今日の迷言・余言・禁言

やさしい女性の「怖いお茶」

「夏場だから水分補給した方が良いわよ」とか「お茶を淹れておいたから飲んでね」とか、いつも優しい言葉をかけてくれる同僚の年上女性…その女性が淹れてくれたお茶は“睡眠導入剤入り”の「怖いお茶」だった。ミステリーじみた話だが、そういう事件が立て続けに起きた。7月11日に逮捕されたのは愛知県で介護施設に働いていた高屋律子(51歳)、7月12日に逮捕されたのは千葉県の老人ホームで働いていた准看護師・波田野愛子(71歳)である。どちらも手口は共通で、お茶に“睡眠導入剤”を混ぜて飲ませる手法で、自分が働く職場の同僚たちにのみ行った点である。その結果、愛知県の方は施設内で働く10人が体調不良に襲われた。千葉県の方は車で家に帰る直前のお茶で交通事故を起こし3人が重軽傷を負った。まだ容疑の段階だが交通事故死した職員もいる。その他職員5人が繰り返し体調不良を訴えていた。睡魔に襲われ仕事が出来ず、同僚に自宅まで送られ18時間眠り続けた職員もいる。それぞれの容疑者である“親切な同僚”は、逮捕後に容疑を認めている。特に准看護師の方は、同僚が仕事で席を離れたすきに、他の同僚と会話しながら慣れた手つきで、お茶に粉末を混ぜ淹れるという大胆さだったらしい。しかも、それを繰り返している。被害者女性は、尊敬していただけに“愕然とした”という。これから水分補給が必要な時期はまだまだ続く。そういう事件を知って、老人ホームや介護施設で働く人たちは、年上女性から“やさしいお茶”を差し出されたら、何となく“怖いお茶”ではないかと疑ってしまいそうだ。疑うのは良くないが、自家用車で帰ろうとする直前に「水分補給した方が良いわよ」と優しくお茶を差し出されたなら、一口で止めておいた方が良いのかもしれない。


最近の記事はこちら

子供を働かせる「アイドル商法」

週刊文春で今年3月21日に首を吊って自殺した愛媛の“農業アイドル”「愛の葉」主力メンバー大本萌景(おおもとほのか・享年16)さんの母親が、娘が自殺に至った経緯を詳細に語っている。それを読むと、これは明…続きを読む

キラウエア山だけではない爆発的噴火!

われわれ日本人にとってのハワイは“オアフ島”の方が馴染み深いが「キラウエア火山」で有名な“ハワイ島”も忘れてはならない。そのハワイ島のキラウエア火山で今月3日に始まった噴火は徐々に勢いを増し、17日に…続きを読む

「健康」も「愛情」も買うことが出来ない

昨日、歌手・西城秀樹氏が亡くなられた。二度の脳梗塞で身体が不自由になり、言葉も思うように話せなくなって、“網膜症”等で両眼の手術も受けていたらしい。昔「新御三家」と呼ばれた郷ひろみ氏&野口五郎氏&西城…続きを読む

「松居一代騒動」の意味するもの

それはミステリードラマの始まりのようだった。「私は殺されるかもしれない」とユーチューブに登場し、マスコミはこぞってそれに飛び乗った。やがて、それは「松居一代劇場」と呼ばれるようになり、徐々に視聴者は興…続きを読む

しっくりくる「天文暦」や「干支暦」がない

時代に逆らうわけではないが、私は占いの鑑定をするとき、手書きのホロスコープや四柱命式を使って行っている。今から二十数年前、占いソフトの会社から依頼されて西洋占星術などのソフトを共同制作した。その時、一…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.