今日の迷言・余言・禁言

アイドルから演技派女優へ

人にはさまざまな“生き方”がある。その生き方は人生の途上で“変化”していくこともある。女優・末広涼子は「アイドル」的な存在として最初は登場した。けれども、現在はラジオドラマながら“ストリッパー役”に挑戦している。つかこうへい生誕70周年記念で企画された「ストリッパー物語」の主役であるが、激しい喘ぎ声を出すシーンも存在する。女優として、そういう“役柄”に対し積極的に応ずるようになったことが、末広氏がもはやアイドルなどではなく、自ら「私は役者」と宣言しているように聞こえる。彼女自身が「十代では出来なかった芝居です」と述べているように、さまざまな人生上の経験や出来事が、彼女を心身ともに大人にし、演技派女優に変えていったのだ。実は、占いでも同じようなことが言える。人生上のさまざまな経験や出来事を体験している占い師の方が、その判断には深みがあり、アドバイスの言葉にも独特の味わいが生まれる。人生体験の深い占い師は決して“投げやりな判断”はしない。占い書籍でもそうだが、どこかに書いてあった解釈をそのまま借用しているような記述ではわざわざ出版する意味がない。その人だけの視点、発見、体験、解釈、判断が欲しいのだ。ところが、短期間にまとめ上げられたような占い書籍には、そういう部分がない。あっさりとしすぎていて、読んだ後、何も残らない。こういう言い方はあまりしたくないが、世の中には「アイドル占い師」のような人もいる。芸能事務所のようなところが“虚構”を作り上げ、社会に押し出していく形の占い師だ。ところが、そういう人でも著書を出すといっぺんにボロが出る。矛盾したことを平気で書いたりするからだ。話がそれてしまったが、タレントで歌手の早見優氏が「サマーガール」という“水着写真集”を出すというので、現在の姿か…と妙な期待を抱かせたが、こちらはアイドルを引き摺って生きているらしく、昔の姿の写真集らしい。


最近の記事はこちら

インディオが怖れる「黒い雨」が降る

太古そのままに密林を伴って南米を流れているのがアマゾン川だ。南米の“母なる川”と言っていい。そのアマゾン川で“異変”が起こっている。森林火災が異常発生しているのだ。今年に入ってブラジルで発生した“森林…続きを読む

やがて「香港」は“廃墟”と化すのか⁉

私が最初に《飲み込まれていく「香港」》というタイトルで、その“危うさ”を書いたのは数年前だ。それから2018年1月15日には《台湾やマカオまで「一つの中国」と言われても…》と不吉な予兆について書いた。…続きを読む

“7度目”と“4度目”の「愛の終着駅」

日本人は他の人種に比べて「執念」というものが、それほど強くない。「和食」で“こってり”とか“とことん”とかいう表現はほとんど出て来ない。どちらかと言えば“あっさり”や“さっぱり”を好むのが日本人なのだ…続きを読む

「令和」が感じられない“即位記念切手”

意外に気付かないでいた10月からの“切手代値上げ”だが、それを気付かせる意味もあってのことなのかどうか知らないが、10月18日から「天皇陛下即位記念」の新たな切手が発行されることが公表された。昨日、そ…続きを読む

「風水家相」で大切なのは“基礎的な事実”

吉本興業の“闇営業問題”で謹慎処分になっていた芸人たちの多くが8月19日に「東京吉本」の舞台に立った。その中にはスリムクラブの内間政成氏の姿もあった。彼は妙な形で多くの同情を集めている。何度か5年前に…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.