今日の迷言・余言・禁言

スッキリしない大ピラミッドの「発見?」

奇妙な会見である。ギザの大ピラミッド内に“隠れた空間”を二つ発見したというのだ。そういう記者会見だが、今一つ盛り上がらない。ニュースの伝え方もなんとなく地味である。なぜなのか。一つには画像がない。今時、お話しだけでは“この手の話”誰も納得しない。そんなことは解っているはずなのに、誰もが納得できるような画像がない。調査方法がラジオグラフィや3次元再構築技術やサーモングラフィといった方法なので“すぐ形に出来ない”のだろうか。そうなら、何故、図解が出来上がってから発表しないのか。「北壁の裏側に空間がある」「もう一つの通路も形成している可能性がある」「北東の側面部にも空洞がある」実は、彼らの地味な調査は二年ほど前から始まっていた。地元エジプトの研究者だけでなく、フランス、カナダ、日本の研究者が加わった四か国混成チーム「スキャンピラミッド」だ。最新の科学技術を用いているので、その話自体は信頼できる。大体、あやしいエジプト学者が混じっていない。けれども、彼らの話を聞いても、誰も驚かない。感動などしない。何しろ、その話“初めてのような気がしない”のだ。というか、前から言われていたよね、と誰かがささやく。そう、80年代~90年代の雑誌『ムー』などで、盛んに語られてきた話ではないか。日本の単独チームが、既に同じことを主張していたではないか。そして何よりも、それって見ることができるのですか、という話なのだ。せめて“精密な図解”として公開できるものなのですか、という話なのだ。実は、このチーム、間もなく解散することが決まっている。タイムリミットでの発表なのだ。最初から予算は限られている。なんとなく、誰もが、そうだったのか、と納得してしまいそうで、それが怖い。


最近の記事はこちら

「宝石」には“念”が宿っている

大昔、王侯貴族は好んで宝石を身に付けた。その典型がツタンカーメン像だ。彼らは、もちろん、宝石に光り輝く財宝としての価値を見出していたからだが、それだけで常に身に付けていたわけではない。古代において、宝…続きを読む

子供たちが“女性となった”「父」を祝福する?

世の中、最近、面倒になってきている。「父の日」は、性転換して女性となった父親にも“その権利?”があるらしい。海外の話題だが、性転換して女性となった父親が、二人の娘たちから「父の日」を祝福されている写真…続きを読む

日経平均2万円は「最初の通過点」

昨日、久しぶりに日経平均が2万円を超えた。これまで何度か超えているが、どうもその後がいただけない。ドル円相場が不安定なので2万円台を維持できずにいたのだ。日本株の場合、どんなにアメリカ株が上昇しても、…続きを読む

狙われたミンダナオ島

6月17日、フィリピンの南部ミンダナオ島に「戒厳令」が出された。過激派組織「イスラム国」に忠誠を誓うフィリピンの武装組織「マウテグループ」と治安部隊との間で戦闘が激化しているからだ。報道によると、マラ…続きを読む

奇跡は“二度”起こらない

時々“奇跡的生還”という言葉が使われる。実際、神秘としか言いようがないような“奇跡”によって、死を免れる人たちが稀に居る。彼カーク・ジョーンズ氏もそういう一人だった。彼は2003年、一つの「挑戦」とし…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.