今日の迷言・余言・禁言

トイレは「出産の場所」でもないので…

最近「トイレ」の活用法が一部で騒がれているが、やはり「トイレ」を“出産の場所”として利用することは、ちょっとまずいような気がする。それにしても、神戸地裁で「住所不定」として法廷に立った26歳の女は今年3月31日の未明、飲食店のトイレ内で出産のため“いきんで”いた。多分「住所不定」なので、産む場所が見つからなかったのだろう。それにしても、単独での出産は大変だったはずである。最近は“自宅出産”を選択する人もいるが、そういう女性の“逞しさ”に驚いてしまう。やはり、女性は男性よりも、究極的には“強い生き物”のような気がする。私など、怖くてとても“へその緒”を切れない気がする。昨日、神戸地裁が下した判決では、懲役1年6カ月、執行猶予3年という刑期だ。これが妥当なのかどうかは私には解からない。私がいちばん気になったのは、その犯行動機で「妊娠・出産を親に知られると叱られると思って怖かった」という部分だ。この人は、26歳になっての出産なのだが、まったくと言ってよいほど“自分が親だ”という自覚が乏しかったと見える。そうでなければ「親に叱られる」という言葉は出てこない。実際に自覚が乏しかったから、出産した児をそのまま飲食店のトイレに放置できたのだ。同時に、この人にとっては“子供を棄てる”行為よりも、自分の親に“妊娠・出産したこと”を知られることの方が、恐怖だったに違いない。もしかすると、それなりに“厳格な家庭”だったのかもしれない。結局、犯罪者となって、おそらく実家に戻る形となって、再出発をしなければならないのではないか。「住所不定」では、裁判所も釈放することが出来ないからだ。時々「親に迷惑を掛けたくない」とか「親を心配させたくない」とか言って、犯罪を犯すような人達がいる。その方がはるかに、親に迷惑が掛かるのだが、そこまでは考えないのか、心もとない“シングルマザー”の誕生ではある。本人は反省し「罪を償い、ちゃんとした親になる」と誓ってはいる。やっぱり、ちょっと危なっかしいので、しばらくは親元で“叱られても”一緒に子育てをする方が良いような…。


最近の記事はこちら

元気があれば「脱獄トンネル」も掘れる⁉

人間には簡単に世をはかなんで自殺してしまう人もいるが、たとえ“死刑囚”になっても、せっせと「脱獄トンネル」を掘り続ける人もいる。しかも、彼の場合には、それが“初めて”ではなかった。2017年にも一度ト…続きを読む

「もう良いのでは…」と言いたい“極細ウエスト”

世の中、いろいろな分野で「世界一」を目指す人はいる。アメリカのジョージア州に住む1児の母サミー・ウィルソン氏(26歳)は2年前まで、お世辞にも“美しいプロポーション”とは言えなかった。体重が89㌔もあ…続きを読む

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.