今日の迷言・余言・禁言

アジア各国が徐々に「日本人化」していく

近年、日本に海外からやってくる若者には“日本語を話せる人”が少なくない。彼らの多くは“教科書”で日本語を覚えたのではなく、アニメや歌やTVなどから日本語を習得している。幼少期から見ているうちに自然と吸収したような人物も多く、日本語の発音も大変に上手い。当然のことだが、海外で日本語チャンネル番組を見ることができた家庭に育っているということは裕福な場合が多い。しかも、自然に覚えていったような子供は頭脳も優秀である。つまり、習わないのに日本語を話せるような人には“エリート富裕層の子”が多いのだ。今、もう一つの形から“日本の文化”が輸出されつつある。“アイドル文化の輸出”だ。しかも、これは政府公認であり、国家戦略の柱として本格化しつつある。実は近年まで、アジア圏では“韓流アイドル”が優勢で、日本勢は低迷していた。ところが現在は“韓流ブーム”は飽きられてきていて、新たなるアイドルを各国が求め始めている。そういう中で登場してきたのが日本のAKB48などに類似する“未完成アーティスト”を育む文化だ。もちろん、日本の本家AKB48系アイドルが現地に乗り込むケースもあるが、それぞれの地域で“現地アイドル”を発掘プロヂュースする形式が今後は本化していく。その方がビジネスとしても成功しやすいことを学んだからだ。一番の成功例はタイの“BNK48”で2017年に結成されると、あっという間にトップアイドルまで駆け上がった。それよりもかなり前、2011年からインドネシアでは“JKT48”が活動しているが今一つの状態だ。台湾では“TPE48 ”の活動が開始され、フィリピンでは“MNL48”も動き出している。今後は中国・上海で“AKB48TeamSH”のデビューが決まっており、インドでも“MUM48”のデビューが決まっている。こういう“現地アイドル”を日本の運営会社がプロデュースすることで、“日本のアイドル文化”がそっくり現地に根付くようになる。言ってみれば、日本のアニメが世界に進出した方法と同じ方式がとられることで、アジア圏の「日本人化」が子供時代から青少年時代まで続いていくことになる。何十年後になるかっ知らないが、アジアの国々で、ごく日常的に“日本人っぽい生活や考え方”が普及していくことだろう。


最近の記事はこちら

「アップルウォッチ」が“殺人”を暴くか⁉

トルコ政府に近い地元紙「サババ」は13日、イスタンブールのサウジアラビア総領事館を10月2日に訪問して後、行方不明となっているサウジ人の新聞記者カショギ氏が、サウジアラビアから来た“暗殺集団”に激しく…続きを読む

なぜか『ムー』だけが残った

10月12日から都内で秘かに開催されているのが「創刊40周年・ムー展」である。1979年10月の創刊から正確に言うと来年で40周年になる。まあ1年前倒しでの“40周年記念イベント”らしい。創刊当時から…続きを読む

「中高生アイドル」の問題点

今年3月に自殺した松山市を拠点とする“農業アイドル”「愛の葉ガールズ」の大本萌景(ほのか)さん・享年16歳のご遺族が、娘が自殺したのは所属事務所社長のパワハラが原因として9200万円の訴訟を起こした。…続きを読む

「別件」が気になる「ミイラ取り捜査官」

時々、ニュースそのものよりも、その“関連事項”の方に惹きつけられることがある。札幌駅付近で10月10日に逮捕された成田順容疑者の「覚せい剤事件」もそうだ。実は彼は2008年4月から、ずっと“薬物捜査”…続きを読む

「福」をもたらすドロドロ鬼神

10月8日9日に沖縄の宮古島に行くと、あなたにもきっと「福」が授けられる。但し、少々汚くなるし、泥臭くもなるけど、その辺は我慢しなければならない。この島では毎年、国の重要無形民俗文化財にもなっている「…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.