今日の迷言・余言・禁言

チケット完売でも「赤字」の世界に…

人はときどき意図せずして“そのこと”を知る。そのことを知って、改めて“その人”に尊敬の念を抱くということがある。漫画『ベルサイユのばら』などの代表作を持つ漫画家・池田理代子氏がオペラのソプラノ歌手として舞台に立っているということは何かで知っていた。けれども、それは趣味程度のことなのだと私は勝手に思っていた。そうではないことを初めて知った。彼女は趣味的にオペラを始めたのではなくて、47歳から本格的に東京音楽大学に入学して基礎から学び、すぐ舞台に立つ機会を得て、その後もずっとプロのソプラノ歌手としてオペラ上演を行い続けているというのだ。大学に4年間通う間は、一切漫画の仕事はせず、無収入の中でやりくりしたそうだ。そして昨年11月に、東京から熱海へと本拠地を移動し、現在も「若手支援」目的のため私財をつぎ込んでいるというのだ。そして何より驚くのは、オペラというのはチケットが完売しても“赤字”になる世界だということ…儲けられる職業ではないらしい。かつて漫画家として一世を風靡し、記録的な売れ行きを達成した人物だが、71歳の今、預金のことごとくは「若手支援」のため失われたらしい。けれども、それを後悔する風はない。かつての漫画家を忘れたように、オペラ歌手として若手を育てようとする。実は私が「池田理代子」という人物に興味を持つのは漫画家として優れていたからだけではない。彼女のプライベートが「運命家」として、とても興味深いからだ。彼女はこれまで3回離婚し、4度結婚している。それ以外にも2度の“不倫スキャンダル”がある。公私とも、良くも悪くもエネルギッシュなのだ。多分、彼女は自分自身ではそのように思っていないかもしれないが、独りで何人分もの人生を“駆け抜けて”行くようなところがある。“不倫”にのめり込んだときには、仕事を放り出して失踪してしまった。近年の4度目の結婚では25歳年下男性と結ばれている。これまでの相手男性も、政治家、銀行家、編集者、経営者、声楽家とさまざまである。そういう点でも少女漫画のヒロイン以上にドラマチックな人生なのだ。そして今も「若手支援」のため舞台に立っている。女優ではないのだが、なぜか“運命を生きる”女優のような気がしてならないのはなぜだろう。


最近の記事はこちら

10年後、20年後が教える「才能の正体」

「売れない漫画家」から「警察官」へと転身した人物の話が掲載されていた。現在、千葉県警成田署に勤務する山崎直樹氏(38歳)を扱った記事だ。彼は、幼い頃から漫画を描くのが好きで、とりあえず入った専門学校卒…続きを読む

「日経平均」より「トピックス」が“鍵”⁉

世界的に株価が“乱高下”している。以前にも述べたように、株価の動きは“実体経済”に先行する。その株価の動きが「二番底」に向かい始めた。つまり、いったん浮上して、もう一度“底値”に向かって下落し始める。…続きを読む

「祖国」「故郷」が“甦る”とき

われわれは普段、自分の“祖国”とか“郷土(ふるさと)”とかを忘れがちである。正確に言えば「…の大切さ」を忘れがちである。特に、さまざまな理由から自国を離れて暮らしている人、或いは郷土を離れて暮らしてい…続きを読む

「運気」は巡って「評価」は変わる

最近、妙な形で評価を上げている人物がいる。元衆議院議員の豊田真由子氏である。このところ、フジ系昼の「バイキング」に「感染症対策のエキスパート」として出演することが多くなった。かつての議員時代、自分の秘…続きを読む

「金持国」が「貧乏国」に“変わる”可能性⁉

アラビアの多くの国は現在「金持国」である。それはなぜかと言えば、いうまでもなく“石油が出る”からだ。昔、貧しかった国の多くは“石油”が出たことで「金持国」に変わったのだ。大昔から“お金持ち”だったわけ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.