今日の迷言・余言・禁言

“それなりの幸せ”が保障された名前

人間、何が“幸せなのか”一概には言い切れない。けれども、そこに多くの人がいて、そのそれぞれが“それなりの幸せ”を得ているとしたなら、一応、それは“幸せが保障された集団”だということになる。あなたは「田中宏和」という名の著名人を知っているだろうか。多分、すぐには思い浮かばないはずだ。これは、この姓名が社会的に“傑出した人物”を輩出していない証拠だ。しかし、一方、この姓名の“犯罪者”や“極悪人”や“不幸続きの人”に思い当たることもないはずだ。奇妙なことに、われわれは世の中で多くの人に出逢っているが、そのほとんどの人の姓名を実際には忘れてしまう。印象に残っているのは、自分にとって“身近な人”、何度も接している人、極端に変わっている名前の人、マスコミなどを通じて“顔と名前が一致する人”、少しだけその人柄や業績や特徴を知っている人に限られる。ところが、一度接しただけで、絶対に“忘れない姓名”というものがある。それは“同姓同名の人”だ。これは忘れようがない。思わず見直してしまうから、顔も憶える。さて、その“同姓同名の人”は、どんな人生を歩んでいるのだろうか。もし「姓名判断」の画数と呼ばれるものが真実であるなら、同じ姓名は同じ字画数となるから、“同じような人生”を歩んでいなければならない。ところが、実際にはどうなのか、本当のところはよく解からない。そこで“同姓同名の人”を集めてみる。そうすると何となく分かるではないか。このような発想とは全く異なり、大手広告代理店に勤めていた田中宏和氏が志したのは“ギネスブックへの挑戦”であった。つまり「田中宏和」を集めて“ギネス記録”をつくろうとしたのだ。ところが、この試みは既に行われていて、なんとアメリカの「マーサ・スチュワート」さんが164人を集めて掲載されている。広告代理店の田中氏がこれまで出会うことが出来たのは114人である。だた、この名前、全体に画数が良い。したがって多くの田中家では新生児に「宏和」と命名する。広告代理店の田中氏は、2003年から“同姓同名と関わる”ことがライフワークとなった。彼の“ギネスブックへの挑戦”は「田中宏和」のみんなが“それなりの幸せ”を保証する名前かどうか、姓名学にとっても注目すべき材料となる。


最近の記事はこちら

「カジノ」で“勝つ”か“負ける”かの選挙戦

北海道と大阪府の知事選で“勝つ”か“負ける”かの「鍵」を握っていそうなのが「カジノ」である。カジノというのは文字通り“勝ち・負け”を競うところだが、そのカジノ誘致が経済活性化の起爆剤と「噂」されている…続きを読む

不可思議なもの「親の血を引く兄弟」

昔、北島三郎氏は「♪親の血を引く兄弟よりも…」と歌った。実際、世の中には“実の兄弟”よりもはるかに“兄弟的な関係”となる友人・仲間・同僚を持つ人達もいる。特に20代から50代くらいまでの間、血縁者たち…続きを読む

「未来」には“さまざまな選択肢”がある

人は思いつめると「もう、これしかない」という結論に陥りがちなものである。さまざまな事件とか、犯行とかは、そういう時に起こる。世の中には、最初から“犯罪者的素質”を持って生まれている人もいることはいるが…続きを読む

「怖い女たち」を彩ったトプカプの至宝

今日3月20日から六本木の「国立新美術館」でオスマン帝国の栄華を誇った時代の「トルコ至宝展」が開かれている。15世紀から18世紀の時代に使われていたトプカプ宮殿秘蔵の品々が展示されているのだ。どうして…続きを読む

「ネット民」は“敵”か“味方”か⁉

現代は「世間の声」としてのインターネット上の“書き込み”を無視できない時代となっている。時として、それが“幸運をもたらす”場合もあれば、“不幸を引き連れて来る”場合もある。昨日、モデルでタレントの梅宮…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.