今日の迷言・余言・禁言

カルロス・ゴーン氏―ブラジル大統領への布石

カルロス・ゴーン氏と言えば日産のCEOとして誰もが知っている。もう18年間も社長を務めて来たのだ。そのゴーン氏が23日、急きょ自らの社長の地位を副社長に引き継ぐと発表した。唐突な人事であった。確かに昨年末あたりからゴーン氏に変化が表れていた。日経新聞には「私の履歴書」が連載され、その中で“日本にはとどまらない可能性”を示唆していた。さらにリオ五輪では“聖火ランナー”を務めていたことも明かしていた。故国ブラジルへの思い入れが強いことを感じさせた。唐突な“社長交代劇”に関しては、トランプ大統領の就任が関わっていると指摘する人達は多い。日本車の中でも日産の車が、群を抜いてメキシコ生産率が高いのだ。したがって、トランプ氏の政策は日産への影響が一番強い。今や日産は、ルノー&三菱の二社とも深く繋がっていて、その両方が日産の足を引っ張る可能性もある。けれども、元々ゴーン氏は“瀕死の日産”を蘇らせた人物で、そういうことで身を引くとは思えない。そこで一部で囁かれているのが次期ブラジル大統領への転身説なのだ。一見、ありえないかのように思う方がいるかもしれないが、私は日経新聞での連載手記における彼の“故国ブラジル”への想いは本物だと思った。リオ五輪の“聖火ランナー”は、やがて“故国の経済を立て直す”という誓いだったのかもしれないのだ。その心に“火をつけた”のは、もちろんトランプ大統領の誕生である。不動産王が、アメリカの大統領となってアメリカ経済を立て直そうとしている。自動車王が、ブラジル大統領となってブラジル経済を立て直そうとするのは当然のようにも思える。そして、日産をピンチに陥らせようとしたアメリカ大統領に、新たに登場するブラジル大統領は“トランプ不動産”に牙を剥く存在となりうるのであろうか。


最近の記事はこちら

“占い界”における藤井聡太はどこに?

最近、プロスポーツの世界では次代を担う“若き天才”たちが続々と誕生している。ここで取り上げる将棋世界の藤井聡太君など、その典型だ。まだ14歳の中学生だが、既に昨年10月からプロ棋士四段に昇格した。そし…続きを読む

「EU」が揺れている

11人が立候補したフランスの大統領選で、予想されていた通り過半数を得たものがなく、改めて5月7日に「国民戦線」のルペン氏と、「前進!」のマクロン氏との間で“決選投票”が行われることが決まった。ルペン氏…続きを読む

北朝鮮にも“隠れキリシタン”がいた!

“隠れキリシタン”と言えば、江戸時代の長崎を思い浮かべる。現在でも、その子孫の方々が存在していて“隠れキリシタンの信仰”が維持されている。もう、日本では堂々と“キリスト教徒”を名乗って良いのに、子孫の…続きを読む

“究極の美”は、“マゾ体質”の証明

確かに、その人は美しい。とても50歳には見えない。「美のカリスマ」と呼ばれる。本人も「肌の美しい人を見ると、つい傍に行って話しかけてしまう」とおっしゃる。確かに“美”へのこだわりが強いようだ。君島十和…続きを読む

寄付によって財産を使い果たす

日本電産の創業者・永守重信氏は最近、あちこちの教育機関に寄付金を与えている。寄付金と言っても一千万とか二千万とかのけちな金額ではない。70億とか100億とかいうとてつもない金額である。彼は「日本電産」…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.