今日の迷言・余言・禁言

スッキリしない大ピラミッドの「発見?」

奇妙な会見である。ギザの大ピラミッド内に“隠れた空間”を二つ発見したというのだ。そういう記者会見だが、今一つ盛り上がらない。ニュースの伝え方もなんとなく地味である。なぜなのか。一つには画像がない。今時、お話しだけでは“この手の話”誰も納得しない。そんなことは解っているはずなのに、誰もが納得できるような画像がない。調査方法がラジオグラフィや3次元再構築技術やサーモングラフィといった方法なので“すぐ形に出来ない”のだろうか。そうなら、何故、図解が出来上がってから発表しないのか。「北壁の裏側に空間がある」「もう一つの通路も形成している可能性がある」「北東の側面部にも空洞がある」実は、彼らの地味な調査は二年ほど前から始まっていた。地元エジプトの研究者だけでなく、フランス、カナダ、日本の研究者が加わった四か国混成チーム「スキャンピラミッド」だ。最新の科学技術を用いているので、その話自体は信頼できる。大体、あやしいエジプト学者が混じっていない。けれども、彼らの話を聞いても、誰も驚かない。感動などしない。何しろ、その話“初めてのような気がしない”のだ。というか、前から言われていたよね、と誰かがささやく。そう、80年代~90年代の雑誌『ムー』などで、盛んに語られてきた話ではないか。日本の単独チームが、既に同じことを主張していたではないか。そして何よりも、それって見ることができるのですか、という話なのだ。せめて“精密な図解”として公開できるものなのですか、という話なのだ。実は、このチーム、間もなく解散することが決まっている。タイムリミットでの発表なのだ。最初から予算は限られている。なんとなく、誰もが、そうだったのか、と納得してしまいそうで、それが怖い。


最近の記事はこちら

ややこしい「X」という“第3の性”

最近は「LGBT」という用語も頻繁に見かけるようになって、説明の必要がなくなりつつある。要するに“広義の同性愛的”生き方を求める人たちの総称である。ところが、ここにきて「もう一つの形」が加わりそうなの…続きを読む

「逆イールド」が日本株を急落させる⁉

今年の1月5日、私は今年の「日本株」がドル円相場や原油価格が落ち着くまでは、完全な“上昇気流”に乗ることは難しくアップダウンの激しい相場展開になるだろうことを予告した。ドル円相場では1ドル113円台に…続きを読む

「カジノ」で“勝つ”か“負ける”かの選挙戦

北海道と大阪府の知事選で“勝つ”か“負ける”かの「鍵」を握っていそうなのが「カジノ」である。カジノというのは文字通り“勝ち・負け”を競うところだが、そのカジノ誘致が経済活性化の起爆剤と「噂」されている…続きを読む

不可思議なもの「親の血を引く兄弟」

昔、北島三郎氏は「♪親の血を引く兄弟よりも…」と歌った。実際、世の中には“実の兄弟”よりもはるかに“兄弟的な関係”となる友人・仲間・同僚を持つ人達もいる。特に20代から50代くらいまでの間、血縁者たち…続きを読む

「未来」には“さまざまな選択肢”がある

人は思いつめると「もう、これしかない」という結論に陥りがちなものである。さまざまな事件とか、犯行とかは、そういう時に起こる。世の中には、最初から“犯罪者的素質”を持って生まれている人もいることはいるが…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.