今日の迷言・余言・禁言

アジア各国が徐々に「日本人化」していく

近年、日本に海外からやってくる若者には“日本語を話せる人”が少なくない。彼らの多くは“教科書”で日本語を覚えたのではなく、アニメや歌やTVなどから日本語を習得している。幼少期から見ているうちに自然と吸収したような人物も多く、日本語の発音も大変に上手い。当然のことだが、海外で日本語チャンネル番組を見ることができた家庭に育っているということは裕福な場合が多い。しかも、自然に覚えていったような子供は頭脳も優秀である。つまり、習わないのに日本語を話せるような人には“エリート富裕層の子”が多いのだ。今、もう一つの形から“日本の文化”が輸出されつつある。“アイドル文化の輸出”だ。しかも、これは政府公認であり、国家戦略の柱として本格化しつつある。実は近年まで、アジア圏では“韓流アイドル”が優勢で、日本勢は低迷していた。ところが現在は“韓流ブーム”は飽きられてきていて、新たなるアイドルを各国が求め始めている。そういう中で登場してきたのが日本のAKB48などに類似する“未完成アーティスト”を育む文化だ。もちろん、日本の本家AKB48系アイドルが現地に乗り込むケースもあるが、それぞれの地域で“現地アイドル”を発掘プロヂュースする形式が今後は本化していく。その方がビジネスとしても成功しやすいことを学んだからだ。一番の成功例はタイの“BNK48”で2017年に結成されると、あっという間にトップアイドルまで駆け上がった。それよりもかなり前、2011年からインドネシアでは“JKT48”が活動しているが今一つの状態だ。台湾では“TPE48 ”の活動が開始され、フィリピンでは“MNL48”も動き出している。今後は中国・上海で“AKB48TeamSH”のデビューが決まっており、インドでも“MUM48”のデビューが決まっている。こういう“現地アイドル”を日本の運営会社がプロデュースすることで、“日本のアイドル文化”がそっくり現地に根付くようになる。言ってみれば、日本のアニメが世界に進出した方法と同じ方式がとられることで、アジア圏の「日本人化」が子供時代から青少年時代まで続いていくことになる。何十年後になるかっ知らないが、アジアの国々で、ごく日常的に“日本人っぽい生活や考え方”が普及していくことだろう。


最近の記事はこちら

日本とは異なる「米ホームレス」の“闇”

昔からそう思っていたがアメリカは“矛盾の多い国”である。その中でもひときわ“矛盾が集約している”のがサンフランシスコという都市だ。今、この都市には街中のいたるところにホームレスがいる。繁華街でテント暮…続きを読む

俄然「横浜」が“熱く”なって来た

日本人はどちらかと言えば保守的な人達が多い。だから“危ないもの”には極力手を出さない。けれども、そういう日本に対して今、海外からの“熱い眼差し”が注がれている地域がいくつかある。IR候補地である。要す…続きを読む

メルカリが日本の「終活」を変える⁉

「メルカリ」という企業については、何となく名前くらいは誰もが聴いたことがあるだろう。ただ実際にはどういう企業なのか、知らない人も多いことだろう。一般的には“フリマアプリ大手”という位置づけである。要す…続きを読む

驚異のベストセラー⁉『反日種族主義』日本語訳の誕生

北朝鮮中央通信が9月13日、韓国で出版されている書籍に対して痛烈な批判を行った。北朝鮮のマスコミが海外の民間人が執筆した書籍に対して批評・論評することは滅多にない。どんな本に対して批判したのかというと…続きを読む

“高齢者”と“独身者”の「ハーフ婚」はいかが⁉

最近、どの調査を見ても「日本」がダントツに“1位”を獲得できるものはなくなってきている。そういう中で、唯一“ダントツ1位”をこれからも維持していけそうなのが、65歳以上の高齢者が占める人口比率であるら…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.