、大手広告代理店に勤めていた田中宏和氏が志したのは“ギネスブックへの挑戦”であった。つまり「田中宏和」を集めて“ギネス記録”をつくろうとしたのだ。ところが、この試みは既に行われていて、なんとアメリカの「マーサ・スチュワート」さんが164人を集めて掲載されている。広告代理店の田中氏がこれまで出会うことが出来たのは114人である。だた、この名前、全体に画数が良い。したがって多くの田中家では新生児に「宏和」と命名する。広告代理店の田中氏は、2003年から“同姓同名と関わる”ことがライフワークとなった。彼の“ギネスブックへの挑戦”は「田中宏和」のみんなが“それなりの幸せ”を保証する名前かどうか、姓名学にとっても注目すべき材料となる。


最近の記事はこちら

「自殺願望」9割が20代女性という衝撃⁉

厚生労働省が昨日公表したデータによると、SNSなどで“自殺相談”をしてくる人たちの9割が20代で、そのうち95%は女性だったという事実が明らかにされた。このデータだけから考えると、日本は20代女性が“…続きを読む

「死刑囚」が“自ら告白”の殺人事件は「無罪」

ややこしい事件というのがある。昨日「無罪判決」が下されたのは“二件の殺人事件”に対してである。それも、自らが手紙の中で“告白”してきた殺人なのだ。つまり自分が20年以上前に殺していたと“懺悔的に告白”…続きを読む

「福袋」じゃない「福袋」が売られている

時の流れは、嫌でも物事を“変遷”させていく。正月特有の風物も徐々に姿を変えていく。ビッグカメラは、早くも「2019年福袋」を売り出し始めた。正月より20日も前から「福袋」を売り出すということ自体にも、…続きを読む

入場料“1500円の書店”は成功するか

東京・六本木の青山ブックセンターの跡地に、昨日、新たな書店「文喫(ぶんきつ)」がオープンした。書店としては中型規模の売り場面積だが、入場する時に“入場料1500円”を支払わなければならない。新たなビジ…続きを読む

「千尋」から「弌大」への改名は最悪⁉

私はこれまでにも何度か「読めない文字を使った命名はすべきでない」と記してきた。今回は正にその典型である。昨日、プロ野球の日ハムに新規加入した元オリックス・金子千尋(かねこちひろ)選手の入団発表があった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.