今日の迷言・余言・禁言

たくさんの「お宝」が眠る国

あまり大きなニュースとなっていないが、6月5日、日本の海洋研究開発機構は房総半島の沖350キロの海底から「一つのお宝」を引き上げた。これは、もちろん“一つのサンプル”として引き上げたもので、詳細な確認・研究はこれからなのだが、希少金属であるコバルトなどを豊富に含む資源の断片で、専門的には「コバルト・リッチ・クラスト」と呼ばれる。コバルトは工業製品に使用される高価で貴重な資源なのだ。深海3200メートルの地点から引き上げられた“お宝”は厚さ13センチもあって、これは稀な厚さらしい。この“お宝”の広がりは東京23区の1.5倍の領域というから、広大な資源が日本の領土内に眠っているということになる。なにしろ“海を合わせて測る”日本の領土は広い。世界第6位なのだ。だから“日本の国土”は狭いのだが、“日本の領土”は意外なほど広いのだ。そして、その海底には“お宝”が山ほど埋まっているのだ。だから、今から百年後、多分、もう誰も生きていないだろうが、その頃になると日本は“大金持ちの国”になっているかもしれない。われわれは少し生まれるのが早すぎたのだ。海底油田は1000億バレル(700兆円分)もあるらしいし、“燃える水”とも呼ばれる「メタンハイドレート」は100年分も眠っている。まだまだ調査によっては“お宝”が今後続々と発見されてくる可能性もある。かつてマルコポーロは、日本のことを「黄金の国ジパング」と表現したが、もしかして「22世紀の日本」を予見していたのかもしれない。何しろ、日本の建物はすべて黄金で作られている…などと述べていたのだから。

 


最近の記事はこちら

「歴史」は創るものではなく、出来上がるもの

「貿易戦争」という言葉が一般化してきた。昨日、中国では“世界フォーラム”が開かれたが、その中で楊潔氏は「中国は貿易戦争を望まないが、恐れもしない」という表現で、アメリカとの対決姿勢を前面に打ち出した。…続きを読む

セブン&ローソン「居酒屋」を兼ねる⁉

7月17日から「セブン―イレブン」では店頭で“生ビール”を発売するそうだ。レジ横にビアサーバーが設置され、Sサイズ100円、Mサイズ190円也の“生ビール”を販売するらしい。もちろん、会社帰りのサラリ…続きを読む

「命のロウソク」は売っていないのに…

東京江戸川区の住宅で13日の夜、練炭による“集団自殺”の可能性が高い5人の死体が発見された。おそらく、この家の持ち主が“自殺志願者”たちを道連れにして集団自殺を図ったと思われる。今のところ、男性一人、…続きを読む

美穂は「黄金期」を再来できるか

丁度、80年代から90年代にかけて日本の“バブル期”と重なっていたのがフジテレビの“黄金期”だった。そのフジテレビが“復活”を目指すべく“白羽の矢”をたてたのが女優・中山美穂氏である。確かに、89年「…続きを読む

「死後」も“お騒がせ”しております⁉

よく“生前”いろいろとトラブルを起こしていた人物が亡くなった時「これでようやく穏やかな日常が過ごせるね」等と親戚たちが話しているのを耳にする。ところが、世の中には“死んでから”もトラブルを起こし続ける…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.