今日の迷言・余言・禁言

やがて「アラブの王族」は消えていく⁉

あなたは「アラブの王族」に該当しているサウジアラビアにおける人物が、どのくらいの人数なのか、ご存じだろうか。王族であるから、もちろん“現サルマン国王”と何らかの血縁関係がなければならない。われわれの感覚からすると、何十人程度を想定する。ところが違うのだ。15000人を配する。超巨大親族集団なのだ。どうしてそんなに多いのか、一つにはイスラム教のお陰で男性は4人まで「正妻」を持つことが出来る。ここで注目すべきは4人共「正妻」であることだ。そこで何が起こるのかというと、当然のごとくに“権力争い”が起こる。王座を巡る権力争いが当然のように起こる。2017年まで皇太子だったナエフ王子は、その座を現皇太子であるムハンマドによって引き摺り下ろされた。現在、国王はサルマンだが、高齢(84歳)であるため、実質的には多くの権限を皇太子に譲っている。つまり、まだ34歳のムハンマド皇太子だが、実質的にはほぼ国王と言っても良いような状態にある。したがって、その権力は絶対である。つい先頃も、前皇太子ナエフと、現国王の実弟であるアハメドを拘束させた。自分の地位を少しでも脅かしそうな者は容赦しない。そういえば、2年前にはトルコのサウジ大使館内で、ジャマル・カショギ記者が殺害された。彼も、ムハンマド皇太子に批判的だったからだ。現在、世界に猛威を振るっている“新型コロナウイルス”はサウジの王族にも襲い掛かっていて、既に王族の内150人以上が感染したと言われる。王族内で次々と感染者が出ているのだ。或る意味では、あまりにも王族が多過ぎるので自然淘汰されて良いのかもしれないが…。対処としては少し遅すぎたが、3月5日からはメッカやメディナといったイスラムの聖地巡礼は禁止となった。それでも、それ以前にこの“聖地”が集団感染のメッカ(?)となったことは間違いがない。現在、サウジにはもう一つ、頭の痛い問題がある。原油価格の急落だ。今は20ドルを切っている。これではとても“金持国”ではいられない。前にも述べたように、世界的な投資資金も微妙な状態が続く。王族は減っていく、原油は急落する、投資資金は返って来ない、窮地に立たされつつあるのが「アラブの王様」なのだ。


最近の記事はこちら

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.