今日の迷言・余言・禁言

みんな「惨め」をさらして生きている!

昨年11月、両親を溺死させたとして一人の女性が逮捕され、先頃、懲役4年の判決を受けた。実際には親子三人で利根川に飛び込み、無理心中しようとしたのだが、自分だけ“生き残ってしまった”結果の判決だった。母親が81歳で認知症とパーキンソン病を患い、10年以上も献身的に介護し続けてきた娘の決断だった。先に言い出したのは父親の方で、それまで新聞配達の仕事を真面目に続けてきたが体調を崩し、仕事ができなくなり、生活に行き詰った。47歳の娘は父親の“提案”に即応じた。もう疲れていた。死の直前、生活保護を受けようと市役所に出向いたが、生活事情をしつこく問われて、申請は出来たのだが“惨めさ”に我慢ができなくなった。そう何度も法廷で「惨め」という言葉を使った。彼女を“死に駆り立てた”のは、その気持ちが一番だった。車で飛び込む直前、父親が「あっちゃん、ごめん」と背中で言っていたという。多分、父親も“惨め”な気持ちでいっぱいだったのだろう。彼女に“間違い”があるとすれば、それは「惨め」なのは彼女だけではない、本当は“みんな惨め”で、辛くて、悔しくて、明日が見えないんだけど、でも、だけど、どこかで“ちょっとだけ楽しいこと”もあるから、もしかしたら、明日は“もうちょっとだけ良いこと”あるかもしれないから、生きている。半透明な過去を引き摺り、本当はだれでも「惨め」をさらしながら、素知らぬ顔で、生きている。


最近の記事はこちら

「宝石」には“念”が宿っている

大昔、王侯貴族は好んで宝石を身に付けた。その典型がツタンカーメン像だ。彼らは、もちろん、宝石に光り輝く財宝としての価値を見出していたからだが、それだけで常に身に付けていたわけではない。古代において、宝…続きを読む

子供たちが“女性となった”「父」を祝福する?

世の中、最近、面倒になってきている。「父の日」は、性転換して女性となった父親にも“その権利?”があるらしい。海外の話題だが、性転換して女性となった父親が、二人の娘たちから「父の日」を祝福されている写真…続きを読む

日経平均2万円は「最初の通過点」

昨日、久しぶりに日経平均が2万円を超えた。これまで何度か超えているが、どうもその後がいただけない。ドル円相場が不安定なので2万円台を維持できずにいたのだ。日本株の場合、どんなにアメリカ株が上昇しても、…続きを読む

狙われたミンダナオ島

6月17日、フィリピンの南部ミンダナオ島に「戒厳令」が出された。過激派組織「イスラム国」に忠誠を誓うフィリピンの武装組織「マウテグループ」と治安部隊との間で戦闘が激化しているからだ。報道によると、マラ…続きを読む

奇跡は“二度”起こらない

時々“奇跡的生還”という言葉が使われる。実際、神秘としか言いようがないような“奇跡”によって、死を免れる人たちが稀に居る。彼カーク・ジョーンズ氏もそういう一人だった。彼は2003年、一つの「挑戦」とし…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.