今日の迷言・余言・禁言

トイレ・キッチン「一体型アパート」が、64,000円⁉

大昔、昭和20年代の頃、米兵たちが日本の“バラック長屋”を見て「ウサギ小屋のようだ」と揶揄した。時代は変わって現在、世界でもっとも“極小型アパート”に暮らすのは香港の人達になってしまった。中国本土からの“爆買い”によって、元々住宅地そのものが乏しい香港は近年、不動産価格の高騰が続いている。その結果、低所得者が暮らすアパートは、どうしても“極小”に仕切らざるを得なくなってしまった。現在、香港の住宅価格は東京の住宅価格と比べて“二倍弱”くらいに高騰し、まだまだ上昇しそうな勢いなのだ。したがって、新たな香港の賃貸住宅には「トイレ・シャワー・キッチン」の“一体型アパート”が増えてきている。トイレとキッチンの“一体型”は、どんなに極小のアパートでも日本ではありえない。日本人の“潔癖感”がそれを許さない。日本人の場合、ホテルなどのトイレ・バスルーム“一体型”でさえも、何となく抵抗感がある。トイレとキッチンの“一体型”が許されるのは、一つには“外食主体”のお国柄もあるだろう。その平均的“一体型”アパートは10㎡で6万4千円の家賃。東京でも近年、シェアハウス型の似たアパートはあるが、通常キッチンは別になっている。それに価格はもう少し安いはずだ。実は、香港の上を行くの都市というのがあって、それはロンドン。住宅価格だけで言えば、世界中でもっとも高い。ただロンドンの場合は、“EU”からの離脱で移民が減るはずなので、今後は下落していく可能性もある。一時期は世界中でもっとも高いのが東京だったが、今や“世界の8番目”で普通となった。上海とか、ニューヨークとか、シンガポールとかも、住宅価格が高騰している。とにかく中国本土の人達が“爆買い”する地域は、どの国の不動産であれ高騰していく。しかも、彼らは“投資用”のみで購入する。そこが問題なのだ。北海道のニセコ近辺も、異様なほど値上がりしている。住宅というのは、本来、そこで寝起きをして暮らしていくためのもので「投資の対象ではない」ということを、誰か言ってやらないと…。


最近の記事はこちら

「国産ウナギ」が“輸入物”に負ける?

今年は“暑い”らしい。他人事のようなことを言うのは、北海道に暮らしているからだが、それでもやっぱり真夏は暑い。そこで多くの食卓には「うなぎ」が登場する。今週7月20日は「土用の丑の日」。ところが、実際…続きを読む

「歴史」は創るものではなく、出来上がるもの

「貿易戦争」という言葉が一般化してきた。昨日、中国では“世界フォーラム”が開かれたが、その中で楊潔氏は「中国は貿易戦争を望まないが、恐れもしない」という表現で、アメリカとの対決姿勢を前面に打ち出した。…続きを読む

セブン&ローソン「居酒屋」を兼ねる⁉

7月17日から「セブン―イレブン」では店頭で“生ビール”を発売するそうだ。レジ横にビアサーバーが設置され、Sサイズ100円、Mサイズ190円也の“生ビール”を販売するらしい。もちろん、会社帰りのサラリ…続きを読む

「命のロウソク」は売っていないのに…

東京江戸川区の住宅で13日の夜、練炭による“集団自殺”の可能性が高い5人の死体が発見された。おそらく、この家の持ち主が“自殺志願者”たちを道連れにして集団自殺を図ったと思われる。今のところ、男性一人、…続きを読む

美穂は「黄金期」を再来できるか

丁度、80年代から90年代にかけて日本の“バブル期”と重なっていたのがフジテレビの“黄金期”だった。そのフジテレビが“復活”を目指すべく“白羽の矢”をたてたのが女優・中山美穂氏である。確かに、89年「…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.