今日の迷言・余言・禁言

やさしい女性の「怖いお茶」

「夏場だから水分補給した方が良いわよ」とか「お茶を淹れておいたから飲んでね」とか、いつも優しい言葉をかけてくれる同僚の年上女性…その女性が淹れてくれたお茶は“睡眠導入剤入り”の「怖いお茶」だった。ミステリーじみた話だが、そういう事件が立て続けに起きた。7月11日に逮捕されたのは愛知県で介護施設に働いていた高屋律子(51歳)、7月12日に逮捕されたのは千葉県の老人ホームで働いていた准看護師・波田野愛子(71歳)である。どちらも手口は共通で、お茶に“睡眠導入剤”を混ぜて飲ませる手法で、自分が働く職場の同僚たちにのみ行った点である。その結果、愛知県の方は施設内で働く10人が体調不良に襲われた。千葉県の方は車で家に帰る直前のお茶で交通事故を起こし3人が重軽傷を負った。まだ容疑の段階だが交通事故死した職員もいる。その他職員5人が繰り返し体調不良を訴えていた。睡魔に襲われ仕事が出来ず、同僚に自宅まで送られ18時間眠り続けた職員もいる。それぞれの容疑者である“親切な同僚”は、逮捕後に容疑を認めている。特に准看護師の方は、同僚が仕事で席を離れたすきに、他の同僚と会話しながら慣れた手つきで、お茶に粉末を混ぜ淹れるという大胆さだったらしい。しかも、それを繰り返している。被害者女性は、尊敬していただけに“愕然とした”という。これから水分補給が必要な時期はまだまだ続く。そういう事件を知って、老人ホームや介護施設で働く人たちは、年上女性から“やさしいお茶”を差し出されたら、何となく“怖いお茶”ではないかと疑ってしまいそうだ。疑うのは良くないが、自家用車で帰ろうとする直前に「水分補給した方が良いわよ」と優しくお茶を差し出されたなら、一口で止めておいた方が良いのかもしれない。


最近の記事はこちら

「自殺願望」9割が20代女性という衝撃⁉

厚生労働省が昨日公表したデータによると、SNSなどで“自殺相談”をしてくる人たちの9割が20代で、そのうち95%は女性だったという事実が明らかにされた。このデータだけから考えると、日本は20代女性が“…続きを読む

「死刑囚」が“自ら告白”の殺人事件は「無罪」

ややこしい事件というのがある。昨日「無罪判決」が下されたのは“二件の殺人事件”に対してである。それも、自らが手紙の中で“告白”してきた殺人なのだ。つまり自分が20年以上前に殺していたと“懺悔的に告白”…続きを読む

「福袋」じゃない「福袋」が売られている

時の流れは、嫌でも物事を“変遷”させていく。正月特有の風物も徐々に姿を変えていく。ビッグカメラは、早くも「2019年福袋」を売り出し始めた。正月より20日も前から「福袋」を売り出すということ自体にも、…続きを読む

入場料“1500円の書店”は成功するか

東京・六本木の青山ブックセンターの跡地に、昨日、新たな書店「文喫(ぶんきつ)」がオープンした。書店としては中型規模の売り場面積だが、入場する時に“入場料1500円”を支払わなければならない。新たなビジ…続きを読む

「千尋」から「弌大」への改名は最悪⁉

私はこれまでにも何度か「読めない文字を使った命名はすべきでない」と記してきた。今回は正にその典型である。昨日、プロ野球の日ハムに新規加入した元オリックス・金子千尋(かねこちひろ)選手の入団発表があった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.