今日の迷言・余言・禁言

データが役立たない「気候帯」となった⁉

最近の「天気予報」とか「気象情報」が、あまり信用できなくて“役立たなく”なりつつある。私は以前にも指摘したことだが、もはや地球世界における「気候帯区分」自体が役立たなくなりつつある。多分、実際にはここ4~5年前から特に大きく変化しているように思うが、公式にはどこも「気候帯が変わった」とは認めていない。したがって、本来なら「スコール」と呼んで良い雨でも「豪雨」とか「局地的豪雨」とか「記録的豪雨」とかの表現しかない。日本列島の多くが、東南アジアのような気候帯に変わったとは信じたくないのだ。私が20年ほど前にフィリピンへ行った時、初めて“本格的なスコール”を体験した。文字通り“強烈な雨の放射”に襲われたのだ。そういえば、その後になって、シンガポールでも、ベトナムでも、スコールを体験したが、フィリピンのスコールほど強烈ではなかった。ところが現地に暮らす人たちは「いつものことだ」と言って気にも留めていない。現地ガイドの人の家に“雨宿り”をすることになった。この勢いで降り続けたら、たちまち大洪水になってしまうのではないかと心配したが「そんなに長時間降らないから大丈夫よ」フィリピン女性は楽しそうに笑った。気候の急変とか、スコールに慣れっこなのだ、と妙なところに感心をした。実際、2時間ほどで雨はやみ青空となった。埃っぽい街には、むしろ必要な雨なのかもしれないとさえ思った。最近の日本の天気予報は、あまり言いたくないが外れることが多い。おそらく、過去のデータが役立たなくなってきているのだ。何十年も前の日本でなら、考えられないような“気象変化”が日常的に起こっている。それなのに、気象予報士の方々が用いるのは、昔からの“日本列島のデータ”なのだ。だから的中しなくなっているのではないか。もはや「気候帯」そのものが変化していることを前提に置かなければ、どんなに過去のデータを組み入れても的中しないような気がするのだ。あちこちで局地的に発生する「スコール」はなかなか“地域全体の予報”に組み入れにくい。そうだとすれば、むしろ「〇〇市や〇〇村の付近では日中2時間ほど激しいスコールに襲われる可能性もあるのでご注意ください」という風な形の予報の方が、役立つようになっていくのではないだろうか。


最近の記事はこちら

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

占星学による「死」の予兆

人間にはさまざまな“生き方”がある。それらを批判することは簡単だが、それらから“学ぶ”ことの方が人生には役立つ。昨日、タレントの岸部四郎氏(71歳)が今年8月28日に心不全で亡くなっていたことが公表さ…続きを読む

現存する世界最古(⁉)「金箔天文図」公開

何となく「金箔天文図」などと言うと“妖しく”聴こえて良い。実際に金箔を貼り付けた天文図なのだから「金箔天文図」であるのは間違いがない。そして、現存する天文図としては一応“世界最古”であることも事実だ。…続きを読む

「ノーベル平和賞」って“何”だろう

「世の中」には、“わからないこと”というのがいろいろとある。「ノーベル平和賞」という「賞」もその一つだ。まず、科学的な「賞」と違って、その根拠というのが今一つ解かりにくい。例えば今年度の「ノーベル平和…続きを読む

「波木星龍インタビュー記事」は誰に役立つ⁉

時々よく解からない取材や問い合わせが来る。私に対する“インタビュー取材”も、そういう“わからないこと”の一つだ。過日も別々の電話占いの会社から“取材”を受け、それが記事としてまとめられた。その一つは「…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.