今日の迷言・余言・禁言

なぜ日本と中華圏の「正月」は異なるのか

毎年、この時期になると中国の「春節」が話題になる。実際、今年は1月27日から2月2日までの7日間、中華圏では「春節」による“正月休み”となって国内外に旅行者が溢れ出す。中国人にとって、日本はタイに次ぐ観光国なので大挙やって来るのは間違いがない。日本では「春節」のことを「旧正月」と説明することが多いが、厳密にいえば“太陰暦上の正月”で“旧”ではない。しかも、1月27日からではなく、正確には1月28日からが正月なのだ。まあ「大晦日」を含めて“正月休み”と表現しているのだから、別に間違いではない。日本では明治6年まで中華圏と同じく“太陰暦”を「暦」として日常で使用していた。したがって日本では「旧暦」という言い方になるが、中華圏では現在も使用しているので「旧暦」ではないし「旧正月」でもない。中華圏では「農暦」という呼び方も用いる。農家の方々にとって“役立つ暦”だからだ。日本の文化はアジア圏にありながら“欧米型”が多く、「暦」でも現在は“太陽暦”で、農作業に役立つ“太陰暦”は事実上使用していない。その代わりというべきか、民間暦としての「開運暦」や「運勢暦」の中に“太陰暦”が組み込まれている。ちなみに「立春」や「春分」などの“24節気”と“太陰暦”とは何の関係もない。勘違いしやすいのだが“24節気”というのは“太陽暦”の一種なのだ。“太陰暦”とは文字通り“お月様の形に基づく暦”のことで、ちなみに明日は“元日=1日”なので“月が見えない新月”となる。中華圏の占い師の中には、この「春節」からが“新しい一年”であると主張してやまない人たちがいる。確かに“太陰暦上の新年”であることには違いない。けれども厳密には「春節」という表現自体が間違いなのだ。よく日本の占い師で「立春」からの“一年”を、“旧暦上での一年”とか、“太陰暦上での一年”とか、初歩的な間違いを真顔で述べている方がいるが、あれも違うのだ。あくまでも「立春」は“24節気=太陽暦”による区分であり、それでいながら中国で3000年以上も前に確立されていた“本来の春節(節気による区分)”なのだ。


最近の記事はこちら

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

「貿易戦争」が「仮想通貨」を上昇させる⁉

アメリカから第4弾の“制裁関税”が通告された14日から、中国の外務省はそれまでの「貿易摩擦」という表現をやめ「貿易戦争」という表現に切り替えた。このタイミングに合わせるかのように一気に暴騰したものがあ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.