今日の迷言・余言・禁言

ギャンブルの「切り札」

長い人生には、予期せぬ形で“窮地に立つ”とか、“二者択一を迫られる”とか、“万策尽きた”というような状況に追い込まれることがあります。元々が“一か八か”の綱渡り人生を歩んできている人は、ピンチにめっぽう強いので心配がいらないのですが、どちらかというと“恵まれた環境”で生きてきた人は免疫性に乏しいため、いたずらにパニックに陥って理性を失い、自ら“幸せな人生”を破壊する行動に出てしてしまうケースが少なくありません。人生は最終的には「ギャンブル」で、人知を超えたところに“勝利への方程式”が潜んでいるものです。「運命」は頭脳では解けません。そういう時、手堅く勝負を挑む場合の「切り札」として用意されているのが「先人たちの英知=占い」なのです。そう、占いは“同じような場面”で苦しんだ先人たちから“転ばぬ先の杖”として差し出された人生の「切り札」なのです。


最近の記事はこちら

「死刑囚」が“自ら告白”の殺人事件は「無罪」

ややこしい事件というのがある。昨日「無罪判決」が下されたのは“二件の殺人事件”に対してである。それも、自らが手紙の中で“告白”してきた殺人なのだ。つまり自分が20年以上前に殺していたと“懺悔的に告白”…続きを読む

「福袋」じゃない「福袋」が売られている

時の流れは、嫌でも物事を“変遷”させていく。正月特有の風物も徐々に姿を変えていく。ビッグカメラは、早くも「2019年福袋」を売り出し始めた。正月より20日も前から「福袋」を売り出すということ自体にも、…続きを読む

入場料“1500円の書店”は成功するか

東京・六本木の青山ブックセンターの跡地に、昨日、新たな書店「文喫(ぶんきつ)」がオープンした。書店としては中型規模の売り場面積だが、入場する時に“入場料1500円”を支払わなければならない。新たなビジ…続きを読む

「千尋」から「弌大」への改名は最悪⁉

私はこれまでにも何度か「読めない文字を使った命名はすべきでない」と記してきた。今回は正にその典型である。昨日、プロ野球の日ハムに新規加入した元オリックス・金子千尋(かねこちひろ)選手の入団発表があった…続きを読む

両肢の間に「跪かせる治療法」は危ない⁉

世の中には「どう見たって…妖しい」と思うような治療法が山ほど存在する。けれども、それで実際に効果があるのであれば、誰も口をはさめない。ブラジルでは時折、その手の治療法が流行する。私がまだ20代の頃だっ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.