今日の迷言・余言・禁言

カラダの“空洞”とココロの“空洞”

TV番組やインターネット配信は、時に予期せぬ形で“人気者”を生み出したり、“巨富”を与えたりする。TV「あいのり」に2007年より素人参加した「桃」もそういう女性の一人だった。素人参加者たちが8か国を周っていく中で“人気者”になった彼女は、番組の中で“相手を見つける形”で帰国したが、その後半年も持たず、その相手とは別れた。そして2010年、バイト先だったアイスクリーム店の店長と結婚した。帰国後、人気者となった「桃」は“ブログ”を開設し、なんとその読者数は一時30万人とも言われた。その結果、芸能人並みの高収入となった。もはや、彼女は“一般人”ではなくなっていった。有名人である「桃」は昨日、ブログで夫と離婚したことを報告した。その離婚理由について《……仲が良すぎて、男とか女とかそういうものを通り越して、仲の良い兄妹のようになってしまいました。(中略) 気付いた時にはお互いその行為が考えられなくなってしまったのです……》のように書いている。これに対して、ネット上では様々な反応があるらしい。私は占いの仕事で多くの男女から“さまざまな相談”を受ける。実は、日本では“セックスレスの夫婦”は予想以上に多い。したがって、そういう夫婦が多数存在していることは占い師の立場として珍しいことではない。逆に、“だから離婚する”というのはむしろ珍しい。どちらかが“浮気を公認”しているケースは珍しくないが、そうして、時にそれが“本気に変わって離婚”に至るケースはないではないが、セックスレス自体が“離婚理由”となるケースは、実は滅多にないのである。人はカラダが寂しくても、ココロが寂しくても、誰かを求めたくなる。「夫婦」という“形”は建前的には、その双方を満たすはずなのであるが、実際にはそういうことはきわめて少ない。どちらか“片方”だけでも満たされていれば良い方で、時には両方共“まったく満たされていない”ケースも多い。それでも“離婚には至らない”というケースが、実は日本では多いのだ。だから、もし、これを読んでいるあなたが、“両方とも満たされている”なら、それは正に宝くじに当たったような貴重な結婚として大切にし続けることをお勧めする。


最近の記事はこちら

「手相の線」に“名前”が無くなったら…

何日か前、手相の方で名前を知られる「にしけい」こと西田桂一郎氏が、私の元を訪ねてきた。彼は手相の本を矢継ぎ早に何冊も出している“新進気鋭⁉”の手相家である。鑑定の方ではなく「占い教室」という形で私に対…続きを読む

「米」最多の雇用者数&「日」最悪の下落幅

世界で、経済の先行きが混とんとしている。アメリカでは昨日、6月の雇用者数が出て1939年に統計を開始して以来最多の480万人増を記録した。一方、日本では「日銀短観」が出て、6月の大企業製造業における下…続きを読む

「アリサ」&「リン」が、お・も・て・な・し

今年は完全に「お・も・て・な・し」が“肩透かし”を食らった格好だが、我が日本の原点は奈良県。そこで…というわけでもないのだろうが、何故か奈良市の「近鉄大和西大寺駅」のホームに登場したのが四か国語を話す…続きを読む

事務所退所は「世界に挑む」ゴーサイン⁉

最近、芸能事務所を退所する芸能人が増えている。柴咲コウ、米倉涼子、栗山千明、長谷川潤、原千晶、菊池桃子、手越祐也…といった面々だ。さらに、昨日、ローラ氏と神田うの氏が加わった。どうして、今年に入って、…続きを読む

「本能的認識」と「差別」は異なる

「新型コロナ騒動」が起こってからというもの、世界は、あらゆることに関して過剰に反応する傾向が顕著になっている。これまでなら気にもしなかったことまで“神経過敏”に反応しているような気がする。その象徴とも…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.