今日の迷言・余言・禁言

たくさんの「お宝」が眠る国

あまり大きなニュースとなっていないが、6月5日、日本の海洋研究開発機構は房総半島の沖350キロの海底から「一つのお宝」を引き上げた。これは、もちろん“一つのサンプル”として引き上げたもので、詳細な確認・研究はこれからなのだが、希少金属であるコバルトなどを豊富に含む資源の断片で、専門的には「コバルト・リッチ・クラスト」と呼ばれる。コバルトは工業製品に使用される高価で貴重な資源なのだ。深海3200メートルの地点から引き上げられた“お宝”は厚さ13センチもあって、これは稀な厚さらしい。この“お宝”の広がりは東京23区の1.5倍の領域というから、広大な資源が日本の領土内に眠っているということになる。なにしろ“海を合わせて測る”日本の領土は広い。世界第6位なのだ。だから“日本の国土”は狭いのだが、“日本の領土”は意外なほど広いのだ。そして、その海底には“お宝”が山ほど埋まっているのだ。だから、今から百年後、多分、もう誰も生きていないだろうが、その頃になると日本は“大金持ちの国”になっているかもしれない。われわれは少し生まれるのが早すぎたのだ。海底油田は1000億バレル(700兆円分)もあるらしいし、“燃える水”とも呼ばれる「メタンハイドレート」は100年分も眠っている。まだまだ調査によっては“お宝”が今後続々と発見されてくる可能性もある。かつてマルコポーロは、日本のことを「黄金の国ジパング」と表現したが、もしかして「22世紀の日本」を予見していたのかもしれない。何しろ、日本の建物はすべて黄金で作られている…などと述べていたのだから。

 


最近の記事はこちら

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.