今日の迷言・余言・禁言

“ココロ”と“カラダ”が「大人」に変わる時

法務省が、現行の民法にある“女子16歳から婚姻可能”の条文を“成人年齢の引き下げ”と合わせて、国会で改正審議入りする方向で調整しているようだ。つまり、男女ともに「18歳」を“子供と大人の切り替え時”として、“結婚・入籍”にしても、“飲酒”にしても、“選挙権”にしても、“犯罪の少年法”にしても、すべてを“統一化”したい希望のようだ。確かに、さまざまな部分で“現行の民法”が矛盾を抱えていることは否定できない。私自身、なぜ「女性だけが16歳から結婚できるのだろう」と少年の頃に漠然と疑問を感じた記憶はある。その答えは、どうやら十代においては“女子の方が性的身体の発育が早い”という解ったような解らないような理由から考案された制度であるらしい。したがって、それらを改正することは一応“矛盾を解消する”意図があるのかもしれないが、現実的には2014年度に“1394人の16~17歳の女性”が結婚しているらしい。妙な言い方になるが“女高生妻”が1000人以上も存在している、ということになる。そういう事実をほとんどの人は知らないことだろう。例えば少年が殺人を犯して「少年法」によって“刑が軽くなる”現実があり、それらに対しては多くの人が疑問に感じるのだから、或る程度、見直すのは“当然のこと”でもある。それに対して“婚姻制度”を見直すのは、まさか“身体の発達が遅れだした”からではないだろう。それにしても正式に結婚した“女高生妻”たちは、結婚後も学校に通っているのだろうか。“学校”より“結婚”を選んだ結果なのか。それとも“不覚の妊娠”が“、入籍せざるを得ない”状況を作り出しただけなのであろうか。謎は尽きない。


最近の記事はこちら

「アップルウォッチ」が“殺人”を暴くか⁉

トルコ政府に近い地元紙「サババ」は13日、イスタンブールのサウジアラビア総領事館を10月2日に訪問して後、行方不明となっているサウジ人の新聞記者カショギ氏が、サウジアラビアから来た“暗殺集団”に激しく…続きを読む

なぜか『ムー』だけが残った

10月12日から都内で秘かに開催されているのが「創刊40周年・ムー展」である。1979年10月の創刊から正確に言うと来年で40周年になる。まあ1年前倒しでの“40周年記念イベント”らしい。創刊当時から…続きを読む

「中高生アイドル」の問題点

今年3月に自殺した松山市を拠点とする“農業アイドル”「愛の葉ガールズ」の大本萌景(ほのか)さん・享年16歳のご遺族が、娘が自殺したのは所属事務所社長のパワハラが原因として9200万円の訴訟を起こした。…続きを読む

「別件」が気になる「ミイラ取り捜査官」

時々、ニュースそのものよりも、その“関連事項”の方に惹きつけられることがある。札幌駅付近で10月10日に逮捕された成田順容疑者の「覚せい剤事件」もそうだ。実は彼は2008年4月から、ずっと“薬物捜査”…続きを読む

「福」をもたらすドロドロ鬼神

10月8日9日に沖縄の宮古島に行くと、あなたにもきっと「福」が授けられる。但し、少々汚くなるし、泥臭くもなるけど、その辺は我慢しなければならない。この島では毎年、国の重要無形民俗文化財にもなっている「…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.