今日の迷言・余言・禁言

カモシカは「恩」を「仇」で返す⁉

近年、人間の暮らす領域に動物がやって来て畑など荒らされるケースが多い。そこで、どうしても「有害鳥獣捕獲」というものが必要になる。早い話が人間の生活に“危害を及ぼしそうな動物”は捕獲し、駆除しなければならない。そこで“プロ”ともいうべき捕獲人が「罠」を仕掛けることになる。こうして愛知県新城市の山中に、市からの依頼された捕獲人の男性(70歳)は、本来はイノシシの捕獲目的で「くくり罠」を設置しておいた。ところが、その「罠」に掛かったのは、イノシシではなく天然記念物のニホンカモシカだった。そこで誤って「罠」に嵌まってもがいていたニホンカモシカを捕獲人が助けようとした。ところが、どうもカモシカの方は「捕まえられる」と錯覚したらしい。近寄った捕獲人男性の太腿を、思い切り刺したのだ。カモシカによる角の“一突き”は想像以上に強烈だった。彼は関係者にすぐ救助され、病院へと運ばれたのだが、死亡してしまった。われわれはどうしても「シカ」という動物を甘く見がちだが、その防御本能は驚くほど強い。こうして、ニホンカモシカにとって「恩人」となるはずだった男性は、命を失ってしまった。近年は、動物愛護の意識が強まって、有害な動物でも簡単に殺せなくなった。北海道では、クマが出没して来るのが解かっていながら、或いは実際に見掛けたとしても、役所の許可が下りないのでハンターたちが“銃で駆除する”こと自体が難しくなっている。クマを見たからと言って、簡単には銃口を向けられないのだ。そういう時、警察はどうなのかというと、当然のように住民には“批難”と“警戒”を呼びかけるが、警察官たちも獣たちに銃口は向けない。獣たちが襲ってきたときには銃口を向けて良いのだが、“西部のガンマン”とは違って日頃から銃を抜きなれていない警察官は、ピストルを構える前に襲われてしまいそうである。クマでもイノシシでもカモシカでも、標的を決めた時には一瞬で襲ってくる。銃を抜きなれていない警察官では、やはり心もとないのだ。


最近の記事はこちら

学校とは「生きる理由」を見つける場所

現在、立命館大学の国際平和ミュージアムで10月28日迄「世界一貧しい元大統領から学ぶ本当の豊かさ」という企画展示が行われている。2012年の国連におけるスピーチで一躍有名となったウルグアイのホセ・ムヒ…続きを読む

「赤い糸」が「一軒家を無償で借りられる権利」に発展

あなたは「赤い糸プロジェクト」をご存じだろうか。もちろん知らないだろう。大阪市鶴見区のNPO法人「みらくる」が取り組んでいるコロナ困窮者のための“支援プロジェクト”だ。今年9月に立ち上げられたばかりな…続きを読む

ピカピカの40年前に戻る「勇気」

女優の宮崎美子氏が自らの芸能生活“40周年”を記念して「カレンダー&フォトブックセット」を発売した。そして40年ぶりにカメラの前で“ビキニ姿”を公開している。ほぼ同時に「週刊現代」でも11ページにわた…続きを読む

「70代女性」の元気と「30代女性」の体力低下

日本には「スポーツ庁」と呼ばれるものがあって、そこが各世代別の体力や運動能力に関する調査報告を出した。それによると「東京オリンピック」が行われた1964年当時に比べて、令和の60代後半~70代の女性は…続きを読む

麻薬首領「ゴッドファーザー」は「前国防相」だった

あなたは「ゴッドファーザー」という名曲、或いは映画を知っているだろうか。知っているなら若くはない。とにかく私の大好きな映画音楽だった。もちろん、大ヒットした映画も「マフィア」を描いているのだが、それで…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.