今日の迷言・余言・禁言

カラダの“空洞”とココロの“空洞”

TV番組やインターネット配信は、時に予期せぬ形で“人気者”を生み出したり、“巨富”を与えたりする。TV「あいのり」に2007年より素人参加した「桃」もそういう女性の一人だった。素人参加者たちが8か国を周っていく中で“人気者”になった彼女は、番組の中で“相手を見つける形”で帰国したが、その後半年も持たず、その相手とは別れた。そして2010年、バイト先だったアイスクリーム店の店長と結婚した。帰国後、人気者となった「桃」は“ブログ”を開設し、なんとその読者数は一時30万人とも言われた。その結果、芸能人並みの高収入となった。もはや、彼女は“一般人”ではなくなっていった。有名人である「桃」は昨日、ブログで夫と離婚したことを報告した。その離婚理由について《……仲が良すぎて、男とか女とかそういうものを通り越して、仲の良い兄妹のようになってしまいました。(中略) 気付いた時にはお互いその行為が考えられなくなってしまったのです……》のように書いている。これに対して、ネット上では様々な反応があるらしい。私は占いの仕事で多くの男女から“さまざまな相談”を受ける。実は、日本では“セックスレスの夫婦”は予想以上に多い。したがって、そういう夫婦が多数存在していることは占い師の立場として珍しいことではない。逆に、“だから離婚する”というのはむしろ珍しい。どちらかが“浮気を公認”しているケースは珍しくないが、そうして、時にそれが“本気に変わって離婚”に至るケースはないではないが、セックスレス自体が“離婚理由”となるケースは、実は滅多にないのである。人はカラダが寂しくても、ココロが寂しくても、誰かを求めたくなる。「夫婦」という“形”は建前的には、その双方を満たすはずなのであるが、実際にはそういうことはきわめて少ない。どちらか“片方”だけでも満たされていれば良い方で、時には両方共“まったく満たされていない”ケースも多い。それでも“離婚には至らない”というケースが、実は日本では多いのだ。だから、もし、これを読んでいるあなたが、“両方とも満たされている”なら、それは正に宝くじに当たったような貴重な結婚として大切にし続けることをお勧めする。


最近の記事はこちら

同じ“不満”を感じさせないために…

最近は仕事では滅多に札幌から動かない。その私が珍しく動いた。あまりにも熱心に天童春樹先生や天晶礼乃先生から何年もの間、大阪で“占いの講習会”を開くよう勧められたからである。まあ、ハッキリ言うと断り切れ…続きを読む

子供たちは「わるもの」の正体を知っている

新日本プロレスのエース・棚橋弘至氏が主演する映画であることは知っていた。その内容も、棚橋選手が“悪役レスラー”として登場する映画だということも知っていた。ただ、その原作が人気絵本の『パパのしごとはわる…続きを読む

15人のうち「7人の癌(がん)」が消えた!

さまざまな分野で“奇跡の療法”と呼ばれるものが存在する。正式な“医学療法”もあれば“民間療法”もある。ただ、どちらの療法にしても人によって“合う・合わない”はあって、誰にでも“確実に効く”と言う療法は…続きを読む

「宥恕(ゆうじょ)」で“新しい人生”が始まる

永年、日本人をやっているが、時々、未だに“知らなかった言葉”に出くわして面食らうことがある。今回は「宥恕=ゆうじょ」だ。決して「遊女=ゆうじょ」ではないので、念のため。さて「宥恕」とは何だろう。辞書に…続きを読む

「日本の自由」は“素晴らしい国”の証

9月18日発売『新潮45』10月号の特集では、8月号で問題となった自民党・杉田水脈氏の論文《「LGBT」支援の度が過ぎる》に対して、擁護する趣旨の論文を掲載。《そんなにおかしいか「杉田水脈」論文》とし…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.