今日の迷言・余言・禁言

もう33歳になっていたなんて…

歳月は早い。本当に早い。それを奇妙なことから実感することがある。今日は“マイクを置いて”結婚し、完全に家庭に入った歌手・山口百恵さんの長男が、もう33歳になっていたことを知って愕然とした。まだ20代半ばくらいに思っていたからだ。それが、もう33歳。“山口百恵の息子”から“歌手・三浦祐太郎”に変わって当然の年齢だった。7月に母親の名曲だけをカバーしたアルバムを出したらしい。「いい日旅立ち」とか「秋桜」とか「イミテーションゴールド」…確かにどれも懐かしい。昨日の音楽番組では、珍しく父・三浦友和氏もコメントを寄せていたという。母親と父親の後押しも受けながら、歌手・三浦祐太郎が“かつての名曲”を復活させる。絵に描いたような「二世タレントの形」ではある。けれども、それで多くの人達が共感し、日本人の魂を揺さぶることが出来るなら、それはそれで“歌手・三浦祐太郎”の役割であり、使命なのだと割り切る方が良い。実際、彼のホロスコープでも、月と水星と金星とが0度で一体化し、その180度向い側に“復活の神・冥王星”が居て、その地点に現在トランジット(移動中)の天王星がアスペクトを投げかけている。つまり“伝説の歌姫”の息子は、かつての名曲を“蘇らせる役目”を出生時の時から担っていたのだ。けれども、彼はもちろんそんなことは考えたこともなく、名前を隠して音楽バンドの道に入り、歌手デビューした。けれども、母親のようにスターにはなれず、やがて映画デビューもしたが父親のようにスターにはなれず、結局、いつの間にか「いい日旅立ち」へと辿り着いた。33歳になっていた。そう、私が「もう、そんなに…」と思うほどの年齢になっていた。けれども、この年齢になったからこそ、これらの楽曲が“実感”として歌える。おそらく、母親は“実感”には辿り着かない年齢で歌っていた。歌唱力でそれをカバーしていた。本当は、このくらいの年齢で歌うのが、一番ふさわしい詞や曲なのである。そして、今の日本も、本当はこういう詞や曲をどこかで望んでいる。親子間での“血なまぐさい事件”が多いこの頃、こういう詞や曲の世界を誰もが探し求めているのだ。


最近の記事はこちら

「カジノ」で“勝つ”か“負ける”かの選挙戦

北海道と大阪府の知事選で“勝つ”か“負ける”かの「鍵」を握っていそうなのが「カジノ」である。カジノというのは文字通り“勝ち・負け”を競うところだが、そのカジノ誘致が経済活性化の起爆剤と「噂」されている…続きを読む

不可思議なもの「親の血を引く兄弟」

昔、北島三郎氏は「♪親の血を引く兄弟よりも…」と歌った。実際、世の中には“実の兄弟”よりもはるかに“兄弟的な関係”となる友人・仲間・同僚を持つ人達もいる。特に20代から50代くらいまでの間、血縁者たち…続きを読む

「未来」には“さまざまな選択肢”がある

人は思いつめると「もう、これしかない」という結論に陥りがちなものである。さまざまな事件とか、犯行とかは、そういう時に起こる。世の中には、最初から“犯罪者的素質”を持って生まれている人もいることはいるが…続きを読む

「怖い女たち」を彩ったトプカプの至宝

今日3月20日から六本木の「国立新美術館」でオスマン帝国の栄華を誇った時代の「トルコ至宝展」が開かれている。15世紀から18世紀の時代に使われていたトプカプ宮殿秘蔵の品々が展示されているのだ。どうして…続きを読む

「ネット民」は“敵”か“味方”か⁉

現代は「世間の声」としてのインターネット上の“書き込み”を無視できない時代となっている。時として、それが“幸運をもたらす”場合もあれば、“不幸を引き連れて来る”場合もある。昨日、モデルでタレントの梅宮…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.