今日の迷言・余言・禁言

“ココロ”と“カラダ”が「大人」に変わる時

法務省が、現行の民法にある“女子16歳から婚姻可能”の条文を“成人年齢の引き下げ”と合わせて、国会で改正審議入りする方向で調整しているようだ。つまり、男女ともに「18歳」を“子供と大人の切り替え時”として、“結婚・入籍”にしても、“飲酒”にしても、“選挙権”にしても、“犯罪の少年法”にしても、すべてを“統一化”したい希望のようだ。確かに、さまざまな部分で“現行の民法”が矛盾を抱えていることは否定できない。私自身、なぜ「女性だけが16歳から結婚できるのだろう」と少年の頃に漠然と疑問を感じた記憶はある。その答えは、どうやら十代においては“女子の方が性的身体の発育が早い”という解ったような解らないような理由から考案された制度であるらしい。したがって、それらを改正することは一応“矛盾を解消する”意図があるのかもしれないが、現実的には2014年度に“1394人の16~17歳の女性”が結婚しているらしい。妙な言い方になるが“女高生妻”が1000人以上も存在している、ということになる。そういう事実をほとんどの人は知らないことだろう。例えば少年が殺人を犯して「少年法」によって“刑が軽くなる”現実があり、それらに対しては多くの人が疑問に感じるのだから、或る程度、見直すのは“当然のこと”でもある。それに対して“婚姻制度”を見直すのは、まさか“身体の発達が遅れだした”からではないだろう。それにしても正式に結婚した“女高生妻”たちは、結婚後も学校に通っているのだろうか。“学校”より“結婚”を選んだ結果なのか。それとも“不覚の妊娠”が“、入籍せざるを得ない”状況を作り出しただけなのであろうか。謎は尽きない。


最近の記事はこちら

「入れ墨」か「タトゥー」か

時々、どちらの言い分が正しいのか、判別が難しい対決がある。大阪地裁で争われている“医師法違反”もその一つで、医師免許がないのに“入れ墨”の施術をしたとして医師法違反に問われた“彫師の男性”が「タトゥー…続きを読む

“占い界”における藤井聡太はどこに?

最近、プロスポーツの世界では次代を担う“若き天才”たちが続々と誕生している。ここで取り上げる将棋世界の藤井聡太君など、その典型だ。まだ14歳の中学生だが、既に昨年10月からプロ棋士四段に昇格した。そし…続きを読む

「EU」が揺れている

11人が立候補したフランスの大統領選で、予想されていた通り過半数を得たものがなく、改めて5月7日に「国民戦線」のルペン氏と、「前進!」のマクロン氏との間で“決選投票”が行われることが決まった。ルペン氏…続きを読む

北朝鮮にも“隠れキリシタン”がいた!

“隠れキリシタン”と言えば、江戸時代の長崎を思い浮かべる。現在でも、その子孫の方々が存在していて“隠れキリシタンの信仰”が維持されている。もう、日本では堂々と“キリスト教徒”を名乗って良いのに、子孫の…続きを読む

“究極の美”は、“マゾ体質”の証明

確かに、その人は美しい。とても50歳には見えない。「美のカリスマ」と呼ばれる。本人も「肌の美しい人を見ると、つい傍に行って話しかけてしまう」とおっしゃる。確かに“美”へのこだわりが強いようだ。君島十和…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.