今日の迷言・余言・禁言

トイレ・キッチン「一体型アパート」が、64,000円⁉

大昔、昭和20年代の頃、米兵たちが日本の“バラック長屋”を見て「ウサギ小屋のようだ」と揶揄した。時代は変わって現在、世界でもっとも“極小型アパート”に暮らすのは香港の人達になってしまった。中国本土からの“爆買い”によって、元々住宅地そのものが乏しい香港は近年、不動産価格の高騰が続いている。その結果、低所得者が暮らすアパートは、どうしても“極小”に仕切らざるを得なくなってしまった。現在、香港の住宅価格は東京の住宅価格と比べて“二倍弱”くらいに高騰し、まだまだ上昇しそうな勢いなのだ。したがって、新たな香港の賃貸住宅には「トイレ・シャワー・キッチン」の“一体型アパート”が増えてきている。トイレとキッチンの“一体型”は、どんなに極小のアパートでも日本ではありえない。日本人の“潔癖感”がそれを許さない。日本人の場合、ホテルなどのトイレ・バスルーム“一体型”でさえも、何となく抵抗感がある。トイレとキッチンの“一体型”が許されるのは、一つには“外食主体”のお国柄もあるだろう。その平均的“一体型”アパートは10㎡で6万4千円の家賃。東京でも近年、シェアハウス型の似たアパートはあるが、通常キッチンは別になっている。それに価格はもう少し安いはずだ。実は、香港の上を行くの都市というのがあって、それはロンドン。住宅価格だけで言えば、世界中でもっとも高い。ただロンドンの場合は、“EU”からの離脱で移民が減るはずなので、今後は下落していく可能性もある。一時期は世界中でもっとも高いのが東京だったが、今や“世界の8番目”で普通となった。上海とか、ニューヨークとか、シンガポールとかも、住宅価格が高騰している。とにかく中国本土の人達が“爆買い”する地域は、どの国の不動産であれ高騰していく。しかも、彼らは“投資用”のみで購入する。そこが問題なのだ。北海道のニセコ近辺も、異様なほど値上がりしている。住宅というのは、本来、そこで寝起きをして暮らしていくためのもので「投資の対象ではない」ということを、誰か言ってやらないと…。


最近の記事はこちら

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

「貿易戦争」が「仮想通貨」を上昇させる⁉

アメリカから第4弾の“制裁関税”が通告された14日から、中国の外務省はそれまでの「貿易摩擦」という表現をやめ「貿易戦争」という表現に切り替えた。このタイミングに合わせるかのように一気に暴騰したものがあ…続きを読む

ちょっと恥かしい「現金200円」の恐喝

多分だが茨城県警はこの事件を公表する時ちょっと気恥ずかしかったに違いない。なぜなら事件は「現金200円の恐喝事件」であり、それも無職の41歳の男と13歳の中学生の間で「大人をなめんじゃねぇ」といって脅…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.