今日の迷言・余言・禁言

もはや科学のかけらもない「ホンマでっか」

最近、TV番組「ホンマでっか」が変容しつつある。昔は科学者陣をそろえて、世の中の不思議を“科学的に解明する”番組だった。明石家さんま氏が仕切って、面白おかしく科学の“新常識”を伝える番組として好評だった。ところが、徐々に変容してきて、現在では「科学」はほとんど付け足しになった。科学者たちも一応出演しているが、彼らが解説する時間は短い。実質的にはもはや“科学的な内容”とはとても言えない。その典型が「霊視企画」である。とても一流科学者たちを座らせながら、行うような内容ではない。芸能人のオーラをどうのこうの言うのだが、本来なら、この番組の趣旨からすれば「オーラ判定機」のような機械を用いて写真化すべきものである。そのうえで、このオーラの色からすればどうこうというのであれば、まだ納得する部分もある。それが霊能者まがいの芸人が出て来て「こういう風に見えるので、多分これはどうこう…」といった評価で、しかも、それをランク付けまでする。それらに対して科学者たちは茫然と見ている観客にすぎない。大体、最近は「占い師」でもそうだが、芸人なのか、占い師なのかハッキリしない人物が多い。霊視企画も、芸人としての“お笑いトーク”なのか、霊能者としての“予言トーク”なのか、判然とすべきだ。さらに「イマドキの恋愛事情」では“若い女性達”を集めて、その恋愛観や男性観を述べさせたのだが、これが視聴者から反感を買っているらしい。つまり、今の十代、二十代を「勝手に決めつけすぎている」というのだ。同じように見られたくない、としてクレームが続出しているらしい。若い女性の代表として出演させたのはタレントまがいのSNS上で話題の女性達で“一般女性”とは程遠い。確かにモテる男性の条件として「フォロワー数が多いこと」などと言う条件は、あまりにも特殊過ぎて、一般女性達が「共感できない」と反応してきたのも無理がない。若い世代が、番組制作を行うように変わりつつある中で、TV業界全体がムリに「若作り」し過ぎているような気もする。“万人”を対象としなければならないTVでは、“大多数”が共感できる内容でなければ視聴者が離れていく。


最近の記事はこちら

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

占星学による「死」の予兆

人間にはさまざまな“生き方”がある。それらを批判することは簡単だが、それらから“学ぶ”ことの方が人生には役立つ。昨日、タレントの岸部四郎氏(71歳)が今年8月28日に心不全で亡くなっていたことが公表さ…続きを読む

現存する世界最古(⁉)「金箔天文図」公開

何となく「金箔天文図」などと言うと“妖しく”聴こえて良い。実際に金箔を貼り付けた天文図なのだから「金箔天文図」であるのは間違いがない。そして、現存する天文図としては一応“世界最古”であることも事実だ。…続きを読む

「ノーベル平和賞」って“何”だろう

「世の中」には、“わからないこと”というのがいろいろとある。「ノーベル平和賞」という「賞」もその一つだ。まず、科学的な「賞」と違って、その根拠というのが今一つ解かりにくい。例えば今年度の「ノーベル平和…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.