今日の迷言・余言・禁言

ススキノ「600人濃厚接触」で“赤信号”点滅

札幌が危ない。いや「ススキノ」が危ない。全国有数の歓楽街というか「夜の街」であるススキノからクラスターが出た。それも「キャバクラ」という、日頃からもっとも“濃厚接触”を売り物にしている店だ。9日に最初の感染者が出て13日まで営業を続けていたという最悪の“オマケつき”である。したがって、現在まで判明している客と従業員の“陽性”は12名だが、今後、増えていく可能性もある。札幌市からは「店名公表が出来ない」ということだが、それだと客の方も、自分が行っていたキャバクラなのか、確認が出来ない。したがって“知らずに感染者を増やしていく役割”を担ってしまう可能性もある。やはり店名は公表した方が良い。そうしないと、今後半年くらい、この店だけではなくて、札幌のキャバクラ全店舗に客が寄り付かなくなってしまう。いや、キャバクラだけではない。ススキノ自体に客が寄り付かなくなる可能性もある。なぜなら、ススキノの場合、最初のクラスターは、ライブハウスのバーで発生している。今度はキャバクラなので、ススキノの「夜のお店」全体が“危険視”されてしまう可能性もある。札幌の隣の街、小樽では「カラオケのバー」からクラスターを出している。どう考えたって、これでは「札幌の夜」そのものが危険視されやすい。実は、札幌は全国のどこよりも早くに“緊急事態宣言”が出て、夜のススキノへの自粛要請が出ていた。したがって、夜の街から“人が消えて”もっとも長期間が経っている。最近になって、ようやく少しずつ客足が戻りつつあったさなかなのだ。言ってみれば「これから…」という時期に、やってくれたのだ。もちろん、そのキャバクラへの出入り人数から「濃厚接触者600名」などとも言われるが、実際には同じ人が何回も通っているかもしれず、感染していない従業員もいるから、必ずしも、その店に行っていたから感染しているとは限らない。ただキャバクラのような店は、基本、濃厚接触で成り立っている。ススキノの場合、地域的に“その種の店”は集中している。だから、実際にはその周辺に出入りする業者達なども、感染の可能性がある。店名を公表しないと、ススキノ全体が全滅してしまう可能性だってある。北国は、寒いから肌を寄せ合うのに、それが出来ないススキノは、文字通り「灯」が消えていく。


最近の記事はこちら

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

「仮想通貨」と「デジタル通貨」の境界線

最近、世界的に株価が上昇していて、その方にマスコミなどは注目しがちだが、もう一つ忘れてならないのは、かつて「仮想通貨」と呼ばれた「ビットコイン」が再び急上昇していることだ。ビットコインは一時的に急騰し…続きを読む

「風水」の根底にあるのは「自然との調和」

ときどき占い師やセミプロの方から「風水」に関する質問を受ける。ところが日頃から占いに“関わっている人達”でも、なぜか「風水」に関しては“誤った発想”を持っている場合が多い。「風水」は“魔術”でも“呪術…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.