今日の迷言・余言・禁言

“たった一人の役割”が何よりも大切

最近、女性でありながら“社会的に確かな地位・役職”を得ている人に注目が集まりがちである。マスコミもこぞってそういう人たちを紹介しがちだ。もちろん、女性が注目を浴びるのは良いことだし、社会的に活躍する女性の活き活きとした姿は、或る種“手本”として見習うべき部分も多い。けれども、世の中には“そういう人”ばかりがいるわけではない。むしろ、そういう人は“ほんの一握り”でしかない。多くの女性は“総活躍”とは無縁の中に居る。まだまだアルバイト・パート・契約社員になることさえ難しく、専業主婦になれるのでもなく、どこにも属せず、宙ぶらりんな状態で、世間の片隅で“凡庸と生きている”人の方が圧倒的に多いのだ。つまり“華々しく活躍している女性”など、実際には“極めてまれな存在”であることも把握しておかなければならない。では、そういう人たちには“活躍の場”はないのだろうか。とんでもない。そういう人の方が“実際には必要とされている”場合が多い。ただし“華やかな仕事”ではない。華やかではないが、その人にしかできない役割、つまり“たった一人の役割”があるからである。時にそれは、“恋人としての役割”の場合、“妻としての役割”の場合、“母としての役割”の場合などのことも多い。これらは“代役が利かない”からだ。或いは、世間的には“評判がよくない”かもしれないが、俗にいう“お茶を淹れてくれる女性”として、“コピーを取ってくれる女性”として…パート社員として雇われているかのような形も、実はその女性以外だと“今一つ”という場合もある。つまり、本人にとっては“不本意”かもしれないが、そういう意味で“たった一人の役割”を担っている場合もある。私が尊敬していた女性占い師の方は“指名されての占い業務”よりも、“孫のお守り”を常に優先していた。彼女は笑って「占いなんて誰でも変わりはできるけど、孫のお守りだけは私でなきゃダメなの」と言い放っていた。「でも先生を指名されているんですよ」若かった私は、思わず口をはさんだ。「大丈夫、ここに大先生がいるから」彼女は、私を指さして、そういわれ、悠然と帰って行かれた。


最近の記事はこちら

神の館で「心の衣裳」は剥ぎ取られていく

近代に入って世界的にじわじわと勢力を拡大しつつあるのが「イスラム教」という宗教である。一日5回の厳格な礼拝義務を課すこの宗教が、ITが普及した現代でも受け入れられているのは奇妙な気もするが、一つだけ“…続きを読む

「くじ」で決まった“落選”が覆される⁉

人には“運不運”というものが有る。その象徴ともいえるものが「くじ運」だ。もし「くじ」で“その職業”を失ったとしたら、あなたは黙っているだろうか。松浦千鶴子氏は黙っていなかった。昨日、選挙管理委員会に対…続きを読む

「悪い予感」が的中した話

書こうか書くまいか、私には珍しく迷った。けれども、もう20年も前のことなので“懺悔”的な意味も含めて書くことにした。先日、パリのノートルダム寺院が焼けたが、あの映像を見ていて、私には何故か20年前の“…続きを読む

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

ジェドカラー「貴族の墓」は“大発見”の予兆か⁉

4月13日エジプトのサッカラで、今から4400年前のものとみられる「貴族の墓」が報道陣に公開された。古代エジプト王朝で言えば第5王朝の時代のもので、ギザの大ピラミッドで有名な「クフ王のピラミッド」から…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.