今日の迷言・余言・禁言

ちょっと恥かしい「現金200円」の恐喝

多分だが茨城県警はこの事件を公表する時ちょっと気恥ずかしかったに違いない。なぜなら事件は「現金200円の恐喝事件」であり、それも無職の41歳の男と13歳の中学生の間で「大人をなめんじゃねぇ」といって脅し取った事件だったからだ。おそらく無職の笠島英幸(41歳)にとっては、自分より“ひ弱そうな相手”なら誰でも良かったのだ。要するに“脅し取れそうな相手”なら、誰でも良かったのだ。そして、それくらい、彼は切羽詰まっていたに違いない。相手が中学生であることは見ればわかる。普通なら、中学生であれば現金などそんなに持っていないことは解かりそうなものである。同じ“ひ弱そうな相手”を択ぶなら、まだ老人の方が良かっただろうに…と思われる。老人であれば、もしかしたなら同情して“黙ってお金を渡してくれた”かもしれないのだ。ところが、この中学生は確かに“ひ弱”だったが、現金を持ち合わせていなかった。だから笠島容疑者から「千円ちょうだい」といわれた時、無いよ、と応えたのだ。大体、見ず知らずの男から「ちょうだい」といきなり言われて差し出す者もいないと思うが、それに、恐喝するのであれば、もう少し“恐喝らしい言い方”「おい、財布出せ」とか「おい、小僧、千円よこせ」とか、もう少し“言い方”があると思うのだが「千円ちょうだい」と子供のように言われても、なんか出しにくい。そこで、無いと応えた中学生に対して笠島容疑者は「大人をなめんじゃねぇ」とすごんで見せたのだ。そこでヤバいと思った中学生は財布を出して「200円なら…」と、その中に入っていた200円を手渡した。一瞬、男はその金額に戸惑ったような表情を浮かべたが、2枚の硬貨を握りしめると疾風のように走り去ってしまった。中学生はすぐコンビニに駆け込んだ。脅し取られたのがコンビニ駐車場前での出来事だったからだ。店員さんがその場で110番通報してくれた。やがて防犯カメラの映像から犯人が割れ、それから一日経った昨日、逮捕となったのだ。ちなみに「恐喝罪」は金額には関係していない。200円でも“立派な犯罪”なのだ。ただ警察発表の場では妙に静まり返る…とは思うのだが。


最近の記事はこちら

64%が「婚活」の“出逢い”を休止

最近の調査によると、近年の“成婚者”の場合、4人に一人は「マッチングアプリ」などの“婚活サービス”を利用しているという。そういうものを活用する方が「結婚」に到達しやすい時代に入ったということだろう。正…続きを読む

「美白」に反応し過ぎる差別感覚

われわれ日本人にとっては“「白」=「美」”という感覚には、どうしてもならない。元々「白」の方が「黒」よりも“美しい色”という観念が存在していないからだ。例えば同じ日本人でも、沖縄に暮らしている人は北海…続きを読む

「モンブランの氷河」が溶け出したら…

「予想しにくいこと」というのが世の中にはある。アルプスの最高峰であるモンブランの“氷河が溶け出す”という現象も、現実にはなかなか予想しにくい。けれども、実際にもう“溶け出して”いるらしい。「地球温暖化…続きを読む

「透明な壁」の時代なのか

昨日、久しぶりに人と逢わなければならず、カフェとレストランへ行ったが、その両方で各テーブルごとに「透明な壁(アクリル板⁉)」が置かれていた。カフェの方は丸くオシャレな感じのもの、レストランの方は四角で…続きを読む

「日本の母」から「我が児の母」へ

人生において、人はときどき「方向転換」をする。それは“意識的”に行われることもあれば“無意識的”に行われることもある。私は、この人は多分“無意識”にそれを行ったのだと思う。つまり「日本の母」になること…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.