今日の迷言・余言・禁言

“ひばりが丘”に咲く“やまゆり”の園

タイトルは“美しい情景”を連想させるが、実際には“美しい情景”とは程遠い。入所者19人が殺害された「津久井やまゆり園」仮移転の話だ。このほど施設の建て替えが正式決定し、その仮移転先として横浜市港南区の障碍者施設「ひばりが丘学園」に移ることが決まった。この施設はほぼ同様の施設であり、来年の春には閉鎖することが決まっていて、古いが仮移転先としてはもってこいなのだ。方位学的な話をすると、丁度、南東方位の中央付近に当たる。もし、今月から移動し始めるのであれば、年方位盤も「一白」、月方位盤も「一白」という組み合わせとなる。元々“南東方位”には「信頼回復」の意味があり、一度失った名誉や信用を取り戻すためには“最適の方位”なのである。おそらく無意識に、というかそれ以外には見当たらず、この施設を活用する形になったと思われるが、方位学的には願ってもない選択となった。「一白」には“古い”とか“暗い”とか“安い”とかの意味があって、実際そういう施設なのに違いないが、同時に“情愛が深い”とか“家族的な”とか“細かな気配り”などの意味もある。つまり、入所者たちにとっては“居心地の良い施設”になるに違いない。老人ホームとか、介護施設とか、療養施設とかでもそうなのだが、この種の建物は“新しければ良い”というものでもない。なぜか古くて暗くて安っぽい感じの施設の方を、入所者自身が好んで利用するようなケースが多いからだ。だから、もしかすると真新しい施設を建設するよりも、昔の保養施設とかリゾートホテルとかで閉鎖されたままになっているものをリノベーションした方が本当は悦ばれるのかもしれない。殺人事件で19人もが犠牲となった施設をそのまま使うわけにはいかない。けれども、真新しく変わった時、果たして入所者たちが“居心地良く”過ごしてくれるのかは大いに疑問なのだ。


最近の記事はこちら

“車離れ”は「本当の先進国」になった証拠

“若者の車離れ”に歯止めが掛からない。それを何んとか防ごうと、19日、トヨタは新しく「GR」シリーズを発売すると発表した。スポーツカーブランドを一新することで、低迷が続く国内の自動車販売をテコ入れした…続きを読む

「生前継承」された7代目の“宗教”

先日、テレビで今も継承され続ける「カクレキリシタン」に関するドキュメンタリーが放映されていた。その中で印象的だったのは、現在の指導者が口にした“普通のキリスト教やカトリックとは違う”という発言だった。…続きを読む

甲冑姿の「サムライ」が刀を向ける

近年の歴史・時代物ブームで“古戦場跡”観光というものが盛り上がっている。それ自体は良いことなのだが、その“古戦場跡”の一つ「関ケ原」で全身甲冑姿の「サムライ」が、山頂に続く階段を登りきったところで待ち…続きを読む

「時代について行く」選択は正しいのか

毎日、そこかしこに情報があふれている。無意識にわれわれは、その情報の多くを吸収しながら生きている。それが「時代について行く」という“生き方”である。けれども、本当に、それが“幸福な生き方”なのかどうか…続きを読む

「ノーベル賞の卵」が“非正規雇用”で働く

山中伸弥氏と言えば、謂わずと知れた“ノーベール賞科学者”である。現在は京都大学の細胞研究所所長を務めている。そのHP上に「ご支援のお願い」が掲載された。彼によると、研究所で働く教職員の9割が“非正規雇…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.