今日の迷言・余言・禁言

なぜ「宇宙人」はつまらなくなったのか!

たまに“70年代”や“80年代”の「オカルト」を懐かしく感じることがある。もちろん、現在でも“その手の話”は山ほどあるのだが、あの年代のような“輝き”は感じられない。昨日も、西暦6491年の“未来惑星”からやって来たと自称するジェームズ・オリバーなる人物(?)が、オカルト系ユーチューブチャンネル「APEX TV」に出演。ぼかしを加えた“地球人的容貌”で、ウソ発見器もクリアした話をあれこれと語るのだが、いまひとつ面白くない。なぜだろう。どうせなら、思いっきり“宇宙人っぽいメイク(?)”で登場してほしかった。70年代から80年代のあの頃、宇宙人関連のニュースにはどれも“真実味”があった。そう、あれは“真実味”であって、“真実”である必要はない。今回のように、明らかに“嘘くさい話”など聴きたくないのだ。あの頃、よく聴いた話の一つに「身体に何かを埋め込まれた」というのがあった。実際、私の占いの生徒さんにも、身体に何かを埋め込まれて、それを病院で出してもらった…という方がいた。その方は、宇宙人からのメッセージも自動書記で書いたらしいが、自分では全く読めない文字が自分自身の手でするする書き込まれていくのはとても怖かったと話していた。確かに、私自身も十代半ばに自動書記現象が起こり、手相図を次々と書き始めた。止めようと思っても止められない。鉛筆の芯が折れても次々と書いて行こうとする。あれは本当に怖かった。なぜ、あのような現象が起こったのか、今でもよく分からない。多分、自己催眠の一つではなかったか…と勝手に納得している。なぜなら、その前日に何度も何度も「こういう手相になりますように…」と神に祈りながら、寝たからだ。そう言えば一時期、自分の掌に「手相を描く」というブームがあったが、あれと同じようなことを何十年も前に“眠りの前”に行っていたのだ。ただ実際に描くのではなく、頭の中で“描いて”いた。そうしたら、その思いが強すぎたのか、勝手に自動書記現象が起こってしまったのだ。今回のジェームズ・オリバー氏も、きっと“未来に行くこと”を願いすぎて、あのような“失敗作”となったに違いない。


最近の記事はこちら

同じ“不満”を感じさせないために…

最近は仕事では滅多に札幌から動かない。その私が珍しく動いた。あまりにも熱心に天童春樹先生や天晶礼乃先生から何年もの間、大阪で“占いの講習会”を開くよう勧められたからである。まあ、ハッキリ言うと断り切れ…続きを読む

子供たちは「わるもの」の正体を知っている

新日本プロレスのエース・棚橋弘至氏が主演する映画であることは知っていた。その内容も、棚橋選手が“悪役レスラー”として登場する映画だということも知っていた。ただ、その原作が人気絵本の『パパのしごとはわる…続きを読む

15人のうち「7人の癌(がん)」が消えた!

さまざまな分野で“奇跡の療法”と呼ばれるものが存在する。正式な“医学療法”もあれば“民間療法”もある。ただ、どちらの療法にしても人によって“合う・合わない”はあって、誰にでも“確実に効く”と言う療法は…続きを読む

「宥恕(ゆうじょ)」で“新しい人生”が始まる

永年、日本人をやっているが、時々、未だに“知らなかった言葉”に出くわして面食らうことがある。今回は「宥恕=ゆうじょ」だ。決して「遊女=ゆうじょ」ではないので、念のため。さて「宥恕」とは何だろう。辞書に…続きを読む

「日本の自由」は“素晴らしい国”の証

9月18日発売『新潮45』10月号の特集では、8月号で問題となった自民党・杉田水脈氏の論文《「LGBT」支援の度が過ぎる》に対して、擁護する趣旨の論文を掲載。《そんなにおかしいか「杉田水脈」論文》とし…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.