今日の迷言・余言・禁言

もう一度「卑弥呼」の時代が来る⁉

「卑弥呼」が神武天皇以前の我が国の統一国「邪馬台国」の統一者であったことは誰でも知っている。そして「魏志倭人伝」によれば、卑弥呼は女王であり、占いや呪術によって国を治めていた。卑弥呼が頂点にあった時代、古代日本である「邪馬台国」は平和で統一がとれていたが、やがて卑弥呼が亡くなると混乱を極めた。これは中国側から見た日本(邪馬台国)の姿であるが、それ以外の記録がないので、大方の歴史的事実を含んでいるのに違いない。昨日、政府は新しい元号を「令和」に定めた。この「令和」の語源は「万葉集」であるという。けれども、多くの識者は、その“字源”については語ろうとしない。字源とは元々の“文字の成り立ち”のことで、古代中国の“甲骨文字”にその原点がある。その字源から見ると「令」という文字は、その上部が「シュウ」と読み、“天の気”と“地の気”を合わせた儀式斎場の形、その下部が「セツ」と読み、人が膝を折り曲げて祈りを捧げる形、合わせて「天」から啓示された「声」を民衆に発布すること、を暗示した文字なのである。早い話が、卑弥呼が行っていたのと同じような形式で“政(まつりごと)”をつかさどっていくことを意味した文字なのだ。「和」の文字はどうかというと、左は「軍門」の形、右は「祭器」の形、合わせて「平和協定」などを納めた公文書、を暗示した文字なのである。したがって「令和」とは字源的に見ると、卑弥呼のような神聖呪術に基づく統治を行うことで平和を保っていく時代、と読めるのである。政府見解とはかなり異なる。もし、このような字源的な解釈が当てはまるなら、妖しい女王が出現しなければいけない。もっとも、通常、物語などに出てくる卑弥呼は美女のように描かれているが、実際には「魏志倭人伝」で述べられている卑弥呼は高齢であって、一言で言うなら「妖しい婆さん」だったのだ。確かに、巷には時々「妖しい婆さん」としか言いようのない占い師や祈祷師がいる。そういう婆さんに限って、金満家の会社経営者を信者として抱えていたりする。したがって、早急に“そういう婆さん”を探し出し、国政に担ぎ出さなければいけない。本当か⁉ どうも、日本人は、自分たちの祖先が「妖しい婆さん」にかしずいて生きてきた国民であることを忘れがちである。誰だ「卑弥呼さまー‼」って叫んでいるのは…。


最近の記事はこちら

習近平&トランプ「暴露本」で、勝つのはどっち⁉

アメリカと中国の貿易戦争が“休戦中”の今、にわかに注目され出したのが「習近平氏の暴露本が出る」という話題だ。もちろん、中国ではなくてアメリカで出る。元々は2015年に香港の銅羅湾書店というところから出…続きを読む

眼が“斜め型”女性の「危険なアルバイト」

一般的な日本人にとって「爬虫類」は“怖い生き物”、或いは“気味の悪い生き物”の印象が強い。私は爬虫類でなくても動物は苦手だが、そういう“生き物”を怖がらない人たちもいる。彼女の場合も、おそらくそうであ…続きを読む

男性社員たちの「奇妙な追悼」の違和感

ときどき私には「理解不能」としか言いようのない出来事が“芸能界”では起こる。例えば過日亡くなった芸能事務所社長・ジャニー喜多川氏に対して、その所属していたタレントたち、要するに男性社員たちなのだが、そ…続きを読む

「優秀な外人」と「粗悪な外人」に挟まれながら…

昨日、今後の日本を考える上で貴重なデータが公表された。十年連続で人口減となったが、その比率は徐々に拡大している。つまり「少子化問題」は待ったなしなのだ。そこでというわけでもないのだろうが、外国人の比率…続きを読む

「アイドル」で“失ったもの”は、もう戻らない

「或る朝、眼が覚めると、僕は有名になっていた」とは詩人バイロンの言葉だが、似たような雰囲気で日本のアイドル達も誕生していく。それは或る意味で、夢見る少女たちにとって“シンデレラ物語”のように魅惑的であ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.