今日の迷言・余言・禁言

どっちもどっちで“お似合い”なのだが…

中国は世界的に見ても珍しいほど男女比の出生比率が歪んでいる国である。男性の方が圧倒的に多いのだ。したがって、結婚は“女性優位”の社会となる。その結果、男性は高学歴+高収入でなければ中々結婚できないというケースが多い。逆に女性の方は“選び放題”なので、条件がやかましい。最近、ネットに投稿された女性からの相談は、そういう近年の“中国らしさ”を象徴するものとして注目を浴びた。相談者の女性は、昨年の夏、友人から一人の男性を「お見合い相手」として紹介された。32歳だという男性は、高学歴・高収入で、その点では申し分なかった。そこで交際が進み、めでたく「婚約」へとこぎつけた。ところが、その“婚約記念パーティー”の席上、一つの事件が起こった。いつもと違っていた髪型で婚約者が“極端な薄毛”で、彼女と会っているときには常に“かつら”を常用していたことがばれたのだ。女性は人前で「ハゲ」を許すことが出来なかった。「薄毛は子供に遺伝するので、あなたとは結婚できない」と婚約を破棄したのだ。多くの人前で“婚約破棄”を宣言され、しかも“身体的な屈辱”まで遭わせられた男性側も怒った。これまで彼女のために使用した“交際費40万円”の返金を迫ったのだ。男性側は応じなければ法廷に持ち込む準備をしているという。中国では20年位前までは“外見的なもの”を結婚の条件にする女性はほとんどいなかったのだが、近年、欧米化(?)して“外見”の重要度が増しているらしい。それにしても、いろいろな意味で“中国らしい”話題である。近年、日本でも復活しつつある“お見合い”だが、中国では昔の日本のように、親や親戚が子供たちの結婚に熱心である。特に女性側は、男性側の“条件”を吟味する傾向が顕著だ。そして興味深いのは“性格”や“人柄”や“相性”などは“二の次”だと考える。一方の男性側も、いざ結婚できないとなると、すぐに“お付き合い”の値段をはじき出そうとする。何かが違うような気がするのは、日本人だからだろうか。“薄毛”だけで婚約を取りやめる方もに唖然とするし、交際に使った“金を返せ”と要求する方にも唖然とする。或る意味で、どちらも“人柄”などは度外視で、“思いやり”にも乏しい。つまり“共通項”が多い。もし、結婚したなら案外うまくいきそうな気がするのは、私だけであろうか。


最近の記事はこちら

「歴史」は創るものではなく、出来上がるもの

「貿易戦争」という言葉が一般化してきた。昨日、中国では“世界フォーラム”が開かれたが、その中で楊潔氏は「中国は貿易戦争を望まないが、恐れもしない」という表現で、アメリカとの対決姿勢を前面に打ち出した。…続きを読む

セブン&ローソン「居酒屋」を兼ねる⁉

7月17日から「セブン―イレブン」では店頭で“生ビール”を発売するそうだ。レジ横にビアサーバーが設置され、Sサイズ100円、Mサイズ190円也の“生ビール”を販売するらしい。もちろん、会社帰りのサラリ…続きを読む

「命のロウソク」は売っていないのに…

東京江戸川区の住宅で13日の夜、練炭による“集団自殺”の可能性が高い5人の死体が発見された。おそらく、この家の持ち主が“自殺志願者”たちを道連れにして集団自殺を図ったと思われる。今のところ、男性一人、…続きを読む

美穂は「黄金期」を再来できるか

丁度、80年代から90年代にかけて日本の“バブル期”と重なっていたのがフジテレビの“黄金期”だった。そのフジテレビが“復活”を目指すべく“白羽の矢”をたてたのが女優・中山美穂氏である。確かに、89年「…続きを読む

「死後」も“お騒がせ”しております⁉

よく“生前”いろいろとトラブルを起こしていた人物が亡くなった時「これでようやく穏やかな日常が過ごせるね」等と親戚たちが話しているのを耳にする。ところが、世の中には“死んでから”もトラブルを起こし続ける…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.