今日の迷言・余言・禁言

たくさんの「お宝」が眠る国

あまり大きなニュースとなっていないが、6月5日、日本の海洋研究開発機構は房総半島の沖350キロの海底から「一つのお宝」を引き上げた。これは、もちろん“一つのサンプル”として引き上げたもので、詳細な確認・研究はこれからなのだが、希少金属であるコバルトなどを豊富に含む資源の断片で、専門的には「コバルト・リッチ・クラスト」と呼ばれる。コバルトは工業製品に使用される高価で貴重な資源なのだ。深海3200メートルの地点から引き上げられた“お宝”は厚さ13センチもあって、これは稀な厚さらしい。この“お宝”の広がりは東京23区の1.5倍の領域というから、広大な資源が日本の領土内に眠っているということになる。なにしろ“海を合わせて測る”日本の領土は広い。世界第6位なのだ。だから“日本の国土”は狭いのだが、“日本の領土”は意外なほど広いのだ。そして、その海底には“お宝”が山ほど埋まっているのだ。だから、今から百年後、多分、もう誰も生きていないだろうが、その頃になると日本は“大金持ちの国”になっているかもしれない。われわれは少し生まれるのが早すぎたのだ。海底油田は1000億バレル(700兆円分)もあるらしいし、“燃える水”とも呼ばれる「メタンハイドレート」は100年分も眠っている。まだまだ調査によっては“お宝”が今後続々と発見されてくる可能性もある。かつてマルコポーロは、日本のことを「黄金の国ジパング」と表現したが、もしかして「22世紀の日本」を予見していたのかもしれない。何しろ、日本の建物はすべて黄金で作られている…などと述べていたのだから。

 


最近の記事はこちら

「地球は生きてるんだ!」と、噴火は続く

今年4月、またまた「西之島」が再噴火した。2013年11月に噴火を始めて、2015年11月にいったん沈静化、これで収まるのかと思いきや、2017年4月に再噴火、現在も噴火継続中であり、島は少しづつ大き…続きを読む

「宝石」には“念”が宿っている

大昔、王侯貴族は好んで宝石を身に付けた。その典型がツタンカーメン像だ。彼らは、もちろん、宝石に光り輝く財宝としての価値を見出していたからだが、それだけで常に身に付けていたわけではない。古代において、宝…続きを読む

子供たちが“女性となった”「父」を祝福する?

世の中、最近、面倒になってきている。「父の日」は、性転換して女性となった父親にも“その権利?”があるらしい。海外の話題だが、性転換して女性となった父親が、二人の娘たちから「父の日」を祝福されている写真…続きを読む

日経平均2万円は「最初の通過点」

昨日、久しぶりに日経平均が2万円を超えた。これまで何度か超えているが、どうもその後がいただけない。ドル円相場が不安定なので2万円台を維持できずにいたのだ。日本株の場合、どんなにアメリカ株が上昇しても、…続きを読む

狙われたミンダナオ島

6月17日、フィリピンの南部ミンダナオ島に「戒厳令」が出された。過激派組織「イスラム国」に忠誠を誓うフィリピンの武装組織「マウテグループ」と治安部隊との間で戦闘が激化しているからだ。報道によると、マラ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.