今日の迷言・余言・禁言

エーゲ海に浮かぶ島で「猫の世話人」

私は時々、経営者の方から「人は募集はしてるんですけど、なかなか応募がなくて…」との嘆きを聴く。小さな企業の場合、よほどの“良い条件”でも出さない限り、人手不足を補うことはなかなか難しいらしい。ところが、たった一人を募集しただけで3万5000人もの応募が来てしまう団体もある。ところはエーゲ海に浮かぶ小さな島、ギリシャのシロス島だ。ここで活動している動物愛護団体が、この度フェイスブックを通じて求人を呼びかけた。住み込みで働く「猫の世話人」を募集したのだ。海が見える小さな庭付きの一軒家に住み込んでいただき、この島に住む55匹の猫の世話をしてもらう。それだけの仕事。そうしたら、世界中から応募があったのだ。つまり、それだけ仕事にあぶれている人がいるのか、それとも猫好きの人が多いのか。条件としては45歳以上で、今年11月から半年以上、猫の世話ができる人であること。責任感が強く、信頼できる人物であることが条件。永久就職ではない。それでも、自然環境に恵まれたところで、のんびりとした時間を過ごしたい、と考える人は多いらしく、まだまだ応募は増えそうである。確かに、青い海、白い島、それだけでも心が癒されそうである。ましてや猫好きの人達にとっては、猫の世話をするだけの仕事というのは、願ったりの仕事と言えるのかもしれない。私のように“動物が苦手”な者からすると、周りが猫だらけというのは、それだけでちょっと“怖い”のだが、本当に猫好きな人は狭い部屋の中で何匹も飼おうとしたりする。昔、付き合っていた女性は、自分が病気で寝込んでも猫の食事だけは用意しないと…と健気なことを言っていた。四柱命式で「食神」の多すぎる人の中には、ペットのために自分の人生を犠牲にしてしまうような人さえいる。けれども、猫の“眼”は犬と違って“三白眼”や“四白眼”が多い。警戒心が極度に強く、決して心底からは人に馴染まない。気が進まなければ、いつでも人を裏切るのだ。


最近の記事はこちら

今後も「本当の…」で“殺害”が増えていく

さいたま市の教職員住宅で殺害・遺棄された進藤遼佑くん(9歳)の事件は、同居する義理の父親である進藤悠介(32歳)の逮捕・自供によって一応の決着を見た。殺害動機は「本当の父親ではない」と言われたことらし…続きを読む

日本とは異なる「米ホームレス」の“闇”

昔からそう思っていたがアメリカは“矛盾の多い国”である。その中でもひときわ“矛盾が集約している”のがサンフランシスコという都市だ。今、この都市には街中のいたるところにホームレスがいる。繁華街でテント暮…続きを読む

俄然「横浜」が“熱く”なって来た

日本人はどちらかと言えば保守的な人達が多い。だから“危ないもの”には極力手を出さない。けれども、そういう日本に対して今、海外からの“熱い眼差し”が注がれている地域がいくつかある。IR候補地である。要す…続きを読む

メルカリが日本の「終活」を変える⁉

「メルカリ」という企業については、何となく名前くらいは誰もが聴いたことがあるだろう。ただ実際にはどういう企業なのか、知らない人も多いことだろう。一般的には“フリマアプリ大手”という位置づけである。要す…続きを読む

驚異のベストセラー⁉『反日種族主義』日本語訳の誕生

北朝鮮中央通信が9月13日、韓国で出版されている書籍に対して痛烈な批判を行った。北朝鮮のマスコミが海外の民間人が執筆した書籍に対して批評・論評することは滅多にない。どんな本に対して批判したのかというと…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.