今日の迷言・余言・禁言

やさしい女性の「怖いお茶」

「夏場だから水分補給した方が良いわよ」とか「お茶を淹れておいたから飲んでね」とか、いつも優しい言葉をかけてくれる同僚の年上女性…その女性が淹れてくれたお茶は“睡眠導入剤入り”の「怖いお茶」だった。ミステリーじみた話だが、そういう事件が立て続けに起きた。7月11日に逮捕されたのは愛知県で介護施設に働いていた高屋律子(51歳)、7月12日に逮捕されたのは千葉県の老人ホームで働いていた准看護師・波田野愛子(71歳)である。どちらも手口は共通で、お茶に“睡眠導入剤”を混ぜて飲ませる手法で、自分が働く職場の同僚たちにのみ行った点である。その結果、愛知県の方は施設内で働く10人が体調不良に襲われた。千葉県の方は車で家に帰る直前のお茶で交通事故を起こし3人が重軽傷を負った。まだ容疑の段階だが交通事故死した職員もいる。その他職員5人が繰り返し体調不良を訴えていた。睡魔に襲われ仕事が出来ず、同僚に自宅まで送られ18時間眠り続けた職員もいる。それぞれの容疑者である“親切な同僚”は、逮捕後に容疑を認めている。特に准看護師の方は、同僚が仕事で席を離れたすきに、他の同僚と会話しながら慣れた手つきで、お茶に粉末を混ぜ淹れるという大胆さだったらしい。しかも、それを繰り返している。被害者女性は、尊敬していただけに“愕然とした”という。これから水分補給が必要な時期はまだまだ続く。そういう事件を知って、老人ホームや介護施設で働く人たちは、年上女性から“やさしいお茶”を差し出されたら、何となく“怖いお茶”ではないかと疑ってしまいそうだ。疑うのは良くないが、自家用車で帰ろうとする直前に「水分補給した方が良いわよ」と優しくお茶を差し出されたなら、一口で止めておいた方が良いのかもしれない。


最近の記事はこちら

「カジノ」で“勝つ”か“負ける”かの選挙戦

北海道と大阪府の知事選で“勝つ”か“負ける”かの「鍵」を握っていそうなのが「カジノ」である。カジノというのは文字通り“勝ち・負け”を競うところだが、そのカジノ誘致が経済活性化の起爆剤と「噂」されている…続きを読む

不可思議なもの「親の血を引く兄弟」

昔、北島三郎氏は「♪親の血を引く兄弟よりも…」と歌った。実際、世の中には“実の兄弟”よりもはるかに“兄弟的な関係”となる友人・仲間・同僚を持つ人達もいる。特に20代から50代くらいまでの間、血縁者たち…続きを読む

「未来」には“さまざまな選択肢”がある

人は思いつめると「もう、これしかない」という結論に陥りがちなものである。さまざまな事件とか、犯行とかは、そういう時に起こる。世の中には、最初から“犯罪者的素質”を持って生まれている人もいることはいるが…続きを読む

「怖い女たち」を彩ったトプカプの至宝

今日3月20日から六本木の「国立新美術館」でオスマン帝国の栄華を誇った時代の「トルコ至宝展」が開かれている。15世紀から18世紀の時代に使われていたトプカプ宮殿秘蔵の品々が展示されているのだ。どうして…続きを読む

「ネット民」は“敵”か“味方”か⁉

現代は「世間の声」としてのインターネット上の“書き込み”を無視できない時代となっている。時として、それが“幸運をもたらす”場合もあれば、“不幸を引き連れて来る”場合もある。昨日、モデルでタレントの梅宮…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.