今日の迷言・余言・禁言

ズレて的中した田中将大投手への予言

私は4月5日「“土星リターン”の試練を乗り切れるか」という形で、大リーグのヤンキース・田中将大投手の“試練”について書いた。あの時、まだ彼は開幕投手を終えたばかりだった。その時点で、私は彼の“不調”の原因が占星学上「土星リターン」と呼ばれる特異な現象にあることを指摘した。つまり、本人が出生した時の土星位置に、トランジット(移動中)の土星が戻ってきたとき、その現象は起こる。人生上の“試練”ともいうべきものにぶち当たるのだ。それは大体、29歳~30歳の付近で最初に起こる。もちろん、出生時の惑星配置によって、それが強く出る人もいれば、出ない人もいる。彼は、それが強く出た。丁度重なり始めた時に「開幕時期」が来たのが不運だった。最悪期は5月半ばまでで、一応それ以降は徐々に影響が薄らいでいく、というのが惑星だけからの見通しだ。それで私は、彼は今年“試練の年”となり、少なくとも5月半ばまでは勝利できないだろうと記した。ところが、彼は意外にも、4月下旬からは勝利し始めた。おや、もはや試練を脱したのかな、と私も思った。少し早いなと感じながら…。けれども、土星リターンの試練は、それほど生易しいものではなかった。5月上旬に入って再び勝てなくなり、それどころか“滅多打ち”と言って良いような状況へと変化し始めた。惑星の“作用時期”というものは、必ずしも厳格に施行されるものではない。日本人は“時間のずれ”を嫌うが、惑星予告としての現象は必ずしも“ピッタリ同時”とはいかない場合も多い。これは数多くの実例を見て間違いのないところで、時に数週間から数か月ズレることさえもある。もちろん、ピッタリその時期を外さないこともある。田中将大氏の場合、夏場になれば、出生時の天王星とトランジットの天王星とが120度アスペクトとなるので、その時が来れば“転機”を迎える。もし、それが良い形で作用すれば、投げ方や球種を変えるなど何かを大きく変えることで「蘇った田中」と称賛されるはずだ。けれども、もしかしたら「一軍リストから抹消」という報道が駆け巡るかもしれない。そこことを私は4月5日の時点で警告していたのだ。


最近の記事はこちら

「病は気から」は本当だったが…

北大の村上教授を中心とする免疫学チームが「病は気から」のことわざを実証するデータを15日オンライン科学誌上で発表した。つまり、マウス実験により睡眠不足などの慢性的なストレスを与えて、それに神経細胞を攻…続きを読む

「心霊スポット」は避けたがるのが霊視者

人には“霊的存在”を見たり感じたりできる体質と、そうでない体質の人達がいる。そして実際には“そうでない体質”の人達が圧倒的に多い。したがって“見たり感じたりできる体質”を否定したり、逆に、羨ましがった…続きを読む

「三つの国」へのメッセージ

昨日、北朝鮮で拘束されていたカナダ人の牧師が解放された。なぜ解放されたのか、答えは簡単である。カナダが水面下で北朝鮮との交渉に応じて何かの交換条件を呑んだか、いくばくかの金銭を支払ったか、いずれかであ…続きを読む

超アウトな「わいせつ罪」の施行

世の中にはいろいろな趣味・嗜好の人がいて、最近はいろいろな“わいせつ犯罪”が報道されるので、滅多なことでは驚かなくなった。そういう私でも“超アウト”に感じたのが今回の逮捕劇だった。静岡県で起きた父親が…続きを読む

「間近で見たい」と思わせるスター

私は個人的に人を差別する方ではないので、一般の方達の“ファン気質”というものが今一つよく解からない。例えば芸能人でも、スポーツ選手でも、政治家でも、その人が有名だから「間近で見てみたい」という風な気持…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.