今日の迷言・余言・禁言

“ココロ”と“カラダ”が「大人」に変わる時

法務省が、現行の民法にある“女子16歳から婚姻可能”の条文を“成人年齢の引き下げ”と合わせて、国会で改正審議入りする方向で調整しているようだ。つまり、男女ともに「18歳」を“子供と大人の切り替え時”として、“結婚・入籍”にしても、“飲酒”にしても、“選挙権”にしても、“犯罪の少年法”にしても、すべてを“統一化”したい希望のようだ。確かに、さまざまな部分で“現行の民法”が矛盾を抱えていることは否定できない。私自身、なぜ「女性だけが16歳から結婚できるのだろう」と少年の頃に漠然と疑問を感じた記憶はある。その答えは、どうやら十代においては“女子の方が性的身体の発育が早い”という解ったような解らないような理由から考案された制度であるらしい。したがって、それらを改正することは一応“矛盾を解消する”意図があるのかもしれないが、現実的には2014年度に“1394人の16~17歳の女性”が結婚しているらしい。妙な言い方になるが“女高生妻”が1000人以上も存在している、ということになる。そういう事実をほとんどの人は知らないことだろう。例えば少年が殺人を犯して「少年法」によって“刑が軽くなる”現実があり、それらに対しては多くの人が疑問に感じるのだから、或る程度、見直すのは“当然のこと”でもある。それに対して“婚姻制度”を見直すのは、まさか“身体の発達が遅れだした”からではないだろう。それにしても正式に結婚した“女高生妻”たちは、結婚後も学校に通っているのだろうか。“学校”より“結婚”を選んだ結果なのか。それとも“不覚の妊娠”が“、入籍せざるを得ない”状況を作り出しただけなのであろうか。謎は尽きない。


最近の記事はこちら

“車離れ”は「本当の先進国」になった証拠

“若者の車離れ”に歯止めが掛からない。それを何んとか防ごうと、19日、トヨタは新しく「GR」シリーズを発売すると発表した。スポーツカーブランドを一新することで、低迷が続く国内の自動車販売をテコ入れした…続きを読む

「生前継承」された7代目の“宗教”

先日、テレビで今も継承され続ける「カクレキリシタン」に関するドキュメンタリーが放映されていた。その中で印象的だったのは、現在の指導者が口にした“普通のキリスト教やカトリックとは違う”という発言だった。…続きを読む

甲冑姿の「サムライ」が刀を向ける

近年の歴史・時代物ブームで“古戦場跡”観光というものが盛り上がっている。それ自体は良いことなのだが、その“古戦場跡”の一つ「関ケ原」で全身甲冑姿の「サムライ」が、山頂に続く階段を登りきったところで待ち…続きを読む

「時代について行く」選択は正しいのか

毎日、そこかしこに情報があふれている。無意識にわれわれは、その情報の多くを吸収しながら生きている。それが「時代について行く」という“生き方”である。けれども、本当に、それが“幸福な生き方”なのかどうか…続きを読む

「ノーベル賞の卵」が“非正規雇用”で働く

山中伸弥氏と言えば、謂わずと知れた“ノーベール賞科学者”である。現在は京都大学の細胞研究所所長を務めている。そのHP上に「ご支援のお願い」が掲載された。彼によると、研究所で働く教職員の9割が“非正規雇…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.