今日の迷言・余言・禁言

スッキリしない大ピラミッドの「発見?」

奇妙な会見である。ギザの大ピラミッド内に“隠れた空間”を二つ発見したというのだ。そういう記者会見だが、今一つ盛り上がらない。ニュースの伝え方もなんとなく地味である。なぜなのか。一つには画像がない。今時、お話しだけでは“この手の話”誰も納得しない。そんなことは解っているはずなのに、誰もが納得できるような画像がない。調査方法がラジオグラフィや3次元再構築技術やサーモングラフィといった方法なので“すぐ形に出来ない”のだろうか。そうなら、何故、図解が出来上がってから発表しないのか。「北壁の裏側に空間がある」「もう一つの通路も形成している可能性がある」「北東の側面部にも空洞がある」実は、彼らの地味な調査は二年ほど前から始まっていた。地元エジプトの研究者だけでなく、フランス、カナダ、日本の研究者が加わった四か国混成チーム「スキャンピラミッド」だ。最新の科学技術を用いているので、その話自体は信頼できる。大体、あやしいエジプト学者が混じっていない。けれども、彼らの話を聞いても、誰も驚かない。感動などしない。何しろ、その話“初めてのような気がしない”のだ。というか、前から言われていたよね、と誰かがささやく。そう、80年代~90年代の雑誌『ムー』などで、盛んに語られてきた話ではないか。日本の単独チームが、既に同じことを主張していたではないか。そして何よりも、それって見ることができるのですか、という話なのだ。せめて“精密な図解”として公開できるものなのですか、という話なのだ。実は、このチーム、間もなく解散することが決まっている。タイムリミットでの発表なのだ。最初から予算は限られている。なんとなく、誰もが、そうだったのか、と納得してしまいそうで、それが怖い。


最近の記事はこちら

「聖なるガンジス」にマジシャンは消えた⁉

俗に「脱出マジック」と呼ばれているものが有る。マジシャン自身が両手両足を鎖に繋がれ、水槽とか地底の箱に入れられて、時間以内に脱出できなければ“命はない”という危険なマジックだ。日本では昔、初代・引田天…続きを読む

「平成駆け込み婚」&「令和婚」と天王星アスペクト

私は基本的に自分の宣伝めいたことを書くのはあまり好きではない。ただ今回は占星学の研究者には参考になるかもしれないので、一応記しておく。月に1回(厳密に言えば現在は2回分)ココロニという占いコンテンツ企…続きを読む

「警察で預かる」と詐欺した巡査長

職業的にみて「絶対にやってはいけないこと」というのがある。例えば、警察官が特殊詐欺に遭いそうになった人のお宅に出向いて行って“詐欺をする”なんて、これはどう考えたって救いようがない。親切そうだった現職…続きを読む

購買率95%男性「お嬢様聖水」は“美容飲料”⁉

最近は“ネーミング”ひとつで同じ商品でも売れたり、売れなかったりする。今、密かに話題となっているのは「お嬢様聖水」だ。別に“成人向け”なわけではない。けれども、一般のコンビニなどではまだあまり置かれて…続きを読む

お手本とすべき「ぱみゅぱみゅ」の言葉

人間には元々“偏見”の強い人と、少ない人とがいる。口では「平等」などと言いながらも、その言動を見ると、とても平等な見方を持っているとは思えない著名人も多い。昨日、私が感心したのは歌手きゃりーぱみゅぱみ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.