今日の迷言・余言・禁言

“ぶざま”な方が、“魅力的”な場合もある

大手生命保険や内閣府の調査によると、20代~40代の独身男性たちが「恋愛」というものに戸惑っているようすが見事に浮かび上がっている。「気になる人がいても、どのように声をかけてよいかわからない」「どうしたら親しい相手と恋愛に発展できるかわからない」「恋愛としての付き合い方がわからない」「正式な恋人として付き合いだすのが何となく怖い」「また昔のようにフラれるのではないかと不安になる」「自分には魅力がないと思う」いずれも、多数を占めている回答だ。この中でもっとも多かったのは「自分には魅力がないと思う」という回答で、ほぼ3割がそう思っている。“自分の魅力”なんて、そもそも自分自身にはわからないのがふつうである。それをどうして「ない」と決めつけるのだろう。それは多分“男性の魅力とはこういうものだ”という思い込みがあるからだろう。異性の魅力とは、本質的に“きちんと説明できる”ようなものではない。なぜなら本当は“何となく”理屈ではなく“惹かれていく”ものだからである。少なくとも、本当の恋愛とはそういうものだ。だから、最初から「自分には魅力がない」と決めつけるのは、勘違い以外の何物でもない。まあ「自分は魅力的だ」と思い込む必要もないが、もしかしたら“一部の人”にとって“魅力を感じさせる部分”があるかも…と思っているくらいが丁度良い。大体、恋愛とか結婚とかは、本来は“ただ一人の相手”と行うもので、大勢と行うものではない。だから、極端な話“一人の人”だけに魅力が伝われば、それでよいのである。何故“多くの人達”を対象としているような意識や感覚を持つのか。それに女性と違って、男性は“ぶざま”な方が魅力的に見える場合もある。例えば、泥だらけになりながら仕事をしているとか、汗だくで走り回っているとか、誰よりも一生懸命なのに仕事がのろいとか、誠実だけど上手に会話できないとか、仕事以外のことは何も知らないとか…それぞれが“魅力的に映る”場合がある。“ぶざま”だからこそ輝く魅力もあるのだ。


最近の記事はこちら

「得体のしれない国」が周りを取り囲む

中国の広東省で大規模な“偽札づくり”が摘発された。何んとその金額が214,000,000元(日本円にして37億円)に達するらしい。これはどう考えても本格的な“紙幣づくり”であり、組織的な作業に違いない…続きを読む

「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」

アラビアの格言「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」ほど、真実をついた言葉はない。誰もが悩みながら生きている。文春報道を受けて、小室哲哉氏が引退を表明した。その会見は“苦悩”に満ちていた。私も、妻…続きを読む

「ユーチューバー」が消えていく

グーグルは16日、傘下に抱える動画投稿サイト「ユーチューブ」に対し“新規約”を設けると発表した。これまでは動画の“再生回数”を基準として評価していたのだが、今後は“チャンネル登録者数”と“年間視聴時間…続きを読む

「孤独担当相」は、日本にこそ必要

英国のテリーザ・メイ首相が18日「孤独担当相」という新たな“任務”を新設、政務次官だったトレイシー・クラウチ氏にそれを要請した。メイ首相は「高齢者や介護者、愛する人を喪った人、話し相手のいない人々が直…続きを読む

窓のマークが「謎」を解く鍵?

アメリカのカリフォルニア州で17歳の少女が警察に助けを求めて発覚した事件。自宅に13人の子供たちを“監禁・虐待した容疑”で、1月14日、その家の父親と母親とが逮捕された。自宅に2歳~29歳までの自分の…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.