今日の迷言・余言・禁言

まじめな“親子”は一緒に“穴掘り”

周辺の人達や仕事関係者たちから一様に「まじめで親切」と評価されていた“親子”が殺人遺棄をした。おそらく息子が妻を殺して母親に打ち明け、母親がそれを隠そうとして自宅の庭に、二人で“死体を入れるための穴”を掘ったに違いない。母親は「行方不明にしよう」と提案したのだ。まじめで母親の言うことに従う息子は警察に“行方不明届け”を出した。3月4日に妻と一緒にドライブ中、口論となって妻が勝手に車から飛び出し、そのまま行方不明となった…と夫は説明していた。こういう場合、普通はその説明をそのまま記述し、“行方不明届け”は成立する。ところが、千葉の警察署はなぜか今になってその時の状況を洗いなおして“防犯カメラ”で確認をした。今のところ、なぜ4か月も経ってから、このような捜査が行われたのかは表に出ていない。とにかく防犯カメラで「妻が勝手に車から飛び出した」と述べた付近を徹底的に調べたが、夫の車は確認されたが妻の姿は映っていなかったのだ。こうして“行方不明”で済むはずだった警察への届けは、一転、疑惑の人物へとすり替わった。18日になって観念した夫は実家の庭に妻の死体を運び埋めたことを供述、即刻、現場検証が行われ、供述通りに敷地内から遺体が出現。夫に提案したと思われる母親も同時に逮捕となった。夫は「妻の性格が我慢ならなかった」と犯行動機を述べているらしい。それならば“離婚”という方法があったと思うのだが、どういうわけか「殺すしかない」という気持ちに至ったらしい。私にはまじめだった母親と息子とが、深夜一緒に“穴掘り”をしている姿が何とも哀しい。


最近の記事はこちら

「自由&平等」は「責任」の元に与えられる

何かが違う。そんな“違和感”をおぼえるのは私だけなのだろうか。全国各地の“同性カップル”が2月14日に国を相手取り“損害賠償”を求めて一斉提訴するというのだ。つまり、同性婚を認めないのは憲法が保障する…続きを読む

長寿「113歳の顔」の特徴

男性としては「現存する世界最高齢」と昨年ギネスで認定されたばかりの足寄町の野中正造氏が亡くなった。1905年7月25日生まれなので享年113歳だった。前日までは元気にしていたらしい。これこそ“大往生”…続きを読む

本人よりも詳しい「オタク」がいる⁉

最近はどういう分野でも“熱烈ファン”や“追っかけ”や“マニアックなオタク”がいる。そして、それらの人は、その人物のあらゆることを知っている。時には、その本人よりも“詳しく知っている”こともある。驚くべ…続きを読む

ホロスコープは「真実」を告げるか

私は、或る程度、どういうところでは何か書くか、何となくだが決めている。そして、ここでは基本的に「占い」を真正面から扱うことはほとんどしないのだが、今日は“どうでも良いニュース”が多かったので、たまには…続きを読む

「竜宮の遣い」出現は“幸運”?“災い”?

「リュウグウノツカイ(竜宮の遣い)」と呼ばれる“深海魚”をご存じだろうか。深海魚であるから、滅多なことでは姿を現さない。体長が3m以上ある太刀魚に似た体形の奇妙な魚類である。昨日、舞鶴市の沖合でこのリ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.