今日の迷言・余言・禁言

アパレル「実店舗」が“生き残る”道

「自粛生活」と呼ばれる外出の少ない生活は、意外なところに“ピンチ”を生み出している。アパレル業界だ。アメリカでは全米チェーンを展開している衣料大手“Jクルー・グループ”が破産申請を出した。全米展開している小売業界としては初の破産申請らしい。他にも、百貨店のニーマン・マーカス・グループも間もなく、JCペニーも間もなく、破産申請をする予定であるらしい。何しろ外出が控えられると、女性は“オシャレ”をしなくなるものらしい。確かに、ずっと部屋の中に居るのに、わざわざ人前に出るような服装をしなくても…というのは自然な発想だ。日本でも百貨店業界が大打撃を受けている。日本の場合、訪日客が購入してくれる高額ブランド品の消費が消えてしまったことも大きい。日本のデパートのような丁寧で行き届いたサービスや接客というものを、私は海外のデパートで受けたためしがない。おそらく、だから、わざわざ日本でブランド品を購入していくのだ。日本人消費者の場合は、人前に出ることを前提にして洋服選びをする。だから実際に着てみた時の“見栄え”が重要となる。通販ではそれが分かりにくい。モデルが着てみた時と、自分が着てみた時とでは、同じではない。日本人は繊細なので、そういう点でも実店舗というのは必要性がある。微妙な違いにこだわりやすいからだ。アメリカ人の場合、男女ともTシャツにジーンズで外出する人達が多い。したがって色柄の違いだけなら、わざわざ試着など不要だし、着てみた時の“着心地の違い”なども考える必要がない。つまり、アメリカの場合、元々が実店舗をそれほど必要としていない生活様式なのだ。しかも、アメリカは街中に実店舗が見当たらないケースも多い。日本でも一時期流行ったが、やはり日本向きではなかったと見えて撤退した店舗が多い。日本人はアメリカ人ほど“大雑把”ではなく、おシャレにおいても繊細な民族なのだ。但し、外出が不要となれば、洋服そのものを購入しようとしなくなる。ましてや日本の今の経済状況では、食生活中心に切り替えざるを得なくて、着るものよりも、食べるものの方に支出する傾向が顕著なのだ。けれども、日本女性はアメリカ女性のようにTシャツ&ジーンズだけでは飽きて来る。今後の実店舗は、そういう「日本人女性」固有の“繊細なおシャレ”を演出するような洋服のデザインを多数制作して、実店舗に足を運ばせる工夫をして活路を見出すと良い。


最近の記事はこちら

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.