今日の迷言・余言・禁言

コンピュータが奪っていく職場

近年、特にヨーロッパで若者の失業率が急速に悪化している。中でもスペイン、ギリシャ、イタリア、スエーデンなどが著しい。25歳までの若者の失業率の方が、中高年の失業率よりもはるかに高いのだ。スペインなど若者の失業率は50%を超えている。二人に一人が“職を失っている”という状態なのだ。アメリカでも近年、さまざまな分野で“IT化”や“シェア化”が進み、雇用環境が厳しくなってきたことでストライキやデモが頻発している。日本の若者の失業率は、他の先進諸国に比べるとそんなに悪くない。数字だけでいえば、まだ“救いのある雇用環境”だ。ただ日本では「ニート」や「引きこもり」という形での“実質的な失業者”が多いので、数字上どう反映されているのか疑問だ。どうしてこうなってしまったのか、答えは簡単で先進国においてはあらゆる職種でコンピュータ化が進み、ロボット化が進み、少ない人手で“多くの仕事をこなす”ことが可能となってきたからだ。つまり、これまでは“若い人達”が行ってきたような“領域の仕事”を、コンピュータが黙々と効率良く正確に行えるようになったからだ。世の中が進んでいくことは本当に良いことなのだろうか。若者たちがもっとも大切にしている「IT機器」が、実は自らの職場を奪っていたのだ。


最近の記事はこちら

入場料“1500円の書店”は成功するか

東京・六本木の青山ブックセンターの跡地に、昨日、新たな書店「文喫(ぶんきつ)」がオープンした。書店としては中型規模の売り場面積だが、入場する時に“入場料1500円”を支払わなければならない。新たなビジ…続きを読む

「千尋」から「弌大」への改名は最悪⁉

私はこれまでにも何度か「読めない文字を使った命名はすべきでない」と記してきた。今回は正にその典型である。昨日、プロ野球の日ハムに新規加入した元オリックス・金子千尋(かねこちひろ)選手の入団発表があった…続きを読む

両肢の間に「跪かせる治療法」は危ない⁉

世の中には「どう見たって…妖しい」と思うような治療法が山ほど存在する。けれども、それで実際に効果があるのであれば、誰も口をはさめない。ブラジルでは時折、その手の治療法が流行する。私がまだ20代の頃だっ…続きを読む

「転落死」しなかったことが奇跡⁉

欧米人の中には時々とんでもないことを思いつき、そして実行してしまう“危ない冒険野郎”がいる。12月5日に「動画サイト」に投稿され、現在は削除された「ピラミッド頂上で全裸になってSEX」動画がある。映像…続きを読む

ミャンマーの「赤い靴」

「赤い靴」という童謡を知っているだろうか。「♪赤い靴はいてた女の子…異人さんに連れられ行っちゃった」で始まる“もの哀しい曲”だ。私は幼い頃、この歌をなぜか“とても美しい歌”のように思っていた。それは多…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.