今日の迷言・余言・禁言

もう少しだけでも良いから…

人は窮地に陥って解決の糸口が見いだせないとき「もう少しだけでも良いから…」という願いを“神・仏に対して”抱きがちです。普段、信仰心など持たない人であっても、どうしようもない窮地に追い込まれ、解決の手段が見いだせないとき、人は無意識に“祈るような気持”を抱くものです。けれども多くの場合、その願いが聞き入れられることはなく、がっくり肩を落とすケースが多いものです。果たして、神仏は存在していなかったのでしょうか。どんなに訴えても、どんなに願っても、神仏は“黙ったまま”です。直接的には、何もしてくれません。人はそういう時、そこに「運命」を見るのです。神仏は見えないけれど、巨大な姿で行く手に立ちはだかっている「運命」を見るのです。人が本当に「運命」を受け入れるのは、そういう時なのです。つまり、神仏さえ見えないときに、嫌いなのに、どうしようもなく嫌いなのに、そこに黙って待っているのは、何となく知っていた、見たこともないのに感じて知っていた「運命」の姿なのです。そうして、人は「運命」と向き合い、しみじみと向き合い、丁度、犯罪者が無言で護送車に乗り込むように「運命」と肩を並べるのです。人はこうして“生まれる”ということの不思議さを知るのです。人間の力ではどうすることもできない「運命」を見せつけられ、“生きる”ということを知るのです。生きていくことの“哀しさ”を知るのです。生きていくことの“逞しさ”を知るのです。「運命」こそ、もしかしたら“神・仏”そのものの姿なのかもしれません。


最近の記事はこちら

『この占いがすごい!2018年版』は300頁以上のボリューム

私の本はそれでなくても“ぎゅうぎゅう詰めの本”が多く、一般書籍の文字量からすると多めに構成されている。もっとも編集レイアウトが上手く整理・工夫されているので、読みにくくはない。本来であれば、二冊に分け…続きを読む

もう漢字一文字の時代ではないのかも…

今年の漢字一文字は「北」となったそうだが、誰もが感じているように、いまひとつピンとこない。そのせいかどうか知らないが、さまざまな人達が自分にとっての今年を漢字一文字で公表している。昨日、離婚が正式合意…続きを読む

「ふれあい」で“地位”も“名誉”も失う時代

いつからだろうか。「ふれあい」が「セクハラ」という言葉に変わったのは…。もはや優しく抱きしめるとか、肩を抱き抱えるとか、そっと頭を撫でてあげるとか…そういう行為も、みんなみんな「セクハラ」にされて、職…続きを読む

「♪心ひとつで…」大寒気に襲われる日本

どっかで聞いた気もするけど、よく知らない言葉の一つ「ラニーニャ現象」。海流と大気の状態から、今後一年、日本全体が低温化する可能性がある現象がペルー沖で発生したらしい。まずい。寒いのは困る。それでなくて…続きを読む

自らの「終活」に入った明石家さんま氏

18日に放映されるNHKの音楽番組で、タレント明石家さんま氏が元妻で女優の大竹しのぶさんを“禁断ゲスト”に招き、二人でトークやデユエットを行ったという。別の局だが、最近、明石家氏は単独トーク番組で“真…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.