今日の迷言・余言・禁言

トイレは「出産の場所」でもないので…

最近「トイレ」の活用法が一部で騒がれているが、やはり「トイレ」を“出産の場所”として利用することは、ちょっとまずいような気がする。それにしても、神戸地裁で「住所不定」として法廷に立った26歳の女は今年3月31日の未明、飲食店のトイレ内で出産のため“いきんで”いた。多分「住所不定」なので、産む場所が見つからなかったのだろう。それにしても、単独での出産は大変だったはずである。最近は“自宅出産”を選択する人もいるが、そういう女性の“逞しさ”に驚いてしまう。やはり、女性は男性よりも、究極的には“強い生き物”のような気がする。私など、怖くてとても“へその緒”を切れない気がする。昨日、神戸地裁が下した判決では、懲役1年6カ月、執行猶予3年という刑期だ。これが妥当なのかどうかは私には解からない。私がいちばん気になったのは、その犯行動機で「妊娠・出産を親に知られると叱られると思って怖かった」という部分だ。この人は、26歳になっての出産なのだが、まったくと言ってよいほど“自分が親だ”という自覚が乏しかったと見える。そうでなければ「親に叱られる」という言葉は出てこない。実際に自覚が乏しかったから、出産した児をそのまま飲食店のトイレに放置できたのだ。同時に、この人にとっては“子供を棄てる”行為よりも、自分の親に“妊娠・出産したこと”を知られることの方が、恐怖だったに違いない。もしかすると、それなりに“厳格な家庭”だったのかもしれない。結局、犯罪者となって、おそらく実家に戻る形となって、再出発をしなければならないのではないか。「住所不定」では、裁判所も釈放することが出来ないからだ。時々「親に迷惑を掛けたくない」とか「親を心配させたくない」とか言って、犯罪を犯すような人達がいる。その方がはるかに、親に迷惑が掛かるのだが、そこまでは考えないのか、心もとない“シングルマザー”の誕生ではある。本人は反省し「罪を償い、ちゃんとした親になる」と誓ってはいる。やっぱり、ちょっと危なっかしいので、しばらくは親元で“叱られても”一緒に子育てをする方が良いような…。


最近の記事はこちら

昔、縁起の悪かった「元号」は変えられた⁉

記憶力があいまいで、それが日本の話だっだか、中国の話だったか、判然としない。けれども、どちらかの国で間違いなく“そういう年”は、存在している。つまり「新たな元号」に変わって、悪いこと続きで“縁起が悪い…続きを読む

81%が「自分の血液型」を知らない国

日本で「自分の血液型を知らない」というのは、何んとなく“無知なこと”のように思われがちだ。かくいう私も、多分「A型」だとは思っているのだが、それはあくまで父親と母親と兄弟の血液型からの推測で、本当のと…続きを読む

「ユニコーン」が出現する夢の意味は…⁉

たまたま「東京国立博物館」の“東洋館”にあるという「アジアの占い体験コーナー」に関しての記事を読んだ。興味深い内容で、モンゴルの「シャガイ占い」について書かれていた。羊のシャガイ(くるぶしの骨)を使っ…続きを読む

手相の頭脳線と「認知症」の関係

人間は誰でも齢を取る。そうすると誰でも弱っていく。肉体的に弱っていくのは当然で仕方がないのだが、頭脳が弱っていくのは困る。生活に支障が出るからだ。漫画家でタレントの蛭子能収氏がTVの“健康診断番組”で…続きを読む

40か国「世界500店舗」紳士ブランドが破綻

かつてはウォール街で一番人気だった紳士ブランド「ブルックスブラザーズ」が銀行に“破産申請”を出した。創業200年、リンカーン大統領やケネディ大統領も愛用したスーツの老舗ブランドで、世界40か国、500…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.