今日の迷言・余言・禁言

アニメやゲームが“日本の子供達”を救う

海外に行ってホテルのテレビをつけると、ほとんどの国で“日本のアニメ”が放映されていることを改めて感じる。実際、それを見て育った外国人は年々多くなっている。そういう意味では、日本の文化や習慣など、黙っていても理解・吸収してくれる外国人が年々増えてきているともいえる。そういう国の一つにサウジアラビアがある。昨日、46年ぶりにサウジアラビアの国王が来た。何んと、お供を1000人以上引き連れての“大名旅”である。さすが石油大国。ところが、その“原油価格”が低迷している。これまでは黙っていても“お金持ち”でいられたのだが、これからはそうはいかない。さて、どうするか。ということで、国王が“アジア歴訪”を行っているのだ。これまでマレーシア、インドネシア、ブルネイと訪れ、次が日本、その次が中国だ。これまではいずれも“イスラム教の国”だ。いわば身内のような存在。日本と中国が、長期経済の立て直しに欠くことの出来ない相手国となる。特に日本では“製造業の技術協力”と“アニメやゲームの共同開発”がメインテーマとなる。その両方とも、日本では技術的には最先端だが、資金が限られているため研究・開発に制限がある分野だ。その点、サウジアラビア様がお傍に居れば安心して“研究・開発”が出来る。素晴らしい。ということで、日本にとっても、特に“日本の未来”にとって、もっと言えば“日本の子供たち世代”にとって、素晴らしい話をしに来てくれたのがサルマン国王なのだ。そして、その推進役はムハンマド副皇太子である。彼こそ日本のアニメ育ちで、早くから日本に好意的だった人物だ。つまり、日本のアニメが副皇太子を育て、そしてそのアニメやゲームが“新たな投資部門”として、将来の日本を救おうとしているのだ。それにしても1000人以上を引き連れての外遊、いや歴訪とは、さすが石油大国。鼻も大きいが、財布もデカい。


最近の記事はこちら

“車離れ”は「本当の先進国」になった証拠

“若者の車離れ”に歯止めが掛からない。それを何んとか防ごうと、19日、トヨタは新しく「GR」シリーズを発売すると発表した。スポーツカーブランドを一新することで、低迷が続く国内の自動車販売をテコ入れした…続きを読む

「生前継承」された7代目の“宗教”

先日、テレビで今も継承され続ける「カクレキリシタン」に関するドキュメンタリーが放映されていた。その中で印象的だったのは、現在の指導者が口にした“普通のキリスト教やカトリックとは違う”という発言だった。…続きを読む

甲冑姿の「サムライ」が刀を向ける

近年の歴史・時代物ブームで“古戦場跡”観光というものが盛り上がっている。それ自体は良いことなのだが、その“古戦場跡”の一つ「関ケ原」で全身甲冑姿の「サムライ」が、山頂に続く階段を登りきったところで待ち…続きを読む

「時代について行く」選択は正しいのか

毎日、そこかしこに情報があふれている。無意識にわれわれは、その情報の多くを吸収しながら生きている。それが「時代について行く」という“生き方”である。けれども、本当に、それが“幸福な生き方”なのかどうか…続きを読む

「ノーベル賞の卵」が“非正規雇用”で働く

山中伸弥氏と言えば、謂わずと知れた“ノーベール賞科学者”である。現在は京都大学の細胞研究所所長を務めている。そのHP上に「ご支援のお願い」が掲載された。彼によると、研究所で働く教職員の9割が“非正規雇…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.