今日の迷言・余言・禁言

やっと実現、米朝「ハンバーガーの直接対決」

誰か憶えておられる人がいるだろうか。私がこのブログで二度も、金正恩氏&トランプ大統領「ハンバーガーの直接対決」について記述していたことを…。多分、それを読まれたとしても「なに冗談言ってるの?」くらいにしか受け止めてもらえなかったに違いない。もっとも、私自身も“冗談半分”で書いていたのだが、“のこり半分”は本気であった。それはトランプ大統領が就任前に自ら言っていたことで「北朝鮮の金正恩氏とハンバーガーを食べながら直接対話をしても良い」とアピールしていたからだ。だから私は“早くハンバーガーを食べろ”とけしかけていたのだ。おそらくトランプ大統領でなければ、直接対話の即断はしなかっただろう。彼には、最初から“その用意”があったのだ。金正恩氏の方にも、その用意はあった。直接交渉がしたいから、ミサイルを“アメリカ方向”に向けて撃つのだ。ハッキリ言って、日本など北朝鮮の眼中にはない。なぜなら、日本は決して“攻めてくる国”ではないことを知っているからだ。北朝鮮にとって怖いのは、“攻めてくる可能性ある国”なのである。だから日本など放っておいても良いということになる。そして、今回の会談は、北朝鮮にとってもアメリカにとっても、極めて重要な意味を持つ。単に「平和」がどうのこうのということではない。互いに“味方に付けられるか”どうかという点で重要なのだ。もう一つは、今後のビジネスに役立てられるか、という点で重要なのだ。さらに“中国とどう対応していくか”という点で重要なのだ。ほとんどの人は見逃しているが、アメリカにとってのメリットは、実は北朝鮮を味方につけることは“対中国”という点でのメリットがとてつもなく大きいのだ。だからトランプ大統領は本腰なのだ。金正恩氏の肩越しに“中国の習近平氏”を見ているのだ。実は、アメリカにとっては、北朝鮮よりも中国の方がはるかに“やっかいな存在”で、その中国を征することが出来るかどうかは、この米朝会談に掛かっているのだ。


最近の記事はこちら

新社名「大樹生命」は、“巨木”に生れ変れる⁉

古くからの会社が継続していることで知られる“生命保険”業界。会社そのものの業態についはよく知らなくても、その社名だけは“知っている”という企業が多い。そういう企業名の一つであった「三井生命」が、今年4…続きを読む

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.