今日の迷言・余言・禁言

やがて「女性王国」が次々誕生?

混乱が続くイギリスで、次期首相が女性になることが確定した。最終決戦が“女性同士の対決”となったからだ。多くの人は気づいていないが、実は世界で“女性支配”が徐々に進みつつある。ドイツではもちろんメルケル首相が存在感を強めている。アメリカでも次期大統領がヒラリー・クリントンになるだろうことが確実視されつつある。途中まで破竹の勢いだったトランプは、ここにきてどうも旗色が悪い。大企業スポンサーが得られず、資金難なのだ。一説にはクリントンとの間で十倍くらいの差があるといわれる。もしかすると“大金持ちだったはず”のトランプは資金面で無理をし、大統領選に敗れて“無一文になる”などということが起こりかねない。まあ、どちらが大統領になろうと、日本からすれば“歓迎しにくい大統領”だが…。ところで、お隣韓国はご存知、朴大統領で“女性支配の国”だ。どうも世界は、というか“混乱の未来”は「女性王国」で徐々に埋め尽くされていきそうな気配なのだ。そこへ行くと日本は、どうもそういう雰囲気がない。それを察して(?)小池百合子氏が都知事選のほうで“崖から飛び降り”ようとしている。どうして誰も止めないのだろう。怪我をするではないか。日本で“怪我をしそうもない”のは、今のところ一部で「網タイツの女王」とも呼ばれる稲田明美氏くらいしか見当たらない。もちろん東京都ではなく「日本国の女王」になるのだ。“網タイツの女王”の下、男性政治家たちがかしずいている姿こそ、わが「邪馬台国」の未来にふさわしいのではないだろうか。


最近の記事はこちら

懐かしい「逃亡者」の正義感

人は根本的に“あまり変わらない”ものである。私がアメリカのTVドラマ「逃亡者」の日本語放映を最初に見たのは今から50年ほども前のことだ。このTVドラマは全米で爆発的にヒットし、それが日本でも放映され同…続きを読む

あらゆる点で「格差」が悲劇を呼ぶ

九州北部の“豪雨被害”の記憶が冷めやらない中、今度は秋田県が集中豪雨で“狙い撃ち”されている。近年になって、昔に比べて34%も集中豪雨が増えているというデータが公表されたばかりである。明らかに、日本の…続きを読む

ベストセラー作家・波木星龍の誕生?

世の中、暑くなるといろんな人が出て来る…まあ、そういうことで、ここにも一人、暑くなって“ベストセラー作家”になったかのような“勘違い男・波木星龍”が誕生している。「パピルス」という電子書籍店の“今週の…続きを読む

“ヤラセ心霊写真”は「霊」たちに失礼

世の中、一生懸命でも“中々報われない人”と、いい加減でも“スポットライトを浴びる人”とがいる。何も知らずに“TVに出てしまう人”もいれば、いつの間にか“霊に仕立てられてしまう人”もいる。7月19日TB…続きを読む

「偶像」を禁じながら「偶像」しか許さない矛盾

サウジアラビアでSNSにミニスカート姿で街を歩いた動画を載せた女性が逮捕された。イスラム教国でなければ、何ら問題の無い“後ろ姿”の動画である。サウジアラビアというのは、同じイスラム教国でも比較的“原典…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.